ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: ボードゲーム

3

・キングドミノ・デュエル
 Kingdomino DUEL(Blue Orange:2019)


キングドミノ・デュエル

ダイスを2個1組でドミノに見立て、自分の王国を紋章で埋めていく紙ペンゲームです。
トド吉とプレイ。

ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『キングドミノ』の紙ペンゲーム版です。
それぞれマップとペンを持ち、共用の呪文書をテーブル中央に置きます。
ラウンド毎にダイスを振る係は交替します。
ダイス係はダイス4個を振ってその中から1個選び、次にもう1人が2個選び、残り1個をダイス係が取ります。
それぞれ2個のダイス目を自分のマップに書き込みますが、必ず2個が縦もしくは横で隣接するように書き込みます。
大前提として、すでに書き込まれた紋章と同じ紋章がつながるように、または新しい紋章なら城からつながるように書き込まなければいけません。
ダイス目にXがあったらその数だけ紋章の横に書き込み、Xがないダイスの数だけ呪文書にチェックを入れます。
ダイス係を交替して次のラウンドへ。
誰かがマップをすべて埋めるか、どちらも書き込めない状況になるとゲーム終了。
得点計算をし、得点の高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・レイヤーズ
 Layers(Happy Baobab:2018)


レイヤーズ

5種類のレイヤーカードを組み合わせて、お題通りの形をつくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

お題のレベルは3種類。
数字が大きくなるほど使うレイヤーの枚数が増えて、難易度も上がります。
プレイヤーが持つレイヤーは5枚で、それぞれ両面違います。
ラウンドタイルをめくってこのラウンドでの得点が確認したら、お題カードをめくります。
一斉に自分のレイヤーを使って、お題を解きます。
完成させた順にプレイヤーボードを取ってレイヤーの上にのせていきます。
最初に解答した人は砂時計をひっくり返し、全員が解答するか、砂時計が落ちきったら終了。
解答が早かった順に答えあわせをして、得点を獲得したらラウンド終了。
6ラウンド終了時、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・コスタルアナ
 Costa Ruana(Lifestyle Boardgames:2014)


コスタルアナ

自分の部族を島々に送り込み、出来る限り真珠を入手していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームはラウンド制で、尊敬ポイントを集めていきます。
ラウンドはまず、カードを2枚プレイするところから。
シャーマンから順に、まずは表向きで1枚ずつ出し、次に裏向きで1枚ずつ出します。
その後、プレイされたカードの上に、自分の原住民を置いていきます。
シャーマンは儀式を決定して裏向きのカードをすべて公開し、カードを解決します。
真珠を受け取る権利がある人は、受け取って自分のテントに入れます。
これを5ラウンドやり、尊敬ポイントがもっとも高い人が勝者になります。
尊敬ポイントを集めるには、真珠をより多く集め、予備に残した原住民が大切なのです。

続きを読む

3

・サニーデイ
 Sunny Day(Happy Baobab:2017)


サニーデイ

タイルを配置して、できるだけ多くの絵を完成させていくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、5x6の長方形にタイルが並んだ場。
残ったタイルは山にし、全員が2枚ずつ引いて手札に。
スタートプレイヤーから順に、場のタイルに持っているタイルを置くことで絵を完成させます。
アイスと太陽が完成すれば、ボーナストークンを獲得。
絵が完成したら、自分が出したタイル以外のタイルを獲得し、さらに手札が2枚になるように山から1枚引きます。
獲得したタイルは、自分の前に並べて絵を完成させていきます。
そして次の人の手番へ。
タイル山がなくなり、全員が持っているタイルを置ききったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者です。

続きを読む

3

・サンフラワー・バレー
 Sunflower Valley(Hobby World:2018)


サンフラワー・バレー

ダイスの出目をシートに書き込んで、家と羊を線路で繋いでいくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にゲームボードとダイスを準備。
各プレイヤーは、シートとペンを持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではスタートプレイヤーがダイス6個を振ります。
その後、スタートプレイヤーから順に、ダイスを1個選んで取り、ゲームボードの色付きマスに置きます。
自分のシートの同じ色のヘックスに、出目を書き込みます。
ゲームボードのマスが埋まったら、スタートプレイヤーを移動して次のラウンドへ。
これを繰り返し、全員が自分のシートすべてのヘックスを埋めたらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ミックスアップ
 MixUp(Out of the Box:2006)


ミックスアップ

タイルをはめ込んで、同じ色か形を4つ1列に並べるのを目指す対戦ゲームです。
トド吉とプレイ。

立体になっているゲーム盤。
それぞれ色を担当するか、形を担当するか決めます。
手番がきたら、タイルを1枚選んでゲーム盤に差しこんでいくだけ。
色か形が4つ1列になるか、2x2の四角形にまとめることが出来たほうの勝利。

続きを読む

3

・ノストラシティ
 Nostra City(Hazgaard Editions:2009)


ノストラ・シティ

組織のボスがすべての告発から逃れるよう働きつつ、評判を高めるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームは6ヶ月で各月は4フェイズ。
最初は全員がボスの部下ではじまり、途中FBIの潜入捜査官になる可能性があります。
ビジネスフェイズでは自分が持っているマフィアを使い、縄張りで換金します。
指定した縄張りと同じ縄張りを持っている人は、分け前を受け取る権利があり、分配してもらえなかったら血の復讐カードを受け取ります。
会合フェイズでは、まだ使用していないマフィアを使い、ボード上に並ぶ中から欲しいカードに入札します。
この時、何も落札出来なければ、血の復讐カードを受け取ります。
裁判フェイズでは陪審員へ買収を試みて、レセプションでは次の月の準備をします。
これを6ヶ月やるけれど、血の復讐カードの中にFBI潜入捜査官のカードがあり、それを受け取った人は潜入捜査官なので秘密裏にボスを有罪へ導きます。
3ヶ月終了時に、一度買収カードをオープンにして、陪審員ボックスの調整をやります。
6ヶ月終了時にゲーム終了となり、最終評決でボスが有罪ならFBIの勝利、ボスが無罪ならマフィアの勝利です。

続きを読む

このページのトップヘ