ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: ボードゲームプレイ記

4

・ソレニア
 Solenia(Pearl Games:2018)


ソレニア

昼夜の周期を失った惑星ソレニアを舞台に、住民たちへ必需品を届けて得点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボード5枚をそれぞれ昼・夜の面にして並べます。
各プレイヤーは自分の色を選び、ボードとカードセットを受け取ります。
カードは裏向きでよく混ぜて山にし、上から3枚引いて最初の手札にします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでプレイヤーは1手番ずつ行います。
手番では手札からカードを1枚選び、浮遊生産島か浮遊都市にカードをプレイします。
浮遊生産島では資源が得られ、浮遊都市へは必要としている資源を運びます。
いずれの場合もカードが0だった場合、巨大飛行船が1スペース前進します。
巨大飛行船が前進すると、その手番終了時に一番後ろのボードを裏返して進行方向へ並べます。
これを繰り返し、全員が16枚のカードをプレイしたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・マウンテンズ
 Mountains(HABA:2018)


マウンテンズ

必要な道具を揃えて登頂し、登頂記録スタンプを集めていくボードゲーム『マウンテンズ』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

他のプレイヤーが持っている道具を借りながら、登頂していきます。
テーブルに山ボードを広げ、登山カードを置きます。
登山カードは難易度別に分け、それぞれを裏向きでよく混ぜ、所定の場所に裏向きのまま置きます。
各プレイヤーは、最初に持つ用具カード・登頂記憶シート・好意の印を持ちます。
手番では、まず好きな登山カードの山札を選び、1枚めくります。
次に登山に必要な道具を手札から出し、足りない道具は好意の印を贈って他のプレイヤーに借ります。
必要な道具がすべて揃っていれば、登頂シートにスタンプを押します。
揃わず登頂を断念した場合は、そのまま手番終了です。
これを繰り返し、難易度3以上のカード山が2山なくなったらゲーム終了。
もっとも多くスタンプを獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハイリスク
 High Risk(IELLO:2019)


ハイリスク

ダイスを振って、誰よりも早く全員を山頂に登らせるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

小さな山岳ボードには、山頂までの道のりが描かれています。
スタートはベースキャンプ。
3ヶ所のビバークと山頂は何人でもはいることが出来て、崖は1人しかはいれません。
手番ではダイス6個振り、任意の目を残して振り直すことが出来ます。
振ったダイスの目が危険のみだった場合、落下が発生。
振ったダイスの目が上昇と天候のみなら、ブーストが発生してもう1手番出来ます。
それ以外はレストで、出た上昇の数だけコマを1つ選んで進めます。
これを繰り返し、誰かのコマすべてが山頂に到達したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・いそいでさがそう!
 Greif Zu!(HABA:2018)


いそいでさがそう!

ダイスが示した絵柄を素早く探し、手を伸ばしてタイルを押さえるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

すべてのタイルをテーブル上に広げます。
手番ではダイスを4個振ります。
出た目を見て、全員同時に指定されているタイルに向かって手を伸ばし、タイルに手を置きます。
ただし、ダイス目と一致するタイルがない・炎の出目が出た場合は除きます。
次の人がダイス4個を振って、ゲームを続けます。
タイルが5枚以下になったらゲーム終了。
もっとも多くタイルを獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・ナーガ・ラージャ
 Nagaraja(Hurrican:2019)


ナーガ・ラージャ

インドで発見された神殿で、隠された遺物を発見していくボードゲームです。
トド吉とプレイ。

このゲームでは、自分の神殿内にタイルを並べて道をつなぎ、隠された遺物を見つけ出していきます。
お互いに自分用のボードを受け取り、外周に遺物タイルを裏向きで配置します。
遺物の中には、呪われた遺物が3個はいっています。
各プレイヤーは5枚ずつ受け取り、手札とします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのステップを順に行います。
案内人から順に、手札からカードを1枚以上選び、同時に公開してスティックを投げるステップ1。
スティックにナーガが出ていれば、手札からカードを出して効果を適用するステップ2。
部屋タイルを獲得したら、自分のボードに配置するステップ3。
新たな案内人を選び、山札からカードを引いて分配するステップ4。
そして次のラウンドへ進み、ラウンドを繰り返していきます。
終了条件は3つ。
見えている遺物が25点以上に達したら、即座に勝利します。
呪われた遺跡3つが表向きになったら、即座に敗北します。
どちらかが9枚目の遺跡タイルを配置したら、勝利点の高いほうが勝利します。

続きを読む

3

・愚かな牛(おろかな牛)
 Blode Kuh(Drei Hasen:2018)


愚かな牛

出来るだけ持っているカードを減らし、マイナス点を少なくするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

マイナスカードとお邪魔カードをテーブル上にセットします。
各プレイヤーは動物カード9枚を手札として持ち、残りは山にしてテーブル中央におきます。
手番がきたら、手札から1枚捨てる・同じ種類のカードを2枚捨てる・パスのいずれか1つを実行します。
手札から1枚捨てた場合、カードの効果を発動します。
同じ種類のカードを2枚捨てた場合、お邪魔カードが登場します。
パスをしたら、山札もしくは捨て札から1枚引きます。
これを繰り返し、誰かの手札がなくなるとラウンド終了。
得点計算をし、次のラウンドへ。
3ラウンドやり、最終的にマイナス点の少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・キャットタワー
 Cat Tower(Piece Craft:2019)


キャットタワー

飼い猫を喜ばすために、キャットタワーにネコが喜ぶものを飾りつける紙ペンゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

プレイヤー+1のダイスを使い、出た目で場所とネコが喜ぶものを決めて書き込んでいきます。
各プレイヤーは、鉛筆とシートを持ちます。
各ラウンドの最初に、親はダイスをすべて振ります。
親から順番にダイスを選んで獲得していきます。
最後に残ったダイスと手元にあるダイスの2つの数字は、1つは書き込む段数、1つは書き込むネコが喜ぶものを示しています。
それぞれ自分のシートに書き込んだらラウンド終了。
次の人が親になり、新しいラウンドを始めます。
これを繰り返し、誰かがキャットタワーを3つ完成させたら、そのラウンドでゲーム終了。
得点計算をし、もっとも特典の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ