ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: ボードゲームプレイ記

3

・ラーメン
 Ramen(Ediciones Primigenio:2018)


ラーメン

より数字の高いラーメンの具材を集めて完成させ、お金を稼ぐカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

優先材料カードをランダムで並べて価値の順位を決め、それぞれお金を置きます。
材料カードは裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに9枚ずつ配って手札にします。
さらに場にプレイ人数分のカードを公開して並べます。
ゲームは9ラウンド。
各ラウンドでは、まず手札から1枚選んで出し、一斉にオープン。
より価値が高く、その中でも数字の大きいカードを出した人から順に、出したカードと場のカードを交換していきます。
使ったカードは、次ラウンドで取り合う材料になります。
取ったカードは自分のラーメンの具材として手元におきます。
これを繰り返し、最後に手札に残したカードと場に並ぶカードを受け取ったらゲーム終了。
得点計算をし、もっともお金を稼いだ人が勝者になります。

続きを読む

3

・グリッズルド 友情は戦争より強し?
 The Grizzled(Sweet Games:2015)


グリッズルド

全員で協力して士気を保ちつつ、苦難を乗り越えて平和を目指していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーマは第一次世界大戦中の撤退戦。
ゲームの難易度は3段階。
脅威や試練の内容・枚数が変わるだけで、根本的なルールは変わりません。
1つのミッションには4つのステップがあります。
各プレイヤーに試練カードを配っていく準備・手札から試練を取り除いていくミッション・サポートタイルを選んで渡すサポート・戦争が終わっていないなら士気の低下の4つです。
4つのステップが終了したら、次の人がリーダーになり、ミッションを続けます。
これを繰り返していき、勝利条件を達成したら勝利、敗北条件に達したら敗北です。

続きを読む

3

・ストーリーズ
 Storiez(Amigo:2018)


ストーリーズ

全員で物語をつくりつつ、使われたモノを覚えて正確に答えるのを目指すカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーマカードとモノカードをそれぞれ裏向きでよく混ぜ、山にしておきます。
その隣りに砂時計を置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは全員で物語をつくっていきます。
テーマカードを1枚めくり、今回のテーマを発表します。
手番がきたら、物語を続けるか終わらせるか選びます。
続ける場合はモノカードを1枚めくって重ね、テーマに合った物語を続けます。
終わらせる場合は、それまでにめくられたモノカードをそのまま裏返し、他のプレイヤーにチャレンジさせるチャレンジャーになります。
チャレンジャーは砂時計をひっくり返し、すべての砂が落ちきる前に、他全員のプレイヤーは1枚ずつ順番に使われたモノを答えていきます。
砂時計が落ちきる前に、すべてのモノを正しい順番で言えたら、チャレンジャー以外が使ったモノカードを1枚ずつ受け取ります。
間違えたり時間切れになった場合、チャレンジャーがモノカードを2枚獲得します。
そして次のラウンドへ。
誰かが最初にモノカードを5枚獲得した人が勝者になりゲーム終了です。

続きを読む

3

・空手トマト
 Karate Tomate(Amigo:2018)


空手トマト

数字カードを出して勝負に勝ち、トロフィーを手に入れていくカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーはトマトカード1枚と数字カード5枚を最初の手札とします。
勝利カードをよく混ぜて、裏向きの山にしてテーブル中央に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは準備・試合・勝利を行います。
準備では、そのラウンドで取り合う勝利カードを公開。
試合はプレイヤーが手札からカードを出していき、トマトカードを出した人はカードを補充して脱落。
最後の勝利では、脱落しなかった人が勝利カードを獲得していきます。
誰かがゲーム終了の宣言をするか、ラウンド開始時にめくる勝利カードが足りなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっともトロフィーを多く獲得した人が勝者になります。

続きを読む

4

・3×8(スリーバイエイト)
 3 x 8(Amigo:2018)


スリーバイトエイト

誰よりも早く自分の前にカード列をつくっていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームの目的は、自分の前に昇順でカードを出して列をつくっていき、1列8枚の列を3列つくりあげることです。
数字カードを裏向きでよく混ぜて山にし、各プレイヤーは4枚ずつ引いて最初の手札にします。
場には3枚のカードを公開します。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番を行っていきます。
手番で出来るアクションは、3つの中から1つ。
カードをプレイは、数字カードを自分の前に出し、最後に手札を補充します。
手札を増やすは、公開されている3枚を捨て札にし、新たに3枚公開してから1枚選んで手札に加えます。
ブロッカーカードをプレイするは、任意のプレイヤーの列にブロックカードを1枚置き、カードを出しにくくし、最後に手札を2枚補充します。
プレイヤーの前には4列までつくることができ、誰かが3列完成させたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・Xコード
 X-Code(Amigo:2018)


Xコード

全員で協力して、時間内にすべてのコードを解読するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央にコードボードを広げ、横にタイムボードを並べて置きます。
カードをよく混ぜ、各プレイヤーに3枚ずつ配り、残りは裏向きの山にしてタイムボードに置きます。
砂時計を所定の位置に置き、ひっくり返したらゲームスタート。
全員同時にアクションを実行していきます。
山札からカードを引く・手札から3枚捨てる・左右どちらかのプレイヤーとカードを交換する・カード3枚組をプレイするを好きなだけ繰り返します。
手札に同じ数字3枚組をつくることで、コードボードに置いて解読成功となります。
砂時計カードは3枚組で使うことで、砂時計をひっくり返すことが出来ます。
ただし、手札の上限はプレイ人数によって決まっています。
時間切れになる前に、コードボードのすべてのスペースにカードセットを置くことが出来たら成功で勝利。
コードすべてをクラックする前に砂時計が落ちきったら、失敗で敗北です。

続きを読む

3

・ライフスタイル
 Lifestyle(Amigo:2018)


ライフスタイル

ダイスを振って指定の目を出して成功させ、カードを集めていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場には9枚のカードと裏向きのカード山。
各プレイヤーの前には、ダイスゾーンと得点ゾーンの2つに分けるようにカード置き場をつくります。
手番がきたら、カードを取るかダイスを振るのどちらかを必ず実行します。
カードを取る場合、場に並ぶカードの中から、任意の1枚もしくは1列を選んでを取ります。
取ったカードは、自分のダイスゾーンに表向きで並べます。
場のカードが0枚になっていたら、すぐに山札から9枚を新しく並べます。
ダイスを振る場合、ダイスゾーンに置いたカードすべての条件を満たさなければなりません。
1枚を指定してダイスを振り、成功すれば次のカードへ進み、失敗すると手番終了です。
条件を達成出来たら、カードを得点ゾーンに並べます。
これを繰り返し、場と手番プレイヤーのダイスゾーンにカードがなければゲーム終了。
得点ゾーンのカード得点を合計し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ