・スピード・スピログラム
 Magic Mandala(Lifestyle Boardgames:2018)


スピード・スピログラム

パターンディスクを重ねて、お題通りのパターンをつくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、違うパターンのディスクを3枚ずつ受け取ります。
チャレンジカードをよく混ぜ、テーブル中央に重ねて山にしておきます。
ゲームは、まずチャレンジカード山の一番上を裏返します。
全員一斉に自分のディスク3枚を使って、カードと同じ図形をつくります。
一番最初に完成した人は、チャレンジカード山の上に手を置きます。
全員が手を止めて、正解チェック。
同じ図形だった場合、完成させた人はそのチャレンジカードを受け取ります。
これを繰り返していき、誰かがチャレンジカードを5枚集めたら、その人の勝利でゲーム終了です。

SPONSORED LINK

スピード・スピログラム
パターンディスクは両面仕様で、表と裏で色も違います。
これを3枚重ねて見える図形が、チャレンジカードと同じならいいわけで。
早速チャレンジカードをめくってスタート。

あの手この手で重ねては順番を入れ替えて、同じ図形をつくる。
出来たと思っても、細かいところが違っていたりするので、油断は出来ない。
スピード・スピログラム
「できた!」
「できた」

手を置くのをすっかり忘れ、お互い言葉で自己主張。
さらに、これだとどっちが早かったのか判定してくれる人がいないw
判定が出来なかったので、そのままそっと山の一番下に入れる。
ルールは守りましょう。

次のチャレンジカードをめくって、スタート。
スピード・スピログラム
「できた!」
きれいに重なるとうれしい。
慌てるあまり、細かいところはチェック出来ていなかったけれど、見事カード獲得。
楽しいじゃない!

最初は調子良かったものの、中盤で失速。
トド吉がスピードアップしてきて、カードを持っていく。

「できたー!」
「あれ?それちょっと違うでしょ」
「ほんとだーーーーーー!」

こういうこともよくある。
自分には甘く、人には厳しいw
スピード・スピログラム
「できたーーーー!」

ここからは再び私がスピードアップ。

(あと1枚・・・あと1枚完成させたら勝てる・・・)
スピード・スピログラム
「勝ったー!」

パターンあわせのゲームは、ついつい力が入りがち。
確かに5枚くらいがちょうどいいかも。
集中力が続くのも、それくらいの時間なので楽しく終わることが出来る。
終わったあと、残ったカードをめくって色々試してみるのも楽しい。
時間の競争がなければ、のんびり出来るはずなのに、無意識に競争してしまうのは仕方がないことなのですw



ボードゲームスピード・スピログラム (Magic Mandala) 日本語版