ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > あいうえお

3

・おかしな自販機
 Strange Vending Machine(Soso Studio:2018)


おかしな自販機

自動販売機から商品を購入し、得点を獲得していくボードゲーム『おかしな自販機』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームでは2つのルールで遊ぶことが出来ます。
ミスターマッスルの買い物チャレンジでは、全員同時にアクションを行います。
出来るアクションは、商品購入・補充・お金を拾うの3つから1つを実行します。
全員がアクションを終えたら、自販機を右隣りの人に回して、再び全員同時にアクションを行います。
これを繰り返し、誰かが5枚の商品を持つか、どれか1つの自販機が品切れになったら終了。
得点計算をして、もっとも得点が高い人が勝者になります。
魔法使いの材料では、手番順で箱の上に並ぶ自販機を選んでアクションを行います。
手番がきたら自販機を1つ選び、商品購入・コインの受け取りから1つを選んで実行します。
アクションを実行したら自販機を元の位置に戻し、次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが5枚目の商品を購入したら、他の人たちは1回ずつ手番をやりゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・オハナミ
 Ohanami(Nurnberger-Spielkarten:2019)


オハナミ

カードを並べて最大3つの庭園をつくり、得点を獲得していくカードゲーム『オハナミ』です。
トド吉と2人でプレイ。

カードをよく混ぜたら各プレイヤーに10枚ずつ配り、残りは山札にしておきます。
ゲームは3ラウンド。
各ラウンドではカードを2枚選んで残りを隣りのプレイヤーに渡し、全員が渡し終わったら、残した2枚を自分の庭園に置くか、すでにカードが置かれている庭園に追加します。
この際、カードを使わないを選択することも出来ます。
カードを今ある庭園に加える時は、最大の数字より大きい、最少の数字より小さいカードしか加えることが出来ません。
その後、隣りのプレイヤーから渡されたカードから2枚を選んで次の人に渡し、列に加えるのを繰り返し、全員の手札がなくなったらラウンド終了で得点計算。
得点をメモしたら庭園をそのままにして、カード山から新しいカードを配って次のラウンドへ。
これを3ラウンドやり、最終的に得点の一番高いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・アーキテクチュラ
 Architectura(Hobby World:2018)


アーキテクチュラ

都市のストリートとブロックに建物を並べ、得点を獲得するカードゲーム『アーキテクチュラ』です。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、1から8までのブロックカードを並べます。
各プレイヤーは自分の色を決め、カードセットとプロテクトトークンを受け取ります。
カードは裏向きでよく混ぜ、山にして自分の手元に置き、上から3枚取って最初の手札にします。
ゲームはスタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番では、手札からカードを1枚プレイし、効果をすべて解決。
その後、自分のカード山から手札上限までカードを引きます。
カード山が尽きたらカードは補充出来ず、山と手札がなくなった場合は手番をスキップします。
誰もカードをプレイ出来なくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・エクスペディションルクソール
 Expedition Luxor(Queen Games:2018)


エクスペディションルクソール

探検隊としてルクソールの神殿とピラミッドを探索し、得点を獲得するボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは自分の色を選び、地形タイルとコマを持ちます。
地形タイルをプレイ人数に合わせた枚数で並べて、スタートとなる地形をつくります。
このゲームでは、スタートプレイヤーから手番をはじめ、時計回りの順に繰り返していきます。
手番では、まず2枚のタイルから選んで1枚を場に置き、望むなら最大3回まで繰り返します。
キャンプのタイルを置いた時は、地形に合わせた数の冒険者を置かなければならず、最大5つまで追加で置くことが出来ます。
そして、望むならルールに従って冒険者を移動させ、次の人の手番へ。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーがすべてのタイルを配置したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アズール:シントラのステンドグラス
 Azul: Stained Glass of Sintra(Next Move Games:2018)


アズール:シントラのステンドグラス

プレイヤーはステンドグラス職人となり、シントラ王宮の窓を飾って得点を獲得するボードゲーム、アズール:シントラのステンドグラスです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

全員の手が届くところに、ディスプレイとグラスタワー、得点トラックを置きます。
各プレイヤーは自分の色を決め、宮殿ボードとパターンを受け取り、自分の前に並べます。
そして、自分色のガラス職人を受け取り、所定の位置に置きます。
ゲームは6ラウンド。
各ラウンドは、プレイヤーの手番を繰り返していきます。
手番では、ディスプレイもしくはテーブル中央からガラスピースを取ってパターンに配置するか、自分のガラス職人を左端のパターンに動かすのどちらかを実行します。
パターンすべてにガラスピースが置かれたら完成で、得点計算をしてパターンを裏返します。
ディスプレイとテーブル中央のガラスピースがなくなったらラウンド終了で、ディスプレイにガラスピースを補充して次のラウンドへ。
6ラウンド終了時ゲームも終了で、最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ありがた迷惑
 Piraten-Beute(HABA:2018)


ありがた迷惑

お宝を山分けして集めていくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

お宝タイルを裏向きでよく混ぜ、テーブルに広げます。
手番がきたら、お宝タイルを2枚めくり、他の人に見えるようにします。
めくったお宝を2枚とも自分がもらう・1枚は自分がもらい、1枚は他の人にあげる・2枚とも他の人にあげるのどれかで分配します。
お宝タイルは1枚なら得点に、2枚になると0点になります。
各自もらったタイルは自分の手元に1つの山にして、表向きで積み重ねていきます。
これを繰り返し、お宝タイルすべてがめくられ分配されたらゲーム終了。
自分のお宝の山を崩し、同じ2枚になっているお宝タイルを避けます。
残った1枚だけあるタイル枚数を数え、もっとも多い人が勝者になります。

続きを読む

3

・王族の晩餐
 Banquet Royal(Bankiiiz Editions:2018)


王族の晩餐

テーブル上に順序を守って料理を並べ、得点を獲得していくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは晩餐会のテーブルで、36個のマスが描かれています。
各プレイヤーは、最初のメニューカードとシェフ帽を受け取ります。
手番がきたら、料理もしくは自分のシェフ帽をテーブル上に配置するか、ご注文を宣言します。
次にメニューが完成していれば、カードを公開して宣言。
メニューを完成出来なかった場合は、カードを1枚捨てることが出来ます。
最後にメニューカードを選んで取り、手札を3枚に戻します。
これを繰り返し、ボードすべてに料理もしくはシェフ帽が置かれたらゲーム終了。
完成させたメニューと獲得したご注文トークンを合計し、もっとも得点の多い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ