ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:イベント参加記 > 【ドイツ】Essen Spiel

駆け足でゲムマが近付いてくる今日この頃。
急がなきゃ!ということで、エッセンへ行った人のまとめ。
毎年恒例「他の人はどんな感じで滞在中過ごしていたのかな?」チェックです。
SPIEL2018
今年の来場者数は190,000人。年々増加傾向ですが、もちろん日本人の来場者も増えています。
日記などを書いたら、コメント欄で良いので報告もらえるとうれしいです。


続きを読む

さて、いよいよ最後の移動です。
我々一行は帰国するため、フランクフルト空港を目指して出発しました。
しかしながら、ドイツ鉄道の本領発揮によって、軽いトラブルに巻き込まれていくのです。
地下鉄止まる
まずは乗り込んだ地下鉄が停車。
停車しても動くだろうと思ったら動かない。
静かな車内に流れたのは、ここで止まるので全員降りろ的なあれ。
「みんなが降りたら一緒にすぐ降りろ」はメビウスおやじさんの教え。
立派に守りましたよ!w
続きを読む

今日はシュピール4日目。
フライトが夜なので、ケルン観光をして・・・と思っていましたが、急遽会場へ行くことに。
最終日の会場は久々です。
午前中ゆっくり帰国の準備をし、チェックアウト後にホテルで荷物を預かってもらって会場へ。
最終日だけあって、連日に比べれば人が少なく感じました。
会場内
パブリッシャーの棚も寂しい感じになっています。
今日の目的は買い忘れチェック。
もう日本へ帰るので、最後に買い忘れがないか練り歩きます。

続きを読む

エッセンシュピールも3日目。
昨日は炭鉱見学でお休みしたので、若干新鮮な感じでスタートです。
朝の風景
今日は少し早めの到着を目指したので、まだ入口はそこまで混雑していないような?
ここで、翔・きむち。コンビと別れて、先に会場へ入ります。

続きを読む

昨日翔さんがダウン。
そこで残った我々は、シュピール会場をお休みして、『ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群』へ行くことに。
ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州エッセンにある産業遺産である。ヨーロッパ産業遺産の道のアンカーポイントの一つであり、2001年にはユネスコの世界遺産に登録された。
エッセン10回目でまさかの初訪問です。
中央駅から107のトラムに乗り、流れる街並みを見ていたら割と近かった。
炭鉱
大きさ比較はきむちさん。
あいにくの天気で寒い。
でも雨が降っていないだけまし!

続きを読む

いよいよエッセンシュピール開幕です。
朝7時ちょっと前に、スーパーの開店狙いで歩きます。
早朝
まだまだ夜明け前。
こういうのを見ると、サマータイムが必要だなと。
スーパー
スーパーには普通にボードゲームが並んでいます。
こういうのを見ると、ドイツだなーとしみじみ思うのでした。

続きを読む

プレスカンファレンスの後、夜からはドイツゲーム賞&イノシュピールの授賞式です。
毎回早めに行きすぎて、会場前で待つことが多かったんですが、それでもいつも通りの時間に行ってみると・・・すごい人。
あれ? なんで今回こんなに早いの? と思いながら入場。
会場内を見てみると、前回よりテーブルがかなり減っていることに気付くのでした。
社長あいさつ
そして、ドイツゲーム賞授賞式開幕です。

続きを読む

このページのトップヘ