・残念なカラス
 Pechvogel(Zoch:2018)


残念なカラス

ダイスを振って、得点マーカーを獲得していく『残念なカラス』です。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央にボードを得点マーカー類を置きます。
ゲームの目的は、ダイスを振って同じ目を4つ出すこと。
スタートプレイヤーから順に手番をやり、テーブル中央の得点マーカーがなくなったらゲーム終了。
手番では、まず7つのダイスを振ります。
1種類の出目を選んですべてボード上に置き、再び振り直します。
カラスの目は振り直しが出来ず、出たらボード上に置きます。
結果が出るまで振り続け、目標の目が4つ、もしくはカラスが3つになったら手番終了。
目標の目が4つ出ていたら、対象のマーカーを受け取ります。
カラスの目が3つだったら、ストックから不幸マーカー1つかボード上の不幸マーカーすべてを受け取ります。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、ゲーム終了後に獲得していた得点マーカーから不幸マーカーを減点し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

残念なカラス
不幸のマーカーが、正直なところ石。
カラスが石を投げつけるのかな・・・?
そんなことより、いざゲームスタート。

このゲーム、序盤では石を受け取るのも悪くないのです。
ダイス目が4つ揃えば得点マーカーがもらえるけれど、不幸のマーカーがあれば1回だけ振り直せたり、嫌がらせが出来るのです・・・w
そして、目標とするのは4つ。
5つ以上出てしまうと、欲が強すぎてマーフィーがやってくるのです。
このマーフィーを持ったままゲームが終わると、なんと不幸マーカーが1個7点にジャンプアップ。
ひどすぎるw

とはいえダイス運。
まずはダイスを振って、どの目を残すか考える。

(5が2個でいいんじゃないの?)

マーカーも残っているし、2つくらい出るだろうし。
勘が良かったのか、次の振り直しで見事に5が出た!
5が3つならあとは余裕!
そして振り直した、その時でした。

「振り直しゴー!」
「あ、私も便乗」
「置くよねー」

残念なカラス
「えぇぇぇぇ!?今出てたよね!?」

そう。
私は今、まさに石を投げつけられたのです。

くっそーーーー!
だったら出してやろうじゃないの!

最初のダイス振りに対しては石を投げつけられないんですが、振り直しをさらに振り直させることが出来る不幸マーカー。
ただし5つ以上同じ目が出て欲張りになったら、投げつけられません。
あと、カラスの目が出ていない時には投げつけられない。

まぁ、出ないよねw
これで見事出てくれたら、私が持っている不幸マーカーを押し付けられたのに。
無念・・・
この石を投げつける行為で、かなり泥沼。
でも自分が得点マーカーを取れないなら、他の人にも取ってほしくないよねw

今日はとにかく5の目が走った。
振り直しで見事5が出た!と思ったら・・・

「あぁ!5つあるー!」
「はっはっは。残念!マーフィーあげるね」

残念なカラス
早く他の人に押し付けなければ・・・こいつがいると不幸マーカーが1個−7点になってしまう!
そんな泥沼も石を使い果たすと邪魔出来なくなり、地道に得点マーカーを取っていく。
マーフィーを押し付けるのに不幸マーカーが欲しい!
振り直させたい!
そんな思いは届かないのです。

そしてゲーム終了。
勝ったのはママ。
得点マーカーいっぱいとっても、マーフィーと不幸マーカーが揃ってたらダメだw

ちょっとの不幸は便利。
いっぱいの不幸は本当に残念。
目標が4つ出るか、カラスが3個になるまでやめられない苦しみ。
わいわい騒ぎながら遊ぶダイスゲームでした。