・セカンドチャンス
 Second Chance(Edition Spielwiese:2018)


セカンドチャンス

パズルタイルを自分のシートに書き込んで、出来るだけ空きマスがないように埋めていく紙ペンゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

受け取るのは自分用の書き込みシート。
中央には丸が描かれていて、スタートタイルの1マスが丸にかかるように書き込みます。
ゲームは、毎ラウンドめくられる2枚のタイルカードから、1枚を選んで自分のシートに書き込んでいきます。
全員が書き込んだら、新しいタイルカードを山札から2枚引いて公開。
これを繰り返し、どちらも書き込めなくなったらセカンドチャンス。
山札からタイルカード1枚をめくり、書き込めるならゲームを続けられます。
もし書き込めなかったら、ゲームから脱落です。
全員が脱落・タイルカードの山札がなくなる・誰かがシートをすべて埋めるのいずれかでゲーム終了。
空きマスがもっとも少ない人が勝者になります。

SPONSORED LINK

セカンドチャンス
お互い最初のタイルカードを書き込む。
もう悩ましい。
でも上から落ちてくるのを差し込む形ではないので、そこは気軽に。
そしてゲームスタート!

どんな形・マス数があるのかは、一覧でわかります。
最初は空白ばかりなので、出来るだけ埋まるように書き込んでいく。

そしてゲームが進むとおとずれる『書き込めない』現象。
トド吉がまず「書き込めない!」に。
ここで登場セカンドチャンス。
山札から1枚めくって、それが書き込めるなら続行。

「やった!これ書ける」
「えー・・・残念」

脱落チャンスでもあったのにw
私は手堅く埋めていくので、そこまで困っていない。
でもゲームが終盤になると、何が出てくるかドキドキするもので。

「うわ!2マスのやつが2つでちゃった!」
「え?もうないよね?」
「これで3つめだからないね」

残ってる空白を考えても貴重な2マスや1マス。
それが2枚とも2マスとか、運がない。
残りが10マスくらいになったところで、2人ともセカンドチャンス。

「書けた!」
「無理!」

セカンドチャンス
これじゃなきゃ書き込めたのに!
終わってみれば、結構埋まってた。
でも空きマスの数で、トド吉の勝利。
セカンドチャンス
最後があれじゃなきゃ、勝ってたのは私だったはずなのに・・・(負け惜しみ)

実は書き込むのに夢中で、ほとんど写真を撮っていなかった事実!
これは色鉛筆を使って遊んだほうがいいかな。
埋めるだけなら同じでもいいんだろうけれど、そこはやっぱり色々描いちゃうよね。
それもまた楽しみの1つ。
おまけ
このゲームには、コテージガーデンの拡張がはいってました。
久々に出してきて、拡張いれて遊んでみようかな?