ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲーム > あいうえお

3

・ウンチに気をつけて
 So ein Mist(Abacus:2019)


ウンチに気をつけて

ダイスを振って農場を回りながら、ウンチを避けてエサを集めていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

各プレイヤーは自分の動物コマを決め、カードとコマを受け取ります。
受け取ったカードを裏向きでよく混ぜ、山にして自分の手元に置きます。
スタートプレイヤーからゲームを始め、手番がきたらダイスを1個取って振ります。
出目に満足したら、その数だけ自分のコマを移動させます。
満足しない場合、続けてダイスを1個取って振ります。
ダイスは5回まで振ることが出来て、5個目を振った場合は必ず満足します。
コマを動かした時に誰もそのカードにいなければ、必ずカードを取ります。
他の人がいた場合、自分の1つ前にそこに移動したプレイヤーがカードを取ります。
その後、自分の山札から1枚取り、空いた場所に置きます。
これを繰り返し、全員の山札がなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・おどる指輪
 Ring der Magier(Drei Magier:2019)


おどる指輪

魔法の指輪を使って、クリスタルを集めるボードゲームです。
メビウスママ・怪獣くん・トド吉・私の4人でプレイ。

下箱にゲームボードを置き、魔法の岩を中央にはめこみます。
各プレイヤーは自分の色を決め、指輪ボードとチップを受け取ります。
課題チップを裏向きでよく混ぜて山にし、物入れを組み立ててクリスタルを入れたら準備完了。
手番がきたら、課題カード山の一番上をめくり、描かれているアクションを実行します。
描かれているのは、ターン・ジャンプ・ダンスのいずれか。
実行後にどこで指輪が止まったのか確認し、可能ならクリスタルを獲得します。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが8つのクリスタルを指輪ボードに置いたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・オーバーロード
 Overload(Schmidt:2019)


オーバーロード

自分のコマに出来るだけ多くのディスクを持たせ、ゴールすることで得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

プレイ人数に合わせたボードをテーブル中央に置きます。
各プレイヤーは自分の色を選び、対応するコマをスタート位置に置きます。
スタートプレイヤーを決め、順番に手番を行っていきます。
手番がきたらダイスを振り、出た目の数だけコマを1個動かします。
スタート地点にコマがある場合、まずはそのコマを動かさなければならず、スタートの時にだけストックからディスクを取って差すことが出来ます。
他のコマを追い越したら、ストックからディスクを1つ取り、追い越されたコマに差します。
止まったマスに他のコマがいたら、ディスクのやりとりが出来ます。
各コマが持てるディスクは最大8つまでなので、超えた場合は過積載となり、ディスクをストックに戻し、コマをスタートに戻します。
ゴールに到達したら、持っているディスクの分だけ得点を獲得し、ディスクをストックに戻してコマをスタートに戻します。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが規定得点に到達したら、その人が勝者となりゲーム終了です。

続きを読む

3

・アハイアル
 Arraial(MEBO Games:2018)


アハイアル

タイルを並べて祭りの企画をつくり、観光客を呼ぶボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブルに中央ボードを置き、カラーピースカードをよく混ぜ裏向きの山にします。
山札の上から3枚引いて中央ボードの各スペースに置き、さらに3枚引いて表向きで中央ボードの横に並べます。
各プレイヤーは、ストリートボードとレベルバーを受け取り、自分の前に置きます。
ゲームは3フェイズで、各フェイズではプレイヤーの手番を繰り返していきます。
手番がきたら、ボードを回転させる・自分のボードにピースを1枚配置するの2つから、3アクションポイント分おこないます。
自分のボード上で同色のカラーピースが2枚以上隣接していたら、対応する観光客コマを置きます。
中央ボードの空きスペースにカードを並べ、中央ボード横にカードを補充したら手番終了。
これを繰り返し、中央ボードにカードを補充出来なくなったらフェイズ終了。
すべてのカードをよく混ぜて、次フェイズの準備をします。
3フェイズ終了後、ゲームも終了。
得点計算をして、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ウーシュ!! ぼくら幻獣バスターズ
 Whoosh: Bounty Hunters(Artipia Games:2017)


ウーシュ

モンスターを捕獲するために必要な攻撃を見極めて、素早く手をのばしていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

モンスターカードと攻撃カードは、それぞれ裏向きでよく混ぜて山にします。
攻撃カードはプレイヤー間で均等に分けて各プレイヤーの前に山にして置きます。
モンスターカードは3つに分けて山をつくり、一番上のカードを公開して並べます。
ゲームはスタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、自分の前にある攻撃カード山の一番上をめくり、自分の前に表向きで並べます。
この時、場に公開されているモンスターに描かれているアイコンすべてが、全プレイヤーの攻撃カードで満たされていたら、素早くモンスターに手をのばします。
一番早く手をのばした人は、攻撃が揃っていればモンスターを獲得し、表向きで自分の前に置きます。
間違えてしまってもモンスターを獲得しますが、裏向きで失点として獲得します。
これを繰り返し、モンスターカードを補充できなくなったらゲーム終了。
獲得したモンスターの得点を計算し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

・おさんぽギャモン
 Half Gammon(日本バックギャモン協会:2019)


おさんぽギャモン

自分のペンギン全部を相手より早く家に帰すゲームです。
トド吉とプレイ。

日本バックギャモン協会が発売した、ハーフのバックギャモン。
テーマがペンギンになり、マス数・ダイス目・コマ数が違います。
基本的なルールはバックギャモンと同じ。
手番ではダイスを2つ振り、出目の分だけペンギンを前進させます。
合計値で1匹だけ動かしてもいいし、ダイス1つにつき1匹の2匹のペンギンを動かしてもいいです。
相手のペンギンが2匹以上いるマスには入れません。
ペンギン1匹のマスに相手のペンギンが止まると、氷の穴に戻されます。
これを繰り返し、相手より先に自分のペンギンすべてを家に入れたら勝利。

続きを読む

3

・イオタ
 iota(Gamewright:2012)


イオタ

カードを並べてラインをつくり、得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カードを裏向きでよく混ぜて各プレイヤーに4枚ずつ配り、残りは山札にしておきます。
山札の一番上のカードをめくってテーブル中央に置いてスタートカードにし、場をつくります。
手番がきたら、カードを出すか、パスをするか選びます。
カードを出す場合、手札から1枚以上出し、すでに置かれているカードに接するように置きます。
パスをする場合、カードの交換をすることが出来ます。
交換は手札から任意の枚数を山札の底に入れて、同じ枚数を山札の上から引きます。
カードは、色・形・数という属性の何か1つがすべて同じかすべて違うラインをつくらなければなりません。
最後に、その手番で新しくつくったラインと延ばしたラインの得点を計算します。
これを繰り返し、山札がなくなった後で誰かの手札がなくなったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ