・ワンス・アポン・ア・キャッスル
 Once Upon a Castle(Blue Orange:2018)


ワンス・アポン・ア・キャッスル

ダイスを振って資源を手に入れ、自分の城を完成させていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは見習いモードと建築家モードの2種類のルールで遊べます。
今回は建築家モードで。
各プレイヤーは自分用のボードとチップ、お城用紙を受け取ります。
手番がきたらダイスを2個振り、資源なら自分のボードにチップを置きます。
人が出たら、お城用紙の人を描きます。
この時、他のプレイヤーはダイスを1個選んで描くことが出来ます。
最後に、ボードの行か列の隣り合うマスすべてにチップが置かれていたら、完成させてお城部分を描き込むことが出来ます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが12区画すべてを描き込んだらゲーム終了。
他のプレイヤーは最後に、1回だけチップを取り除いて完成させても構いません。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

ワンス・アポン・ア・キャッスル
とりあえず見習いモードでセットアップしたものの、やっぱり建築家モードでプレイ。
お城用紙が大きいのと、色鉛筆を準備すべきだった・・・

ゲームはいたって簡単。
手番で大きなダイスを2個振るだけ。
悩むのはその後で、2個の出目はどこにするか自分ボードを見つめる。
とりあえず得点の高い小さな塔や紋章狙いで埋めていく。
人も多ければ多いほど、最高20点まで狙える。
トド吉の手番で振られたダイスを見て、どっちをもらおうか悩むのも一緒w
「?」は任意の目に変えられるので便利。
ワンス・アポン・ア・キャッスル
気にすべきは太陽と雲。
小さな塔4つすべてが埋まると、太陽を描くことが出来て4点。
12区画すべてを埋めたら、雲を描くことが出来て4点。
どちらも一番早い人だけなので、出来るだけ早く完成させろということ。

とりあえず壁をつくろうと、資源2つで完成する壁1つに人1人を地道にやっていたけれど、効率が悪いことに気付く。
壁は一気に2つ描けたら早い。
でも必要な資源が増える。
それでも木と石が高頻度で出てくれたので、さくさくと壁を埋めつつ、時には紋章も。
ワンス・アポン・ア・キャッスル
人は増えやすいかわりに、これだけいても2点w
ひたすら自分のお城用紙を見つめているので、トド吉のをチェックする余裕なし。
そのうち、小さい塔をつくりながらカードを入手するトド吉。
カードはそこまで重視していなかったけれど、すぐに資源がもらえたり便利そう。
だったら私も狙ってみようと思ったけれど、あれもこれもは失敗するので我慢。
ワンス・アポン・ア・キャッスル
カードのイラストがかわいいw
慣れてくるとどんどんスピードアップ。
あっという間に埋まっていくお城用紙。

「完成!あ、でもこれゲーム終わっちゃうな?」

私が完成させるタイミング。
トド吉を見ると、まだ完成しなさそう。
だったら紋章1つ増やしておくか・・・これが大失敗。

トド吉の手番になり、まさかの出目炸裂。
これでいろいろ完成してしまい、ゲーム終了フラグ。
でも私もカード効果を再び使用出来る効果が揃ったので、それで資源を手に入れて12区画完成!
もう何も出来ることはなかったので、いざ得点計算。

そう・・・最後に紋章でもなんて考えてたので大失敗。
さっき終わらせていれば勝てたのに、敗北してしまったという。
ワンス・アポン・ア・キャッスル
せっかくきれいに出来上がったのに・・・

「さっき終わらせてたら勝ってたのにね」
「ほんとだよ!紋章なんていらなかった!」
「そういう日もあるさ」
「悔しい!悔しい!悔しい!」

紙ペンゲームは描き込むのが楽しい。
これで色鉛筆を準備していたら、さぞかしきれいなお城が出来上がったと思うとさらに残念。
ルールはダイス目に従って資源を入手していくだけだし、城が出来上がっていくのを目で見ているので、わくわく感がたまらなかった。
プレイ時間も約30分で終わるし、慣れればもっと効率良く出来そうなのでプレイ時間も短縮出来そう。