・パッチワーク・エクスプレス
 Patchwork Express(Lookout Games:2018)


パッチワーク・エクスプレス

キルトボードに出来るだけ空きがないように、パッチで埋めていくボードゲームです。
トド吉とプレイ。

2人用のパッチワークシリーズ。
基本的なルールは『パッチワーク』と同じです。変更点は、青いパッチタイルは場の残りが5枚になったら登場。
革パッチタイルは、時間ボードのマスに置いてあり、通過もしくは止まれば獲得。
特別タイルと比較ボーナスがなく、スタート時の一番小さいタイルは3マス。

SPONSORED LINK

パッチワーク・エクスプレス
パッチを並べてセットしたら、いざゲーム開始。

とりあえず埋める。
でもボタンがない。
だったら出来るだけ大きいので埋める。
これを繰り返しているのは、トド吉が良いパッチを取っていっちゃうから。
そうだ・・・そういうゲームだった。

時間ボードにある革パッチを取る予定で、どんどんお得なパッチで埋めていく。
どの場所を取ると相手はどれが取れて、何時間進むと自分が手番を続けて出来るか。
見た目はかわいいのに、考えることは多め。
パッチワーク・エクスプレス
大きめのパッチが多いので、埋まるのは早い。
隙間は革パッチで埋めて。
今日はなんだかきれいに埋まってきてる!
でもボタンがなさすぎて、ボタン決算しても入手するボタンが圧倒的に少ない。
ボタン不足!
そんな私と違い、トド吉は決算のたびにボタンをいっぱい手に入れていく。
埋めることにこだわりすぎたか・・・

そして、パッチが5枚になると青いパッチが登場。
パッチワーク・エクスプレス
この青いパッチ、かなりお得。
今まで大きすぎて置けない・時間だけ進めるを繰り返していたので、特に優しさを感じるw
パッチワーク・エクスプレス
下からきれいに埋めてきてしまったので、変な形に対応していない私のボード。

これを取ったらトド吉がここまでの範囲で取る・・・ちらっ
だったらこれを取ってこうすれば・・・ちらっ

ボタンが少なめだったので、ボタンを多く描いてあるパッチが欲しいのは当たり前。
しかもトド吉は手持ちのボタンが多い。

そうこうしてるうちに、時間ボードのトド吉マーカーが最後のマスへ。
あとは私が勝手に手番を続けられる。
とはいえ、もう置けるパッチがない。
結局は時間を進めてボタンをもらうだけでした。
パッチワーク・エクスプレス
そして終了。
3マス埋まらなかったけれど、いつもよりは良い出来w
もちろん、勝ったのはトド吉。

青いタイルが出てくるのが待ち遠しかった。
後半になって、ボタンや時間が少なくてすむタイルが出てくるのは、かなり優しいと思うのです。
でもその優しさも、空きマスに合わなきゃ意味がないというw
大きいパッチが多いので、時間やボタンの消費が多すぎる結果、何も出来なくて時間だけ進めたり。
もっとボタンを大切にしないとダメでした。