・トロールフィヨルド
 Trollfjord(Zoch:2018)


トロールフィヨルド

トロールを集合させて、ハンマーで石くれを叩きだし、得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームボードを広げて外周に木の通路を置き、砦を組み立てて決められた場所に置きます。
各プレイヤーは自分の色を決め、トロールコマと財宝袋、贈り物を受け取ります。
トロールの王は、ボード外周のスタート位置に置きます。
石の塔を組み立てて、中にすべてのキューブを入れます。
手番が来たら、トロールの王を移動させ、止まったマスに対応する場所にトロールを置きます。
置ける数は王が進んだマス数で、最大3個。
次に砦をハンマーでたたくか決め、ハンマーを叩いた場合は財宝を獲得することが出来ます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが財宝袋の+に財宝を置いたら、他のプレイヤーは1回ずつ手番をやり、ゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者となります。

SPONSORED LINK

このゲームの何が衝撃かといえば、ハンマーがはいっているところ。
そして、ハンマーで石の塔を思い切り叩くところ。

手番順は常にトロールの王が最後尾の人から。
しかも動かした後、その先にいるトロールの王は『追い風』を受けます。
すなわち、今いるマスの効果を発動出来るのです。
配置マスなら、その地形にトロールを1個置け、移動マスなら1回移動出来ます。
ところが、常に誰かの後ろにぴったりついている私には、その恩恵がまったくこないw
ある程度、トロールをばらまくと、訪れるのが石くれの叩きだし。

トロールフィヨルド
ハンマーチャンス!

砦の周囲エリアにいる自分のトロールの数、そして周囲エリア少なくとも2ヵ所に自分のトロールがいると、石の塔を叩くことが出来るのです。
ただし叩ける数は、自分のトロールの数。
石の塔を手でおさえ、もう片手にはハンマー。
そして、思い切り塔の側面を叩く。

ビターン!

いい音がしますw
そして、バラバラと出てくるキューブ。
白はセーフ、色付きはそれぞれ上限があるのです。
色付きは、自分のトロールの数が上限。
ただし、叩く時に同じく2ヵ所に置いている人がいれば、仲間として誘うことが出来ます。
そうすることで、叩く上限も色付きの上限も上げることが出来ます。
ただまぁ、叩いて成功したとしても、もらえる財宝の数字が低ければ単独でやるわけで。

砦は1から順番にしか出来ず、まずは1から。
最高値の財宝を持っていれば王冠がもらえます。
上書きされると王冠は奪われる。

トロールをばらまいた場所の財宝は数値が低かったので、さっさと進むことにする私。
おやじさんが仲間として参加して、便乗してよい財宝をもらっているw
大丈夫だと思った時に限って、色付きが出過ぎて失敗するので、高得点を狙うなら仲間は必須。
ちゃんと2ヵ所にトロールをばらまいてくれていればw

塔を思い切り叩いてストレス発散していると、気付けば残りは+のみ。

「私、あと1回で終わるよー」
「まだ兇出来てないよ」
「えー、まだ叩きたい!」

数字は低いけれど、2ヵ所にトロールが揃った時点で叩く!

トロールフィヨルド
ビターン!

コロコロコロ

トロールフィヨルド
ビターン!

コロコロコロ

トロールフィヨルド
ビターン!

「あ、これで終了!」

私は早々に終了し(写真はメビウスママ)、トロール王を倒す。
残り1手番を阿鼻叫喚で実行していくみんなを眺めながらw
そしてゲーム終了。
終わってみれば、なんとおやじさんの勝利。
仲間として獲得した財宝が大きかった。
数字も大きかったしね。

財宝の数字が20をこえると、とてもじゃないけれど1人じゃ無理。
一度ハンマーで叩くと成功・失敗問わず、1ヵ所からトロールを撤去しなきゃいけないのがつらい。
再びトロールの配置からだと、そのマスが空いていないと置けないし、1歩だと1個しか置けないし。
派手な音とアクションに目が行きがちだけど、実は堅実さが一番なゲームだと思いました。