・ペトリコール
 Petrichor(APE Games:2018)


ペトリコール

植物に水分を与えて育て、収穫することで得点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にプレイ人数に応じた作物タイルを並べ、その横にゲームボードを置きます。
各プレイヤーは自分の色を選び、水滴・マーカー類を受け取ります。
カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーにプレイ人数に応じた枚数を配ります。
ゲームはラウンド制で、短時間ゲームでは4ラウンド、長時間ゲームでは6ラウンドプレイします。
各ラウンドは、4つのフェイズからなります。
アクションフェイズでは、手札からカードを1枚プレイするか、パスをします。
誰かがパスをしたら残り全員が1手番ずつやり、手札の上限をチェックして次のフェイズへ。
天候フェイズでは、投票があった上位2つの天候を解決します。
最終ラウンドもしくは収穫ダイス3つが収穫アイコンになっていたら、収穫フェイズが発生します。
成長トークンが置かれているタイルの作物を収穫し、得点計算をします。
最後に、ラウンド終了処理をする整理フェイズ。
これを繰り返し、規定ラウンド数が終わったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

昨年のエッセン新作で、見た目がとても良いゲーム。
水滴を入れる雲がトレイになっていて、本当に見た目がいい。
基本的にはカードを出して、作物タイルのどこかに水滴を置いていく。
水滴はまず、雲にのって登場。
雨を降らせることでタイル上に水滴が置かれ、規定の個数がたまれば収穫トークンが置かれる。
収穫の時、水滴の数が最多だったら収穫という名の得点がはいってくる。
というのが大まかな流れ。
今回は相談の末、4ラウンドの短時間ゲームでプレイすることに。
ペトリコール
雲のトレイがかわいいw
雨を降らせればいいんだ!と信じて、ゲームスタート。

基本的にはカードを出して、対応するアクションをやるだけ。
誰もパスしてなければ、2回プレイ出来るけれど使うカードは倍。
カード補充はラウンド終わった時。
さっさとパスして、他の人たちの手番を残り1回にするのもあり。
とはいえ、最初は水滴をばらまきたいわけで。
ペトリコール
水滴をばらまくなら霜。
雪じゃなくて霜w
水滴を置いてしまえば、日光で増やすことが出来る。
水滴は雲に乗っていてもダメで、雨で雲からタイルに落とすことで収穫に近付いていくわけで。
ペトリコール
大切なのが投票。
カードを使った時に、天候にマーカーを置くか、ボード中央のダイス目を操作することが出来るのです。
全員のカードプレイが終われば投票の解決。
ここで霜が発動すれば、雲がすべて雷雲に。
雷雲になっていれば、雨が発動した時に、雲にある水滴すべてがタイル上に落とされるのです。
このあたりがちょっと面倒臭く感じてしまった上に、天候効果をきちんと認識したのはゲームがはじまってからというw
ペトリコール
ラウンドの最初に手札を見て、水滴をどこまで増やせるか、雷雲にするタイミングと収穫のタイミングをチェック。
収穫で得られる得点は各タイルに書いてあるので、そこを気にしつつみんな雲を出していく。
他の人とかぶらないほうがいいなーとこっそり小麦を取りにいったり、高得点狙いでトウモロコシにいくも、トド吉やいたるさんに邪魔されたり。
1位だけ得点が高いので、出来るだけタイル上で1位を取りたい。
でも水滴を落とすカードが揃わない!
そんなどうにもならない感じを味わいながら、ひたすら地道に水滴を増やしていくという。
ペトリコール
収穫するには生長させなきゃいけない。
いくら水滴を落としたとしても、最低個数に満たないとただ除去されるだけ。
私が置いたから、みんなも置いてよコールが飛び交うw

黙々とカードを使っては水滴を置いたり、他の人の雲を移動させておいて、自分の水滴を移動させたり。
これはもしや・・・意外に意地悪ゲームなんじゃ?と思いはじめた頃には、もうゲームは中盤。
4ラウンドはあっという間に過ぎていく。
他の人と足並みを揃えないので、自分が投票しても解決されないことはしばしば。
それでも、少しでも高得点を狙うなら、水滴を置く場所が決まってくるわけで。
ペトリコール
そして、4ラウンド目はかなり激しかった。
自分の水滴がはいっている雲を移動させて邪魔したり、誰もいないので得点を取りにいったり。
そしてゲーム終了。
勝ったのはいたるさん。
1位と2位と3位の間が、ちょうど15点程度でした。

終わった後、これは黙々と水滴で得点を狙うのではなく、他の人を邪魔して追い出すゲームなんじゃないかという話に。
マジョリティとれそうだからと安心しているところに、水滴入りの雲で乗り込んでいく。
マジョリティが取れれば、高得点だし、人の得点を邪魔出来るわけで。
そんな私も何度か邪魔されましたw
見た目はきれいなんだけれど、どうも煩雑さを感じるというか、盛り上がりどころがトウモロコシ争奪戦だけだったというか。
いろいろ惜しいような気がしました。

ペトリコール 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-08-23



ボードゲームペトリコール 日本語版 (petrichor)
駿河屋