・オブスクリオ
 Obscurio(Libellud:2019)


オブスクリオ

魔法の書からのヒントを元に、迷宮からの脱出を試みるボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームでは、プレイヤーは非対象型で、1人の魔法の書役、1人の裏切り者、そして他全員が魔法使いです。
魔法使いは迷宮と化した図書館からの脱出を目的とし、魔法の書は魔法使いを手助け、裏切り者は魔法使いを図書館から出さないようにします。
まずは魔法の書が1枚の脱出路を選んで自分だけが確認し、さらに2枚のカードを魔法の書にセットして、魔法使いにヒントを出します。
このヒントを手がかりに、並べた6枚の中から正しい1枚を選びます。
ただし、裏切り者が選んだ正解によく似た1枚も混ざっています。
間違えた魔法使いたちは、結束トークンを受け取りますが、結束トークンがなくなると裏切り者を探すことに。
魔法使いたちが前進トラックを最後まで進め、結束トークンを1つでも持っていれば魔法使いの勝利。
逆に結束トークンが闇のエリアから取り除かれたら、裏切り者の勝利です。

SPONSORED LINK

正体隠匿というか、この中に1人だけ裏切り者がいる!というゲームだけど、2人プレイなので、1人が魔法の書で1人が魔法使い。
ちなみに3人でも同じ。
裏切り者への弾劾裁判がないので、単純に結束トークンがなくなる前に脱出を目指す。
オブスクリオ
トド吉が魔法の書を担当。
私は魔法使いで2キャラ持ちで、いざスタート。

トド吉がまずは1枚カードを引いてじっと見る。
その後、本にカードが2枚セットされるも、静かに一言。

「これ・・・難しいよ!」

そうなのか・・・
中身がわからない私は、とりあえず待つだけ。
そして、カード山から5枚引いてボードに並べる。
オブスクリオ
そう。2人プレイだと、この格好いいブックレットは使われないという。
本来なら、魔法使いたちが目を閉じてる間に、魔法の書が裏切り者にブックレット見せて選ばせる形。
ぶっちゃけ、どれが正解なのか見分けるの大変なので、裏切り者がいてもいなくても難しい。

砂時計の砂が落ちている間に、正しい脱出路のカードを探す。
ヒントを元に・・・

ヒント・・・

ヒントになっているような、なっていないような?
これだ!と思うカードにトークンを置く。
そして、魔法の書から伝えられる事実。

「・・・正解!」
「よし!」

オブスクリオ
いかにも魔法使いっぽいおばさん。
こっちははずれた。
でももう1人のおねえちゃん魔法使いは当たったので、結束トークンをボードから取るのは1つで済んだ。

実はこの後、ストレートで当ててしまい、スムーズに脱出出来てしまったという。
自分のヒントの出し方が良かったと自慢していたトド吉だけど、それは私の勘がよかったんだ!と感想戦。
オブスクリオ
むしろ、これで当てた私が偉いと思うw

このゲームでは、最低4人はいないと裏切り者がはいりません。
4人以上で遊ぶ場合でも、最初は裏切り者をいれずに遊んで、慣れたら裏切り者をいれましょう的なことは書いてありました。
もっとも、正体隠匿系は苦手なので、単純に制限があるイラスト当てゲームとして、これはこれで楽しかったです。
というか、次に魔法の書と魔法使いを交替してやったけれど、確かにヒント出すのは難しいw
そこまで難しくないだろうと思っていたけれど、実際やってみるとかなり悩むのがわかりました。



ボードゲームオブスクリオ 多言語版 (Obscurio)
駿河屋