ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲーム > あいうえお

3

・オブスクリオ
 Obscurio(Libellud:2019)


オブスクリオ

魔法の書からのヒントを元に、迷宮からの脱出を試みるボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームでは、プレイヤーは非対象型で、1人の魔法の書役、1人の裏切り者、そして他全員が魔法使いです。
魔法使いは迷宮と化した図書館からの脱出を目的とし、魔法の書は魔法使いを手助け、裏切り者は魔法使いを図書館から出さないようにします。
まずは魔法の書が1枚の脱出路を選んで自分だけが確認し、さらに2枚のカードを魔法の書にセットして、魔法使いにヒントを出します。
このヒントを手がかりに、並べた6枚の中から正しい1枚を選びます。
ただし、裏切り者が選んだ正解によく似た1枚も混ざっています。
間違えた魔法使いたちは、結束トークンを受け取りますが、結束トークンがなくなると裏切り者を探すことに。
魔法使いたちが前進トラックを最後まで進め、結束トークンを1つでも持っていれば魔法使いの勝利。
逆に結束トークンが闇のエリアから取り除かれたら、裏切り者の勝利です。

続きを読む

3

・オーガ:218高地
 OGRE - Objective 218


オーガ:218高地

補給線を維持しながら攻撃し、相手の司令部を占領するカードゲームです。
トド吉とプレイ。

ゲームボードを組み立て、テーブル中央に置きます。
各プレイヤーは自分のデッキを受け取り、巡航ミサイルとダメージ状態のオーガを抜いて表向きでテーブル端に置きます。
残りのカードは裏向きでよく混ぜ、山にしておきます。
自分のデッキから5枚引いて、2枚を山の下に戻し、3枚を最初の手札とします。
ゲームは交互にターンを行っていきます。
自分のターンになったら、自分のデッキからカードを2枚引き、その後カードを2枚プレイします。
プレイしたカードの位置は変更することは出来ません。
司令部から補給線がつながっていないカードは、索敵しか出来ません。
これを繰り返し、相手の司令部を占領した方が勝者になります。

続きを読む

3

・アートライン:エルミタージュ美術館
 Artline(Hobby World:2019)


アートライン

エルミタージュ美術館所蔵の絵画を展示し、美術展を開催するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

すべての絵画を裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。
テーブル中央には、表向きで絵画を1枚置きます。
ゲームの目的は手札をすべてなくすこと。
スタートプレイヤーから順に、手札から絵画を1枚出していきます。
出せないもしくは出したくない場合は、手札から1枚捨て札にします。
この時、すでにテーブルに並んでいる絵画に隣接するように出します。
また、隣接する絵画とテーマが共通しなければなりません。
最後に手札を補充しますが、2つの列に共通した絵画を出すことが出来た場合、手札は補充しません。
これを繰り返し、誰かが手札をなくしたら、他のプレイヤーが1ターンずつやってゲーム終了。
手札がないプレイヤー全員が勝者になります。

続きを読む

・エキドナシャッフル
 Echidna Shuffle(Wattsalpoag:2018)


エキドナシャッフル

移動するエキドナに自分の虫を拾わせ、家まで送り届けてもらうボードゲームです。
4人でプレイ。

大きなボードを広げ、エキドナを適当に配置します。
それぞれのマスには矢印でエキドナたちの進む先が描かれています。
各プレイヤーは自分の色を選び、マーカーと切り株、虫を受け取ります。
スタートプレイヤーを決め、最後の人から順にマスを選んで自分の停留所を置き、次に自分の切り株を左隣の人に渡してボード上の任意の場所に切り株を置いてもらいます。
歩数ボードの近くに歩数マーカーを置いたら、ゲームスタート。
手番がきたらダイスを振り、歩数ボードの出た目と同じマスに自分のマーカーを置きます。
そして、出た目と同じ数だけ任意のエキドナを動かします。
次の手番ではダイスを振らず、マーカーを下に滑られた歩数でエキドナが移動します。
虫を乗せていないエキドナが自分の停留所に移動したら、持っている虫をエキドナに乗せます。
エキドナが切り株のあるマスに移動したら、切り株と同じ色の虫を下ろします。
これを繰り返し、誰かが自分の虫3匹を送り届けたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

4

・ヴィクトリアン・マスターマインド
 Victorian Masterminds(CMON:2019)


ヴィクトリアン・マスターマインド

エージェントを世界中に送り出し、混乱ポイントを獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に置くボードは世界の主要都市で、建造物とミッションカードを置きます。
各プレイヤーは、自分の色を選んでエージェントタイルを受け取り、裏向きでよく混ぜて自分の前に重ねておきます。
さらにマシーンシートと対応するセグメントピースを受け取ります。
各プレイヤーの火力マーカーを秘密警察ボードに置きます。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番をおこなっていきます。
手番では、自分のエージェントタイル山から一番上を取り、能力を確認して5つの都市のいずれかに裏向きで置き、次の人の手番へ。
それぞれの都市のエージェントタイルが3枚になったら、すぐにスタックの解決をおこないます。
スタックを丸ごと表向きにし、上から順に持ち主が処理をしていきます。
処理を終えたら、エージェントタイルはそれぞれの持ち主の捨て場に置かれ、ゲームを再開します。
誰かがマシーンのすべてのセグメントを完成させるか、秘密警察レベルが最後に到達したら、次の人から全員が1回ずつ手番をおこなってゲーム終了。
最後にボードに残ったエージェントタイルの処理をし、得点計算をします。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・おいてけオバケ
 Ghosts of the Moor(Tasty Minstrel Games:2018)


おいてけオバケ

ゴールを目指して進んでいき、途中でタイルを集めていくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にボードを広げ、各マスに裏向きでよく混ぜたタイルを置いていきます。
各プレイヤーは架け橋タイル1枚と自分色のコマを受け取ります。
ゲームはスタートプレイヤーから順に手番を行っていき、全員のコマすべてがゴールするまで続きます。
手番がきたら、ダイスを1個振り、自分のコマのうち1つを出目と同じ数だけ移動させます。
この時、タイルがあって他のコマがないマスから移動を開始したら、移動を開始したマスに置かれているタイルを1枚受け取ります。
移動先が空きマスだった場合、手持ちの架け橋タイルを1枚配置することが出来ます。
空きマスから移動を開始した場合、そのマスと同じ絵柄のタイルを置かなければなりません。
持っていない場合、任意のタイルもしくはオバケタイルをもっともゴールに近い、何もないマスに置かなければなりません。
コマがゴールに到達し、タイルが残っていれば獲得します。
これを繰り返し、自分のコマすべてを全員がゴールさせたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アウトブレイク
 Outbreak(ハナヤマ:2019)


アウトブレイク

ドクターとウイルスに分かれ、タイルを配置して勝利条件を目指すボードゲームです。
トド吉とプレイ。

ゲームの始めに、ドクターとウイルスの役割を決めます。
テーブル中央にスタートタイルを置き、ドクターにはドクターの、ウイルスにはウイルスのカードを配ります。
受け取ったカードは裏向きでよく混ぜて山札にし、3枚引いて最初の手札にします。
ゲームはドクターから始め、交互に手番を行っていきます。
手番では、自分の山札からカードを1枚引き、手札からカードを1枚出すだけ。
すでに配置されているカードに対し、辺で隣接・マークが1箇所つながるように出していきます。
これを繰り返し、ウイルスカードを繋げる場所がなくなればドクター勝利。
ウイルスを一筆書きで7つ連結させる、もしくはカードを出し切っても勝敗が決さなかった場合はウイルスの勝利です。

続きを読む

このページのトップヘ