・オハナミ
 Ohanami(Nurnberger-Spielkarten:2019)


オハナミ

カードを並べて最大3つの庭園をつくり、得点を獲得していくカードゲーム『オハナミ』です。
トド吉と2人でプレイ。

カードをよく混ぜたら各プレイヤーに10枚ずつ配り、残りは山札にしておきます。
ゲームは3ラウンド。
各ラウンドではカードを2枚選んで残りを隣りのプレイヤーに渡し、全員が渡し終わったら、残した2枚を自分の庭園に置くか、すでにカードが置かれている庭園に追加します。
この際、カードを使わないを選択することも出来ます。
カードを今ある庭園に加える時は、最大の数字より大きい、最少の数字より小さいカードしか加えることが出来ません。
その後、隣りのプレイヤーから渡されたカードから2枚を選んで次の人に渡し、列に加えるのを繰り返し、全員の手札がなくなったらラウンド終了で得点計算。
得点をメモしたら庭園をそのままにして、カード山から新しいカードを配って次のラウンドへ。
これを3ラウンドやり、最終的に得点の一番高いプレイヤーが勝者になります。

SPONSORED LINK

オハナミ
最初の2枚を選んで取ったら裏向きで置く。
残りはトド吉に渡して、一斉にオープン。
最初なので、とりあえず庭園2つでスタート。
オハナミ
が、カードを見ると割とばらつきがひどい・・・
庭園3つなので数字をばらつかせようと思ったけれど、早々に厳しそう。
100超えてる数字はまだいらない。
これを置いたらその庭園はほぼ死んでしまう。
まぁ小さい数字は置けるんだけど、大きい数字が最後に残ったら捨てるしかないわけで。

今回は2人なので、また回ってくるかな?という淡い期待を持ってカードを渡す。
渡されたカードから、トド吉がどれを狙ってそうか、自分なら使えそうか判断して残す。
最初のラウンドは青しか得点にならないけれど、次は緑も得点になるので緑残しで。
オハナミ
2ラウンド目が終わると、カードも捨てていなければ20枚並ぶ。
うん。華やかw
花見って感じはまったくしないけれど、桜はゲーム終了時に枚数で得点になるので、いっぱい欲しい。
黒も3ラウンド目なら1枚7点だし・・・と、自分に言い訳しつつ。
でもここまでは調子いい。

3ラウンド目になると、数字がくっつきすぎている上に、もう置けない数字が増えてくる。
悲鳴しかない・・・
そういう時はカードを捨てる。
トド吉は置けるので、あえて渡してあげる義理はない!

「これ捨てるわ」
「こっちも捨てよう」

見ればトド吉が黒を多く持っている。
負けてなるものか・・・でも数字が・・・
オハナミ
最終的にはかなり上下にのびたカード並び。
意外に場所使うね、これ。
そして得点計算。
オハナミ
うおー!僅差で勝った!
2ラウンド目の緑が大きかったのとピンクの桜だよね。
やはり石より桜!

ゲーム始める前は、3つの庭園の数字を調整していけば簡単じゃない?と思ってた。
実際はランダムで出てくるから、数字通りに入手出来るわけがない。
どの列をどうのばすか考えておかないと、結局は捨てるか他の人に渡ることになる。
プレイ時間は30分もかからないのに、しっかりしたプレイ感でおもしろかった。
でもこれ、オハナミというより庭園観賞に近い気がするw