・スカラビア
 Scarabya(Blue Orange:2018)


スカラビア

遺跡発掘現場にタイルを並べて、スカラベを集めていくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、発掘現場の枠を受け取ります。
親を決めたら、親が発掘現場の枠内にボードを4枚はめ込み、他のプレイヤーも親と同じ形になるように遺跡をつくります。
親は指示カードをよく混ぜ、裏向きの山札をつくります。
ゲームは12ラウンド。
ラウンドは、まず親が指示カード山の一番上をめくります。
各プレイヤーは指示カードと同じ形のタイルを手元から探し、それぞれ自分の遺跡に配置します。
配置後、採掘エリアが出来上がったプレイヤーは、スカラベトークンを獲得します。
そして次のラウンドへ。
12ラウンド終了後、得点計算を行いゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者となります。

SPONSORED LINK

親は私。
まずは適当に4枚のボードをはめ込んで、みんなに見せる。
スカラビア
他の人も同じ形になるようにボードをはめ込んだら、これから発掘する遺跡完成。
指示カードをよく混ぜて山にしたら、いざゲーム開始。

「1枚目はこれー!」

各自、自分のタイルから同じ形を探して、それを遺跡に配置する。
適当に岩を配置したけれど、これ邪魔だったw
最初だけ中央4マスのどこかにかかるように置く。
周りを見渡すと、この時点からちょっとずつ違う。
まぁ、他の人のを真似してても仕方ないからね。

どんどんカードをめくっては、同じ形のタイルを配置。
タイルはすべてが5マス構成なので、ちゃんと考えないといけない理由がある。
それは採掘エリアをつくること。
タイルを配置していくと、タイルや岩、ボードの端などで囲まれたエリアが出来る。
それが採掘エリア。
スカラビア
このゲームは、4マス以下の採掘エリアをつくって、そこに描かれているスカラベにトークンを置くことで得点がはいる。
4マスなら4のスカラベ、3なら3のスカラベで、数字がそのまま得点。
スカラベを隠すことなく、4マス以下をつくらなければいけないわけで。

最初は4マスを狙っていたけれど、それではタイルが置けない。
置けるなら、置かなきゃいけないルールなので、泣く泣くスカラベを隠したり。
うん。これは他の人を見ている余裕がないw
スカラビア
ゲームはどんどん進み、あっという間に終盤。
調子が良かったのは最初だけで、あとはもうスカラベを置ければいいや的な。
4マス以下でもスカラベ0も普通にあるのです。
1でもあるだけましw

そしてゲーム終了。
遺跡に配置しているスカラベを回収して得点計算。
結果、勝ったのはいたるさん。

これ、黙々と高得点目指して遊べるゲーム。
最初の予定では、もっと4のスカラベを置ける予定だったけれど、まさに予定は未定。
派手な面白さはないけれど、もう少し高得点が出るはず!って繰り返し遊んじゃうタイプでした。



新品ボードゲームスカラビア 完全日本語版 (Scarabya)