・おきなわレシピ(ホッパーエンターテイメント:2018)

レシピ

自分に与えられたメニューを完成させるため、材料を集めていくカードゲームです。
アビゲイルさん・ごうきさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲーム開始時、手札として6枚の材料カードとレシピを1枚持っています。
自分がつくらなければいけないレシピには、必要とする材料が6つ描かれてて、最初に必要な材料があれば、裏向きでカード置き場に置くことが出来ます。
ルールはいたって簡単で、手札から1枚捨てて、山札から1枚補充するだけ。
補充した時に必要な材料だったら、自分のカード置き場に裏向きで置いて確保。
さらに他の人が捨てた材料が欲しい材料だったら、「レシピ!」と宣言してもらうことが可能。
ここでプレイ順が宣言した人になり、手札から1枚捨てたら次の人・・・と進んでいきます。
ゲームが進み、あと1枚で完成する時には「ごはんですよ」と宣言し、見事出来上がったら「できあがり!」と宣言します。
一番最初に出来上がった人が勝者となります。

SPONSORED LINK

レシピ大好きを公言しておきながら、おきなわ編を書いていないことに気付く。
レシピ
ご当地シリーズ沖縄編、いざスタート!
レシピ
私のメニューはてびち。
いたってメジャーな沖縄料理。
使う素材を見ると、豚足出したら即バレる料理。
でもスタート時の手札からは、1枚もセット出来ない状況でスタートなので、早く誰か捨てないか目を見開いてチェック。
が!
誰も捨てないどころか、自分でもまったく引かない。
その間にも他の人が「レシピ!」で材料を持っていく。
トマトを捨てレシピされ、レタスを捨ててもレシピされてしまう。
アビゲイルさんがつくってるのはあれだな。
トド吉はたまごと黒糖をレシピしていく。
これはあれしか考えられない!
レシピ
レシピしてくれればわかりやすいので、出来るだけ捨てないようにするも、私のが出てこないうちにゲームが終わってしまうという。


レシピ
今度はソーミンチャンプルーよ!
カードをリシャッフルして2回戦目。
ばれてもいいと、どんどんレシピ。
にんじんは自分で引けたけれど、あわもりはレシピ。
しかしここからが進まず。
その間に、アビゲイルさんとトド吉があと1枚に。
ごうきさんと私の手札は捨てられないカードが残る。
そして、どっちのあたりも持っている状態。
わけぎと豆腐ってどっちもあたりの予感。
悩んだ挙句、クローズ情報が多いトド吉のを出してみたら・・・完成させられてしまった。

「ふうかさんが必要だったのこれでしょ」

ごうきさんに見せられたカードはそうめん。
そうよ!それが欲しかったのよー!

そして3回戦目。
レシピ
ラフテーなら完成させられるでしょ!
何とか完成させたい一心で、危ない材料から捨てていく。
危ないたまごや片栗粉を捨てて、誰が何をつくっているのか様子見。

「これ必要なんじゃないの?」
「・・・(しーん)」

今回は最初の手札に必要なものがあって、これは幸先いい。
でも全員が堂々とレシピするようになり、有利さがどこかへ行ってしまう。
それでも避けなきゃ!と捨てていき、残り1枚。
あと1枚・・・あと1つでいいのに・・・
ソーキそば
結局、トド吉が2回連続のソーキそばを完成させて終了。
紅ショウガを置いた時点でわかっていたけれど、捨てなきゃいけないのが苦しかった。
様子見してても、自分で引かれちゃうとクローズなのが憎らしい!

このゲームのスピード感と引けないままならさがいいね。
捨てたらダメなのがわかってくる頃には、自分も引くに引けない状況だったり。
ひたすらヤキモキしながら、自分のを完成させてたくて必死になるw

さてこのレシピ。
3回戦やったんですが、その中でも驚異のメニュー引きを見せたのがごうきさん。
シャッフルして裏向きで並んだ中から選んだというのに、まさかの3回連続どぅるてん。
どぅるてん
1回目の時は、その料理はなんだ!?で盛り上がったんですが、ランダムで引いてるのに3回連続で同じとは・・・。

「えー!?またなの!」
「ランダムだし自分で引いてるのに!」
「その無駄にすごい引きは何かに使えないのか!」

言いたい放題w
それでいて3回とも未完成だったというんだから、実物を食べなきゃいけない宿命!