ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: 2人専用ゲーム

・おさんぽギャモン
 Half Gammon(日本バックギャモン協会:2019)


おさんぽギャモン

自分のペンギン全部を相手より早く家に帰すゲームです。
トド吉とプレイ。

日本バックギャモン協会が発売した、ハーフのバックギャモン。
テーマがペンギンになり、マス数・ダイス目・コマ数が違います。
基本的なルールはバックギャモンと同じ。
手番ではダイスを2つ振り、出目の分だけペンギンを前進させます。
合計値で1匹だけ動かしてもいいし、ダイス1つにつき1匹の2匹のペンギンを動かしてもいいです。
相手のペンギンが2匹以上いるマスには入れません。
ペンギン1匹のマスに相手のペンギンが止まると、氷の穴に戻されます。
これを繰り返し、相手より先に自分のペンギンすべてを家に入れたら勝利。

続きを読む

3

・パッチワーク・エクスプレス
 Patchwork Express(Lookout Games:2018)


パッチワーク・エクスプレス

キルトボードに出来るだけ空きがないように、パッチで埋めていくボードゲームです。
トド吉とプレイ。

2人用のパッチワークシリーズ。
基本的なルールは『パッチワーク』と同じです。変更点は、青いパッチタイルは場の残りが5枚になったら登場。
革パッチタイルは、時間ボードのマスに置いてあり、通過もしくは止まれば獲得。
特別タイルと比較ボーナスがなく、スタート時の一番小さいタイルは3マス。続きを読む

3

・カング
 Kang(Blue Orange:2018)


カング

カンガルーコマを動かして、相手の最終ラインを超えさせる2人用のボードゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードに描かれているのは36マス。
各自持つのは大・中・小のカンガルーをそれぞれ2つずつ。
最初だけお互い同じ数のカンガルーを持っていますが、ボードに配置した後はどちらのものかの区別はありません。
手番は交互におこない、まず自分の一番手前にあるカンガルーを移動させます。
カンガルーは、自分の背の高さと同じ数だけ移動します。
移動を終えたマスに他のカンガルーがいたら、そのカンガルーを土台にしてさらに移動するか、自分がそのマスに居座って他のマスに移動させてしまうことが出来ます。
動かしたカンガルーが相手の最終ラインをちょうどの歩数で突破したら、得点としてアルファルファタイルを1枚獲得します。
先にアルファルファタイルを3枚集めたほうが、勝者になります。

続きを読む

3

・ナーガ・ラージャ
 Nagaraja(Hurrican:2019)


ナーガ・ラージャ

インドで発見された神殿で、隠された遺物を発見していくボードゲームです。
トド吉とプレイ。

このゲームでは、自分の神殿内にタイルを並べて道をつなぎ、隠された遺物を見つけ出していきます。
お互いに自分用のボードを受け取り、外周に遺物タイルを裏向きで配置します。
遺物の中には、呪われた遺物が3個はいっています。
各プレイヤーは5枚ずつ受け取り、手札とします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのステップを順に行います。
案内人から順に、手札からカードを1枚以上選び、同時に公開してスティックを投げるステップ1。
スティックにナーガが出ていれば、手札からカードを出して効果を適用するステップ2。
部屋タイルを獲得したら、自分のボードに配置するステップ3。
新たな案内人を選び、山札からカードを引いて分配するステップ4。
そして次のラウンドへ進み、ラウンドを繰り返していきます。
終了条件は3つ。
見えている遺物が25点以上に達したら、即座に勝利します。
呪われた遺跡3つが表向きになったら、即座に敗北します。
どちらかが9枚目の遺跡タイルを配置したら、勝利点の高いほうが勝利します。

続きを読む

3

・抹茶
 Matcha(Grail Games:2015)


抹茶

抹茶を淹れるための道具や材料を集めていく2人用の『抹茶』です。
トド吉とプレイ。

使うカードはたった18枚。
この18枚をプレイヤーの手札、場の得点条件カードとして使います。
茶道カードを裏向きでよく混ぜ、場のカードを出していく場所6ヶ所に1枚ずつ公開して置きます。
各プレイヤーには5枚ずつ手札を配ります。
ゲームは数セット行い、1セットは3ラウンドで、各ラウンドでは2枚の得点条件カードに対して1枚ずつカードを出していきます。
お互いパスしたら決算で、得点条件を満たしているのかチェックし道具を獲得。
これを3ラウンドやった1セット終了。
どちらかが、任意の種類の茶道具を4個以上、もしくは5種類すべてを1個以上獲得していたら、そのプレイヤーの勝利でゲーム終了。
終了条件を達成していなければ、次のセットをはじめます。

続きを読む

3

・カヴェルナ:洞窟対決
 Caverna: Hohle gegen Hohle(Lookout Games:2017)


カヴェルナ:洞窟対決

プレイヤーはドワーフになり、山を掘り進めて部屋をつくって豊かさを手に入れていく、カヴェルナ:洞窟対決です。
トド吉とプレイ。

中央には出来るアクションのタイルが並ぶアクションボード。
お互いに自分の洞窟ボードを持ち、セットアップをします。
ゲームは8ラウンドで、各ラウンドでは3つのフェイズを行います。
まずはラウンドの始めにアクションタイルを1枚めくる新しいアクションタイル。
次にプレイヤーが交互に、アクションタイルからアクションを選んで行っていくアクションフェイズ。
最後に、選んだアクションタイルを元に戻し、スタートプレイヤーを交替するラウンド終了フェイズ。
8ラウンド終了後、得点計算をし、得点の高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・ライブラリア(リブラリア)
 Libraria(XVgames:2018)


ライブラリア(リブラリア)

図書館を舞台に、ネズミに気を付けながら本を集めていくボードゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードを広げ、本棚タイルをよく混ぜて並べます。
お互いに自分の色を決めてコマを受け取ります。
交互に手番を繰り返していきますが、手番では本棚タイルの角にコマを1個置くだけ。
最終的に36ヵ所ある角がすべて埋まったらゲーム終了。
本棚タイルを1つずつチェックし、自分が多くコマを置いていれば本棚タイルを獲得。
すべての角に自分のコマが置いてあれば、タイルの他に加点1点。
コマが同点の場合は、どちらもタイルを獲得出来ません。
獲得したタイルに描かれている本の冊数と加点の合計から、ネズミがいるタイル1枚につき1点を減点し、得点の高かったほうが勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ