・シールズ
 Seals(Mandoo Games:2018)


シールズ

カードでセットをつくり、得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜて、山にしておきます。
ゲームは最大5ラウンドで、各ラウンドは誰かがセットをつくるまで続きます。
手番がきたら、山札からカードを4枚めくり、表向きで置きます。
次に全て同じ色のカードか、全ての数字が同じカードを選んで手札に加えます。
最後に、セットが完成していれば出して得点を獲得することが出来ます。
カードには、1から10の数字とコインがあります。
1から5までの小カードもしくは6から10の大カードを使って、同じ数字4枚セット。
もしくはコイン4枚でもセットになります。
連番は、1から10までの10枚で高得点。
誰かがセットをつくったら、再びカードをよく混ぜて次のラウンドをはじめます。
これを繰り返し、誰かが5点獲得したらその人の勝利、もしくは5ラウンド終了でゲームも終了します。

SPONSORED LINK

まずは山札から4枚めくる。
色で取るか、数字で取るか・・・そりゃ色で取るよねw
同じ数字4枚でもセットになるのに、なぜか連番10枚しか頭にない私。
これが失敗のはじまりだったのです。

次の手番では、手札にない数字が多い色を選んでごっそりいただく。
4枚ずつめくるのは多いのでは?と思ったけれど、セットをつくるにはこれくらいがちょうどいい。
少しずつ手札の中で完成していく連番。

(あと1枚・・・あと1枚くれば連番で4点だぁぁぁぁぁ!)

心の中で喜んでいたはずなのに、気配を察知したトド吉が一言。

「この色のカードもらって、これでセット完成」
「なにぃぃぃぃ!?次、完成するはずだった連番がぁぁぁぁ」
「いや、そうかなって思ったからセットにしちゃう」

トド吉が得点を獲得する。
まぁ、2点なら追いつけるよね。

再びカードをよく混ぜて山にし、いざ第2ラウンド。
色でカードを取り、手札の中で並べる。

(あれ?これは連番いけるんじゃないの・・・)

懲りないことに、再び連番を狙う私。
目を見開いて、トド吉が取っていくカードを見つめる。
そして、またしてもあと1枚という時でした。

「これでセットね」
「またぁぁぁぁぁ!」
「いやあのね、連番は無理なんだから、細かく得点入ったほうがいいでしょ」
「あ゛!5ラウンドで終わりなんだ!?」
「そうそう。それに連番は4点だから、それだけじゃ勝てないでしょ」

わかってる・・・そんなことはわかっている!
けれど、理由はわからないけれど、おおよそ無意識に連番を狙ってしまう。
なぜだ・・・なぜなんだ・・・
シールズ
でもさすがに0点はいやなので、簡単に出来そうな小セットつくってお茶を濁すか・・・
なんて1人で考えているうちに、トド吉があっさりセットをつくって5点獲得。
トド吉の勝利。

シールズ
「あと1枚!そこの1枚で完成だったのにー!」

細かく点を獲得していけばいいのに、なぜか大きく連番を夢見てしまう。
堅実に細かくセットをつくっていけば、割とあっさり終わります。
他の人とセットの進行程度を気にしたり、何のカードを持っていったかチェックしたり。
でも結局は、攻め時はいつなのかを気にする、ある意味では自分との戦いでしたw
でも夢見るでしょ・・・一度くらい連番つくりたくなるもの。