・スプリングラリー
 Spring Rally(Mandoo Games:2018)


スプリングラリー

誰よりも早く、コースを2周回るレースゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードは両面仕様で、今回は下り坂多めのほうを選択。
各プレイヤーは、自分の色を選んで車コマをスタートに置き、ゼンマイを受け取ります。
カードをよく混ぜ、各プレイヤーに最初の手札を配ります。
ゲームは3ラウンドで、配るカード枚数はラウンド毎に違います。
各ラウンドは、全員の手札がなくなるまで続き、最後にラウンドの終了処理をします。
ゲーム内容は、いわゆるマストフォローのトリックテイク。
まず、リードプレイヤーが手札から1枚選んで出し、他のプレイヤーは順に同じ色のカードを出していきます。
もっとも大きい数字を出した人が、出されたカードでもっとも小さい数字の分だけ車コマを進めます。
同じ色が出せない場合、次に出された色が勝ちます。
他の人たちは全員、ゼンマイを1つ巻きます。
これを繰り返し、手札がなくなったらラウンド終了。
最後に車コマが最後尾の人から、ゼンマイをすべて解放し、車コマを進めます。
そして次のラウンドへ。
これを繰り返し、3ラウンド終了時もしくは誰かが2周まわったら終了です。

SPONSORED LINK

トリテとレースの組み合わせということで、期待上々。
コースは上りと下りの場所が一部あるだけで、あとは全力疾走するまっすぐレース。
切り札がないかわりに、同じ色を出せずに違う色を出した場合は、後出しで出された色が勝つ。
ここがちょっとポイント。
スプリングラリー
早速ゲームスタート。

リードプレイヤーになりたくないので、小さい数字から出してゼンマイを巻く。
ゼンマイは巻けば巻くほど歩数が増えるけれど、巻きすぎると逆に少なくなる構造。
スプリングラリー
ほどほどまでは巻きたいわけで。
途中で勝てば一緒にゼンマイを解放してもいいので、調整が必要。
2人の車が進んでいく中、まだまだ全力最後尾。
大丈夫・・・このゼンマイさえ解放できれば!
5枚の手札はあっという間なので、最後尾の私から進む。
いたるさんがぶっちぎっているかと思ったけれど、割と追いつくことが出来た。

そして2ラウンド目は、手札が7枚に。
ゼンマイは6回巻いて解放が一番マス数が多い。
そこを狙うつもりが、そうはうまくいかない。
しかも勝った時に進める歩数は、その時に出された中で一番小さい数字。
そりゃ2とか出すよねw
じりじり展開の中、喜んでゼンマイを巻く。
何といっても、最後にゼンマイを解放した時が一番気持ちいいw
ただし・・・あまりに色を偏らせてしまうと出せない時が困る。
勝ちたくないのに、違う色を出すことになったために勝ってしまう。
後出しの強さがかなり影響してくる。

7回やるうちに、全員が1周目を終えて2周目にはいる。
若干、トド吉が遅れをとってきているような感じ。
勝負は最終ラウンドへ。

迎えた最終ラウンド。
誰かが2周回り終えても、このラウンドが終えてもゲームが終わる。
どちらにしても、先頭に立たねば!

手札9枚はかなり多く感じる不思議。
下り坂で滑っていくのが大きい。

「ひゅーん!」

誰かがいるマスは飛ばすので、団子になっていれば一気に加速。
スプリングラリー
みんなが小さいカードを残しているうちは、どうしても牛歩。
小さいカードがなくなってきてからが勝負。
ためこんだゼンマイの準備よし!
遅れていたトド吉も追いついた。
あとはタイミングを狙うだけ。

ゴール手前、最終コーナー手前でその時を待つ。
そして、トリックで勝ち、ためこんだゼンマイを解放!
一気に加速してゴール。

「ごぉぉぉぉぉぉぉぉる!」

私の勝利でゲーム終了でした。

進める歩数が低いカードの数字というのがきいていて、せっかく勝ったと思っても2歩。
他の人はゼンマイを巻けるので、そっちのほうが良さそうに見える不思議。
あまりに離されちゃうと追いつけないことがあるかも?
段階的な手札枚数が、レースにかなり影響していて良い。
ただ、さすがに9枚はカード立てが欲しかったw
トリックを取りに行くタイミングと取らないタイミングを判断することに、かなり重点があって楽しいトリテでした。