・ぶらり、ブラーノ島
 Walking in Burano(EmperorS4:2018)


ぶらり、ブラーノ島

ブラーノ島で地元民や観光客の要望を取り入れて家を装飾し、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

フロアカードを階層別に分け、それぞれ裏向きでよく混ぜて山札をつくり、プレイ人数に合った枚数を山札の横に表向きで並べます。
人物カードは種類別に分けて並べます。
各プレイヤーは自分の色を選んでマーカーを受け取り、工事中カード2枚を自分の前に並べます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでプレイヤーは手番を1回おこないます。
手番では、場に並ぶフロアカードを1枚から3枚の間で取ります。
その後、自分の前の建設現場にカードを3枚まで任意で置きます。
建物が完成していたら、訪問する人物を選んで配置して手番終了。
スタートプレイヤーを移動し、場のフロアカードを補充したら次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが5軒の家を完成させていたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

ぶらり、ブラーノ島
色は6色。
1階から3階まで色は揃えなければいけない。
どうしても揃わない場合は、ゲーム開始時に持ったマーカーを使うことで違う色でも置ける。
でもマーカーは、ゲーム終了時に1個3点。
2人プレイだし、だったら壁の色を揃えていく方向で。
ぶらり、ブラーノ島
関係ないけれど、スタートプレイヤーマーカーがネコ。

家は1階からしか置けないルール。
そして、建てられるのは5軒まで。
カードを取る時にもルールがあって、中央の2階部分だけ選ぶことは出来ない。
1階と3階は1枚だけという選択肢があるけれど、2階はどちらかと一緒。
さらに手札上限は3枚。
ぶらり、ブラーノ島
最初は勢いよくカードを取って配置していく。
配置する時、1枚なら1金、2枚なら3金、3枚だと5金もかかる。
収入はない。
そう、お金が厳しい。
お金を得るには、手番でカードを取る時の枚数で調整する。
最大の3枚を取ると0金、2枚だと1金、1枚だと2金もらえる仕組み。
このルールをうまく使って、お金と欲しい建物の調整をしていく・・・お金は常に足りない。
ぶらり、ブラーノ島
地元民と観光客に花を希望している人がいたので、花がある建物重視。
同じ色の建物は隣り同士に出来ないので、そこも考慮しつつ。
2階として出てくるのが緑や青ばかりで、3階と1階は暖色ばかり。
こんなにうまくいかないのも笑えるw

序盤は私が先に完成させたりして、割とのんびり展開。
ところが、中盤過ぎからトド吉が猛烈ダッシュで建てていく。
誰かが5軒完成させると、そのラウンドで終わってしまう。
いつまでものんびりしてはいられない。
でも得点は欲しい!

最後の最後まで3階部分を待っていたけれど、結局出てこず。
その間に、トド吉が5軒完成させてしまう。
私は最後の1手番。
ぶらり、ブラーノ島
計算して、マーカーで失う3点より入ってくる得点のほうが高かったので、マーカーを使って3階部分を置き、地元民2人を呼び込んで完成!

そして得点計算。
なんと私が10点差をつけて勝利!
最後にマーカーを使って完成させてよかったw
ぶらり、ブラーノ島
このお金がすごい。
きらきら光ってるし、厚みの分は重さも感じられました。

それぞれ5軒を目指してカードを置いていくけれど、どの地元民や観光客で得点を狙うかによって、カードの取り方が変わってくる。
一度建て始めると、途中の色替えはマーカーが必要。
でも使ってしまうと3点を失うことになるので、かなり慎重になる。
見た目もかわいいしルールも簡単なのに、意外に周りを見渡すことが大切な気がしました。