ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: ボードゲームプレイ記

3

・アズール:シントラのステンドグラス
 Azul: Stained Glass of Sintra(Next Move Games:2018)


アズール:シントラのステンドグラス

プレイヤーはステンドグラス職人となり、シントラ王宮の窓を飾って得点を獲得するボードゲーム、アズール:シントラのステンドグラスです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

全員の手が届くところに、ディスプレイとグラスタワー、得点トラックを置きます。
各プレイヤーは自分の色を決め、宮殿ボードとパターンを受け取り、自分の前に並べます。
そして、自分色のガラス職人を受け取り、所定の位置に置きます。
ゲームは6ラウンド。
各ラウンドは、プレイヤーの手番を繰り返していきます。
手番では、ディスプレイもしくはテーブル中央からガラスピースを取ってパターンに配置するか、自分のガラス職人を左端のパターンに動かすのどちらかを実行します。
パターンすべてにガラスピースが置かれたら完成で、得点計算をしてパターンを裏返します。
ディスプレイとテーブル中央のガラスピースがなくなったらラウンド終了で、ディスプレイにガラスピースを補充して次のラウンドへ。
6ラウンド終了時ゲームも終了で、最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ゴビ:砂漠の民
 Gobi(Capsicum Games:2018)


ゴビ:砂漠の民

ゴビ砂漠を襲った大嵐で、散り散りとなった砂漠の民を集わせ得点を獲得していくボードゲームが『ゴビ:砂漠の民』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

スタートとなるタイルを4枚、テーブル中央に並べます。
残りのタイルは裏向きのままよく混ぜ、各プレイヤーの枚数が均等になるように分けます。
受け取ったタイルは裏向きのまま山にして、自分色のラクダコマを受け取ります。
贈り物タイルを準備したら、ゲーム開始。
手番では、自分のタイル山から1枚引いて配置するか捨て札にし、対応するタイルにラクダコマを配置します。
次にルートを確認し、完成していれば贈り物を受け取ります。
この時、ルートの両端のラクダコマは、自分の手元に戻します。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、すべてのタイルが置かれたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・スカラビア
 Scarabya(Blue Orange:2018)


スカラビア

遺跡発掘現場にタイルを並べて、スカラベを集めていくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、発掘現場の枠を受け取ります。
親を決めたら、親が発掘現場の枠内にボードを4枚はめ込み、他のプレイヤーも親と同じ形になるように遺跡をつくります。
親は指示カードをよく混ぜ、裏向きの山札をつくります。
ゲームは12ラウンド。
ラウンドは、まず親が指示カード山の一番上をめくります。
各プレイヤーは指示カードと同じ形のタイルを手元から探し、それぞれ自分の遺跡に配置します。
配置後、採掘エリアが出来上がったプレイヤーは、スカラベトークンを獲得します。
そして次のラウンドへ。
12ラウンド終了後、得点計算を行いゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・スピードアイズ
 Eye 'N Seek(Blue Orange:2017)


スピードアイズ

回転盤を回して、お題の絵と同じ絵を素早く見つけるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

まず、どのレベルでゲームを遊ぶのか決めます。
レベルは1から3までの3種類。
決めたレベルのカードをよく混ぜ、山にしておきます。
各プレイヤーは回転盤を受け取り、レベルに合った面にします。
ゲームは全員同時です。
カード山の一番上を公開し、自分の回転盤の窓からお題カードと同じ絵を出来るだけ速く見つけます。
一番速かった人がカードを受け取り、次のお題へ。
山札がなくなった時、もっとも多くカードを獲得している人が勝者になります。

続きを読む

3

・ファヴェーラ
 Favelas(WizKids:2017)


ファヴェーラ

リオデジャネイロの貧民街を舞台に、評議会の注文をききながら美しい街をつくるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、プレイヤーボードを1枚受け取ります。
この上に建物タイルを重ねていくことで、注文通りの外観をつくっていきます。
ゲームは3ラウンド。
各ラウンドでは建物タイルの山から年末タイルが出てくるまで、スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していきます。
手番では、いずれかの建物タイルを選んで受け取り、自分のボードに配置します。
選べるのは、公開中のタイル・裏向きの建物タイル山の一番上・裏向きの建物タイル1マスサイズの一番上のいずれか。
配置した時に同じ色マスを覆ったら、評議会ダイスの目を変更します。
これを繰り返し、建物タイルの山から年末タイルが出てきたら、その手番終了時にラウンドも終了。
得点を計算し、次のラウンドへ。
3ラウンド終了後、得点がもっとも高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・クワァンタム
 Qwantum(Nurnberger-Spielkarten:2018)


クワァンタム

ダイスの数字を合計して、自分のシートに書き込んでいく紙ペンゲーム、クワァンタムです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のシートと鉛筆を受け取ります。
ゲームの目的は、左から右へ昇順で数字を書き込んでいくけれど、出来るだけ大きい数字を書き込んで高得点を狙う。
スタートプレイヤーから順に、手番で3つのステップを行います。
まずは7個すべてのダイスを振る。
この時、一度だけなら振り直しが出来ます。
手番プレイヤーが色別に分け、その中からダイスを選び、合計値を書き込みます。
他のプレイヤーも残った色から選んで、シートに数字を書き込むことが出来ます。
もし数字を書き込むことが出来なかった場合、シートの失敗欄にチェックを入れます。
そして次のプレイヤーへ手番が移り、誰かがシートの4色をすべて埋めたら終了。
合計して、もっとも高いプレイヤーの勝ちになります。

続きを読む

3

・ルート
 ROOT(Leder Games:2018)


ルート

それぞれがウッドランドの派閥の1つを担当し、森の覇権を争っていくのがルートです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームでは、担当するキャラクターによって行動が違います。
まずは担当する派閥を決め、ピースすべてを受け取ります。
共通のサプライと個別のセットアップが完了したらゲームスタート。
ゲームは順番にターンと呼ばれる手番を繰り返していきます。
手番では、朝・昼・夜の3つのフェイズを行い、次の人の手番に。
誰かが30点に到達するか、勝利条件が書かれたカードを達成することでゲームに勝利します。
※各派閥を知っていたほうが良いので、全員がすべての派閥の説明を読んでおくことをおすすめします。

続きを読む

このページのトップヘ