ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: ボードゲームプレイ記

3

・アハイアル
 Arraial(MEBO Games:2018)


アハイアル

タイルを並べて祭りの企画をつくり、観光客を呼ぶボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブルに中央ボードを置き、カラーピースカードをよく混ぜ裏向きの山にします。
山札の上から3枚引いて中央ボードの各スペースに置き、さらに3枚引いて表向きで中央ボードの横に並べます。
各プレイヤーは、ストリートボードとレベルバーを受け取り、自分の前に置きます。
ゲームは3フェイズで、各フェイズではプレイヤーの手番を繰り返していきます。
手番がきたら、ボードを回転させる・自分のボードにピースを1枚配置するの2つから、3アクションポイント分おこないます。
自分のボード上で同色のカラーピースが2枚以上隣接していたら、対応する観光客コマを置きます。
中央ボードの空きスペースにカードを並べ、中央ボード横にカードを補充したら手番終了。
これを繰り返し、中央ボードにカードを補充出来なくなったらフェイズ終了。
すべてのカードをよく混ぜて、次フェイズの準備をします。
3フェイズ終了後、ゲームも終了。
得点計算をして、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・フォールドイット
 Fold-it(Happy Baobab:2016)


フォールドイット

注文通りの料理が見えるように、ハンカチを折りたたんでいくゲームです。
4人でプレイ。

注文カードを種類別に分けて、裏向きでよく混ぜ山札をつくります。
木トークンは全員の手が届く場所に置きます。
各プレイヤーは、ハンカチと星トークンを受け取ります。
スタートプレイヤーは、公開する注文カードの難易度を選び、山札から1枚めくります。
全員同時にハンカチを折りたたみ、注文された絵柄だけが見えるようにします。
完成したら「フォールドイット!」と叫び、素早くトークンを取ります。
木トークンがすべて取られたらラウンド終了。
正しく折れているかチェックし、失敗したり木トークンを取れなかった人は星トークンを失います。
そして次のラウンドへ。
これを繰り返し、最後まで星トークンを持っている人が勝者になります。

続きを読む

毎月1日はお蔵入りシリーズの日!
お蔵入りシリーズ
今月もこの日がきました。
過去に遊んだけれどお蔵入りしてしまったゲームの紹介。
過去13年分からランダムでピックアップしているので、時系列ばらばら。
記事がないと「え?遊んでないんですか?」って言われるので、簡単な当時の思い出を混ぜつつ紹介しています。

続きを読む

4

・クレイジートースター
 Crazy Toaster(Splash Games:2015)


クレイジートースター

トースターから飛び出てくるトーストの中から、自分が欲しいトーストを見極めてフライパンで取るゲームです。
鬚親父さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは自分のマットを選び、同じ色のフライパンを持ちます。
トースターを組み立てて、よく混ぜたトーストをセットしたらゲームスタート。
自分のフライパンで、トースターから飛び出してきたトーストをキャッチ。
この時、マットに描かれているトーストなら得点として指定の位置に置きます。
それ以外はマットの右上に重ねて置きます。
もし生ゴミをキャッチしてしまったら、獲得していたトーストを1枚捨てます。
生ゴミがキャッチされずにテーブル上に落ちたら、獲得していた得点にならないトーストをテーブル上に散らばったトーストと交換することが出来ます。
その後、散らばったトーストを片付け、ゲームを続けます。
すべてのトーストがトースターから出たら終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・プラネット・メーカー
 Planet(Blue Orange:2018)


プラネット・メーカー

動物たちにとって良い環境になるように、地形を貼り付けてオリジナルの惑星をつくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは惑星のコアと目的カードを受け取ります。
テーブルには、各ラウンドで繁栄する動物カードと地形タイルの山を並べます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは2フェイズ行います。
まずはラウンドに対応する地形タイルの山1つを公開し、スタートプレイヤーからタイルを1枚ずつ取って、ただちに自分の惑星に貼り付けます。
次の動物の繁殖判定は3ラウンドから実行し、動物の繁栄を判定します。
動物の条件に従って各惑星を判定し、対応する人がカードを受け取りラウンド終了。
これを繰り返し、12ラウンドが終わった時、ゲームも終了します。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ウーシュ!! ぼくら幻獣バスターズ
 Whoosh: Bounty Hunters(Artipia Games:2017)


ウーシュ

モンスターを捕獲するために必要な攻撃を見極めて、素早く手をのばしていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

モンスターカードと攻撃カードは、それぞれ裏向きでよく混ぜて山にします。
攻撃カードはプレイヤー間で均等に分けて各プレイヤーの前に山にして置きます。
モンスターカードは3つに分けて山をつくり、一番上のカードを公開して並べます。
ゲームはスタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、自分の前にある攻撃カード山の一番上をめくり、自分の前に表向きで並べます。
この時、場に公開されているモンスターに描かれているアイコンすべてが、全プレイヤーの攻撃カードで満たされていたら、素早くモンスターに手をのばします。
一番早く手をのばした人は、攻撃が揃っていればモンスターを獲得し、表向きで自分の前に置きます。
間違えてしまってもモンスターを獲得しますが、裏向きで失点として獲得します。
これを繰り返し、モンスターカードを補充できなくなったらゲーム終了。
獲得したモンスターの得点を計算し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・メン・アット・ワーク
 Men At Work(Pretzel Games:2019)


メン・アット・ワーク

ビルを建設して、もっとも安全で優秀な労働者を目指すボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

建設現場の準備をし、各プレイヤーに安全証明書を3枚ずつ配ります。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、まず指示カードの山札の一番上を表にし、捨て札の横に置きます。
指示カード山の一番上のカード裏面と捨て札の一番上のカード表面が、今回の手番で実行するアクションです。
指示通りに、片手で資材や労働者を現場に追加して手番終了。
もし事故を起こしたら、安全証明書を1枚失って手番終了。
カード山から現場監督が出たら、月間最優秀労働者に証明書1枚が配られます。
これを繰り返し、規定の月間最優秀者証を集めた人・安全証明書を持っているのが1人・資材等がすべてなくなった時点で安全証明書及び月間最優秀労働者証が多い人が勝者でゲームが終わります。

続きを読む

このページのトップヘ