ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: ボードゲームプレイ記

3

・オシリスへの船出
 Sailing Toward Osiris(Daily Magic Games:2018)


オシリスへの船出

ファラオの魂がゆっくり進んでいくナイル川沿岸に、記念碑を建設して得点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには、ナイル川と沿岸の農場やレンガ製造所、石切り場、都市が描かれています。
各プレイヤーは自分の衝立、恩恵カード、都市カードを受け取り、衝立を自分の前に立てます。
ゲームは4つの季節に分かれていて、各季節は第1章から第4章まで行います。
第1章では順番に袋から労働者コマを引き、第2章ではプレイヤーが実際に、10通りのアクションから1つを選んで実行していきます。
第3章はプレイヤー間の話し合い、全員が撤退したら第4章で次の季節の準備を行います。
4つの季節終了後、ファラオの魂を乗せた船がオシリス神殿へ到着し、第5章として得点計算をします。
もっとも得点の高い人を新たなファラオとし、ゲームの勝者になります。

続きを読む

3

・ソビエトキッチン
 Soviet Kitchen(HYBR:2018)


ソビエトキッチン

材料を混ぜ合わせて、指定の料理を完成させていく協力ゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

※このゲームはアプリを使いますので、事前にダウンロードしておきます
カードを裏面の数字別に分け、裏向きでよく混ぜます。
ゲームの目的は、出来るだけ毒を盛らずに指定の料理を完成させていくこと。
3つのモードで遊ぶことが出来るので、モードを選んでアプリの指示に従うだけです。
各プレイヤーに指定の枚数ずつカードを配ります。
アプリに表示されたメニューを見て、カードを見せずに全員で話し合い、カードを選びます。
選んだカードを順番に、スマホのカメラに読み込ませていきます。
ミキサーにすべての材料を入れると完成。
あとはアプリが計算して、オーダーの色にどの程度近付いたのか結果が出ます。
これを繰り返し、ゲームを進めていくだけです。

続きを読む

今日はゲムマ新作の中から、ラーメンテーマのゲームを遊び、最後にラーメンを食べるという、ラーメン会でした。
ラーメンだけでなく、トリテも言葉で伝えるゲームも遊んだので、全部で5ゲーム。
遊んだゲーム
こういうことを考えて、付き合ってくれる人がいるのは幸せw
場所は、川口のボードゲームカフェ『アリスの時計』で。
以前訪問した時の記事はこちら。
外は冷たい風が吹き荒れる中、暖かい室内で楽しく遊んできました。
遊んだゲームの簡単な感想を書いていきます。

続きを読む

3

・ビンゴリノ
 Bingolino(Schmidt:2018)


ビンゴリノ

ダイスを振って出目を選び、自分の数字タイルを裏返していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、裏向きでよく混ぜたタイルから16枚選び、自分の前に4×4で並べます。
スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、ダイスを何個振るのか決めます。
決めたダイスすべてを振り、すべての出目を合計して宣言。
宣言した数字のタイルが表向きになっている人は、裏返します。
手番プレイヤーだけは、ダイスを1個減らした合計で裏返すことが出来ます。
ただし、手番プレイヤーだけは、裏返せなかった場合、すでに裏返したタイルを1枚選び表にします。
そして次のプレイヤーの手番へ。
縦横斜め1列が裏返しになったら「ビンゴリノ!」と宣言して、星チップを列の端に置きます。
誰かが星チップ4枚を置くことが出来たら、そのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ディノワールド
 Dino World(HABA:2017)


ディノワールド

より大きい恐竜を使い、上手に狩りをして得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、恐竜カードのセットとマーカーを受け取ります。
一番小さな恐竜カードをテーブル上に広げ、狩り場をつくります。
手番がきたら、持っている恐竜カードから1枚選び、ゲームの箱を立てます。
立てた箱の上にカードをのせ、指で押し出します。
押し出したカードの着地点をチェックし、より小さい恐竜の上にのっていればその恐竜をすべて獲得。
テーブルから落ちた場合、使った恐竜カードはゲームから除外されます。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、全員自分の恐竜カードを狩りに出したらゲーム終了。
それぞれ獲得した恐竜カードの枚数を数え、もっとも多い人が勝者になります。

続きを読む

4

・イリュージョン
 Illusion(Nurnberger-Spielkarten:2018)


イリュージョン

指定の色の割合を目で見て判断していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

色カードと矢印カードを分け、矢印カードは裏向き、色カードは表のままでよく混ぜ山にします。
矢印カードの山から1枚めくって公開します。
次に色カードの山から1枚取り、矢印の隣りに配置したら準備完了。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番をやっていきます。
手番では、まずカードが正しい順で並んでいるか考え、違うと思ったらダウトします。
ダウトしない場合は、色カードの山から1枚めくり、正しいと思う位置にカードを置きます。
誰かがダウトした場合、カードの順番を変えないように裏返しにし、全員で確認。
ダウトが成功なら矢印カードを受け取り、失敗なら直前のプレイヤーに矢印カードを渡します。
そして新しいラウンドをはじめ、誰かが3枚目の矢印カードを受け取ったら、その人の勝利でゲーム終了になります。

続きを読む

3

・オルビス
 Orbis(Space Cowboys:2018)


オルビス

タイルを並べて自分の世界を創造し、得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル上に、場となる天空をつくります。
タイルをレベル別に分け、それぞれよく混ぜて裏向きの山にします。
レベル1の山からタイルを取り、テーブル上に並べます。
神タイルはよく混ぜて、5枚だけ使います。
ゲームは15ラウンドで、各ラウンドでは各プレイヤーは1回ずつ手番を行います。
手番がきたら、神タイルもしくは地域タイルを1枚取らなければなりません。
神タイルはゲーム中に1回だけです。
地域タイルを取ったら、7つのフェイズを解決します。
取った地域タイルは、自分の前に置いていきますが、ピラミッド型ですぐ下の色と合うように置きます。
天空にタイルを補充したら手番終了。
これを繰り返し、15ラウンドが終わるとゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ