・サスピション 怪盗が多すぎる
 Suspicion(Wonder Forge:2016)


サスピション 怪盗が多すぎる

宝石を盗みながら、ライバルたちの正体を暴くボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にボードを広げ、ゲストコマを外周の部屋1つにつき1個ずつ配置します。
プレイ人数に合わせた宝石を準備し、裏向きでよく混ぜた招待状カードとアクションカード、推理用シートを各プレイヤーに配ります。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
手番では移動フェイズとアクションフェイズを順におこないます。
移動フェイズでは、ダイスを2個振り、対応するゲストコマを移動させなければいけません。
アクションフェイズでは、手札から1枚選んで出し、描かれている効果に従います。
最後にアクションカードの山から1枚引いて、手札にいれたら次の人の手番へ。
これを繰り返していき、ストックにある宝石のうち1種類が枯渇したらゲーム終了。
最後に他プレイヤーの正体を推理してシートに書き込みます。
全員が書き込んだら一斉に招待状カードを公開し、得点計算をします。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

サスピション 怪盗が多すぎる
今回は2人プレイなので、宝石は各色5つ。
宝石は3色1セット6点で、バラバラは1個あたり1点。
他の人の正体を当てれば7点。
これは・・・当てるしかない!
サスピション 怪盗が多すぎる
私の正体は・・・ヴォールウォーシー伯爵。
背景色は紫なのでコマも紫。
ゲーム開始時はランダムでコマが置かれているので、部屋にある宝石はエメラルドのみ。
すぐばれる!
これをいかにばれないようにしつつ、トド吉が誰なのかを当てていく。

手番でやることはとても簡単。
まずはダイスを振る。
出た目の人物を移動させる。
そして、カードを使ってアクションをやるだけ。
カードには2種類のアクションが描かれているけれど、2人プレイはどちらか1つだけ実行。
とりあえず宝石集めを目標にするけれど、取れる宝石は自分がいる部屋に描かれているものだけ。
今、宝石を取ったら青しか取れない。
それでは瞬殺で正体がばれるでしょ・・・
サスピション 怪盗が多すぎる
出目が灰色と?だったので、灰色と紫を移動。
2色の宝石が描かれている部屋が隣りにあったので、もちろんそちらへw
そして、宝石を獲得。

「ダイヤもらっていくね!」

「ダイヤ・・・ダイヤ・・・」
トド吉はダイヤのない部屋にいる人物に、バツ印をつけていく。
こうやって他の人の正体を絞り込んでいくのです。
サスピション 怪盗が多すぎる
あとは、いかにばれないようにしつつ、トド吉の正体を絞り込んでいくか。

「エメラルドもらう!」

エメラルド・・・となると、エメラルドがない部屋にいる人はないということ。
私もせっせとシートに記入していく。
こういう単純な推理ゲームは楽しい!

正体を絞り込むのも大切だけれど、トド吉がかなり宝石を取っていくので、私もある程度は集めなきゃいけない。
そして、意地でも正体を絞らせないの大切w
紫を移動させ、タイミング良くエメラルドを獲得。
サスピション 怪盗が多すぎる
次にダイヤも取っておく。

「なんか全然絞り込めないんですけど?」
「そりゃそういう風に動いてるからねぇ」

この時点で、トド吉の正体は二択まで絞り込んだ。
そこへちょうど手札にきたのが、黄色とグレーのカード。
これは・・・やるしかない。

グレーの人物が描かれているカードを出す。

「(この人から)見えますか?」
「見えます」

これで確定w
片方は見えるけれど、もう片方は見えない位置に移動させて絞った。

「えー、じゃダイヤもらって終了させる」

ダイヤが枯渇したので、即ゲーム終了。
お楽しみの正体当てタイム。

「せーの!」
サスピション 怪盗が多すぎる
「当たったー!」
「こっちは絞り込めなかったよ・・・」

当てた7点が大きく、私の勝利。
実プレイ時間15分。

宝石が1種類枯渇することでゲームが終了してしまうので、ついつい宝石獲得に動きがち。
でも正体を絞っていって当てれば7点なので、宝石3種セットつくるより早い。
ダイスに『?』が出ない限り、1コマ1部屋しか移動出来ないので、上手に誘導していけばかなり絞り込みやすいような?
今回は2人プレイで相手が1人なので、特に誘導しやすかったなぁ。
自分のはバレないように、相手のは絞り込んでいくという単純さが、私には良かったのかも。
目線でもバレたりするので注意しつつ、夢中になって楽しみました。
たとえ負けても、すぐ再戦出来る軽さもいいw



ボードゲームサスピション 怪盗が多すぎる 完全日本語版 (Suspicion)
駿河屋