ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > あいうえお

3

・うんちしたのだあれ?
 Who Did It?(Blue Orange:2018)


うんちしたのだあれ?

自分のカードを素早く出して、うんちを受け取らないようにするゲームです。
とまとさん・nekonさん・メンマさん・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは自分の色を決めて、カードを6枚持ちます。
ゲームの目的は、うんちしたのが自分のペットじゃないという主張をして、うんちチップを受け取らないようにしていくことです。
最初の人は、自分の手札から1枚出します。
この時、うんちをしたのは他のペットであることを言います。
他のプレイヤーは、言われた種類のカードを持っていれば、素早く出します。
一番早く出せた人だけが疑いを晴らしたことになります。
今度はこのプレイヤーが、ペットの種類を宣言する人になります。
カードは一番早く出せたプレイヤーのみ有効で、他プレイヤーは手札に戻します。
これを繰り返し、手札すべてをなくした人からラウンドを抜けます。
残っている人で続け、他のペットのせいにしようとして失敗したらラウンド終了。
失敗した人はうんちチップを受け取り、次のラウンドへ。
誰かがうんちチップを3枚獲得してしまったら、持っているチップが一番少ない人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ウェンディゴのこわい話
 The Legend of the Wendigo( Le Scorpion Masque:2017)


ウェンディゴのこわい話

ボーイスカウトの中にはいりこんだウェンディゴを見つけるゲームです。

テーブルの上には、ボーイスカウトの隊員タイルが並びます。
今回、誰がウェンディゴ役をやるのか決め、砂時計とウェンディゴ用のタイルを受け取ります。
他のプレイヤーは隊員です。
ウェンディゴ役は無作為にタイルを1枚取り、他のプレイヤーが後ろを向いて目を閉じている間に、テーブルのタイルと入れ替えます。
隊員たちは合図と共に元の向きに戻り、砂時計が落ちきる前にタイルの位置を覚えたら準備完了。
ゲームは、朝と夜を1回ずつを1シリーズとします。
夜は、隊員たちが後ろを向いて目を閉じ、その間にウェンディゴがタイルを取り、空いたところに準備で置き換えたタイルを移動します。
昼は、決められた時間内に、隊員たちがウェンディゴを探し、1枚決めてめくります。
この時、タイルにウェンディゴが描かれていれば、隊員たちの勝利。
失敗した場合、再び夜から続けます。
5回目が終わっても見つけられなかった時は、ウェンディゴの勝利です。

続きを読む

3

・イマジナリウム
 Imaginarium(Bombyx:2018)


イマジナリウム

機械を修理・分解しながら、プロジェクトを完成させて得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央には、がらくた場のボード。
各プレイヤーはランダムで作業場を受け取り、衝立と初期所有物、トークンを受け取ります。
プレイヤーボードに書かれている数字で、最初のプレイ順が決まり、自分のフィギュアをプレイ順トラックに置きます。
ゲームは、3つのフェイズからなるターンを繰り返していきます。
まずは計画で、機械か黒炭素抽出機に自分のフィギュアを置きます。
次に実装で、順番に手番を行っていきます。
手番では、作業場の機械を使用・確保した機械の入手や黒炭素抽出・アクションを実行・プロジェクトが完成チェックを順に行います。
最後に自分のフィギュアをターン順トラックに置けば、手番終了。
全員が手番をやったらターン終了で、チェックとリセットを行います。
誰かが終了条件を満たしていればゲーム終了で、誰も満たしていなければ次のターンへ。
最終的にもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・イニシュ
 Inis(Matagot:2016)


イニシュ

自分の氏族を率いて、新たな地で上王を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードをつなげて場をつくり、各プレイヤーは自分の色を決め、氏族フィギュアを受け取ります。
スタートプレイヤーから順に、自分の氏族を1つ置き、全員が2つ置いて初期配置とします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは集会と季節の2フェイズからなります。
フェイズ1の集会では、6つのステップを順に実行します。
新しいスタートプレイヤーを決め、勝利条件を達成しているプレイヤーがいるか確認。
各領地の地勢カードを該当の首長が受け取り、ターン順方向をコイントスで決めます。
各プレイヤーに行動カードを配り、1枚残して残りを回すドラフトを行って手札を4枚持ちます。
フェイズ2の季節では、各プレイヤーが手番を実行していきます。
手番では、季節カードのプレイ・パス・簒奪トークンを獲得のいずれかを1つ実行していきます。
すべてのプレイヤーが連続してパスをしたら季節の終了で、行動カードをすべて捨てます。
そして、次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが簒奪トークンを持ちつつ勝利条件を達成していればゲーム終了。
もっとも多くの勝利条件を満たしている人が勝者になります。

続きを読む

3

・エモジート(エモジト)
 Emojito!(HUCH!:2016)


エモジト

カードに描かれた感情(?)を顔と音で伝えるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームでは協力モードの他に、対戦でもプレイ出来ます。
1人が出題者となり、他全員が解答者になるのが協力モード。
ゲームボードをテーブル中央に置き、時間とプレイヤーのトークンを1つずつ、スタートラインに置きます。
各プレイヤーはそれぞれ、解答ダイヤルを受け取ります。
カードをよく混ぜ、1つの山にしておきます。
手番では出題者となり、カード山の上から1枚引いて自分だけが確認します。
指定の方法で、カードに描かれている感情を他プレイヤーに伝えます。
さらにカード山から6枚引いて、表現したカードを加えてよく混ぜ、ゲームボードの周囲に並べて公開します。
他プレイヤーは、正解はどれなのかダイヤルを回し、手番の人は正解をダイヤルに表示させ、それぞれ自分の前に伏せておきます。
一斉に公開し、正解者の数だけトークンを進ませ、不正解の数だけ時間トークンを進ませます。
次のプレイヤーが出題者となり、手番を開始します。
これを繰り返し、ボードを1周すると得点を獲得し、時間より先に6点獲得したら勝利。
時間が先に6点獲得したら、プレイヤーたちの敗北です。

続きを読む

3

・イス山さん
 Wackel Stuhl(M.I.C. Gunther)


イス山さん

崩さないように、イスを積み上げていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

イスの形をした『イス山さん』は、色と形が違います。
テーブル中央に、好きなイス山さんを1個置いたらゲームスタート。
手番がきたら、好きなイス山さんを1つ取って、すでに置いてあるイス山さんに積み上げるだけ。
もし崩してしまったら、崩した数と同じ枚数の赤チップを受け取ります。
これを繰り返し、赤チップがなくなるか、すべてのイス山さんが積みあがったらゲーム終了。
チップの枚数が一番少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・アベニュー
 Avenue(Aporta Games:2016)


アベニュー

自分のシートに道路を書き、ブドウと農場、城をつないで得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートとえんぴつを持ちます。
ゲームは5ラウンドで、各ラウンドでは指定の農場とブドウを道路でつないで得点にします。
ただし、6つある農場のうち5つしか出てこないこと、書き込む道路は指定の形で書き込むこと。
ラウンドのはじめに農場カードを公開し、道路を書いてつなぐ農場を決めます。
以降、道路カードの山札から1枚めくっては、シートに書き込むか農場カードをこっそり見るかの選択を繰り返します。
農場カードを覗けるのは、1ラウンドにつき1回のみ。
黄色い道路カードが4枚出たら、ラウンド終了で得点を計算します。
次のラウンドへ進み、農場カードを1枚公開して農場を指定します。
あとは、道路カードをめくっては書き込んでいくのは同じ。
ただし、前のラウンドよりブドウの数が多くなるように道路を書くので、達成出来なかった場合はマイナス点です。
これを5ラウンドやり、最終得点計算をして、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ