・マウンテンズ
 Mountains(HABA:2018)


マウンテンズ

必要な道具を揃えて登頂し、登頂記録スタンプを集めていくボードゲーム『マウンテンズ』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

他のプレイヤーが持っている道具を借りながら、登頂していきます。
テーブルに山ボードを広げ、登山カードを置きます。
登山カードは難易度別に分け、それぞれを裏向きでよく混ぜ、所定の場所に裏向きのまま置きます。
各プレイヤーは、最初に持つ用具カード・登頂記憶シート・好意の印を持ちます。
手番では、まず好きな登山カードの山札を選び、1枚めくります。
次に登山に必要な道具を手札から出し、足りない道具は好意の印を贈って他のプレイヤーに借ります。
必要な道具がすべて揃っていれば、登頂シートにスタンプを押します。
揃わず登頂を断念した場合は、そのまま手番終了です。
これを繰り返し、難易度3以上のカード山が2山なくなったらゲーム終了。
もっとも多くスタンプを獲得した人が勝者になります。

SPONSORED LINK

通称大人HABAシリーズ。
ルールがとても簡単だし、スタンプを実際押すというのにテンションが上がるw
マウンテンズ
いざゲームスタート!

まずはどの難易度で行くか・・・まぁ最初は難易度低めのところから様子を見るよね。

「ここにする!」

めくったカードに描かれているのは、救急セットとカップ。
どっちも自分では持っていない。
ここで他の人の手を借りなければいけない。
1人を指名し好意の印をそっと渡す。

「いたるさん、カップ持ってる?」
「・・・持ってない!」
「がーん!」

無駄に好意の印を消費してしまった。
トド吉に救急セットを聞いてみても持っていない。
実はこの聞き方が悪くて、実はトド吉が最初からカップを持っていたというのは後で知ったこと。
何せ、自分の以外は誰が何を持っているかはわからないから、手探り状態。
ゲームが進む中で、少しずつ情報が出揃ってくるわけで。

スタンプを1個ずつ押していても埒があかないということで、果敢に難易度高めを狙う。
マウンテンズ
好意の印を7個消費すればスタンプが2個もらえる。

「無理!誰かやる?」

このすぐに登頂スタンプがもらえるカードは、他の人も恩恵にあずかれるのです。

「いや無理でしょ」
「じゃ、おれ押すわ」

難易度高いからといって、必ずしも道具が必要というわけではない。
スタンプが・・・スタンプが欲しいだけなのに!
ちなみに、手番開始時に好意の印が1個もない場合、休息(パス)して3個入手出来るのです。

ゲームが進み、増えた道具で救急セット・方位磁石が増える。
カップと靴はトド吉が持ってるし、カラビナは2人が持っている。
うん、覚えきれないw
マウンテンズ
自分の道具もかなり揃ってきて、これなら1人で登頂出来るだろうと選んでみても、そういう時に限って持っていないものが出る。
登頂難しい・・・!
マウンテンズ
好意の印4個でスタンプがもらえるなら、喜んで消費しますとも。

聞いては好意の印を渡していると、気付けば手元にない。
だって、私には道具の有無を聞いてくれないんだもの!
いたるさんがトド吉に聞いてるのを見ては、私だって持ってるよ!と何度言いたかったことかw

「休息する」
「おれも休息する」
「おれもだな」

みんな休息の時もあったりw
それでもゲーム終了が見えてくると、何とかスタンプをためたくて必死。
手元の好意の印は余裕がないので、一発狙ってほどほどの登頂で目指す。
道具が揃ってきているので、成功率も高い。
けれど、トド吉のスタンプには追いつかない!

そして、ゲーム終了。
マウンテンズ
がんばったけれど、トド吉に1個及ばず。

誰が何を持っているのか、ゲームが進めばわかってくるので、覚えておくのが肝。
さらに途中で道具を増やすことが出来るので、さっきは持っていなかったけれど今は持っているという状況にもなります。
自分が持っていても必要なければ出す必要がなく、道具を秘密裏に持って出し抜けたり。
実際にスタンプを押すという行為そのものも、楽しさを増やしてくれています。
あてずっぽうゲームから記憶ゲームへ変化していくのも、楽しかったです。
何と言っても一番笑ったのは、スタンプが少なかったいたるさんの一言。

「もっと山登りたかったよ・・・」