・リ・ラ・ラウト
 Li-La-Laut(Nurnberger-Spielkarten:2018)


リ・ラ・ラウト

音屋さんの出す音で、車がどこに止まるのか当てるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

タスクカードを裏向きでよく混ぜ、山札としてテーブル中央に置きます。
ターゲットカードは表向きで円形に並べ、いずれか1枚に車カードを置きます。
まず、音屋さんがタスクカード山札の一番上から1枚めくり、自分だけ確認します。
カードには、上半分に出す音、下半分に車の目的地が描かれています。
音の大きさが車が進む距離を表します。
他のプレイヤーは順に、目的地を予想して宣言していきます。
当たった人は山札からタスクカード1枚を得点として受け取り、音屋さんは自分が使ったカードを得点として受け取りますが、誰も当てられなかったら、誰も点数をもらえません。
次の人が音屋さんになって、ゲームを続けます。
これを繰り返し、山札がなくなったらゲーム終了。
手持ちのカードを一番多く集めた人が勝者になります。

SPONSORED LINK

今回はペアでプレイするので、お互い同じチーム扱い。
音屋が音を出し、もう1人が2回まで答える。
当たったら、当てた人がカードを受け取ります。
最後はカードを多く取ったほうが勝ち。
リ・ラ・ラウト
ターゲットカードを円形に並べて、車を置いたらゲームスタート。

山札からカードを引いて見る。
描かれている「物」が、車から何歩かチェック。
目線でばれるので要注意w
そして、指定の方法で音を出す。

パァァーン!

「ここ?」
「はずれ」
「じゃ、ここかな」
「当たり!」

拍手とテーブルを叩くのはいい。
問題はヘビとネイティブアメリカン。
トド吉が変な鳴き真似してるなーと笑っていたら、ついに私にもきた。
リ・ラ・ラウト
「シャ、シャァァ」
「え?」

ヘビが近付く音が何かわからないので、なぜかこれ。
歩数が4歩なので、あまり強くも言えないし、かといって弱すぎてもダメ。

「ここ?」
「はずれ」
「ここ!」
「あぁ!惜しい!」

当てられなかったのは捨て札。
リ・ラ・ラウト
拍手は割と簡単。
序盤こそ、どの音量がどのあたりかわからないので悩んだけれど、続けていけばこの音量ならこれくらいがわかってくる。
でもカードをめくってもめくっても、山札はまだまだあって。
正直、途中でやめてもいいんじゃ?と思ったけれど、一応最後まで続ける。
そして、続けていくと上達していく音。
実は聞き分けることが出来てくると、ゲーム展開が早くなってくる。

「シャァー!」

「ここでしょ!」
「当たり!」

問題は、トド吉がその時によって音量が違うこと。
ちゃんと統一してくれないと、まったくわからん!

「その音量だとさっきはここだったけど?」
「え?そうだっけ?そこはずれ」
「んもー!」

それでもある程度は音量でわかるようになってくると、ゲームも終わり。
勝ったのはトド吉。
もっとも、毎回違う音量で統一性がなかったトド吉に、もちろんダメ出ししましたw

音量で位置を当ててもらうというのは、ちょっと変わってるというか。
テーブルを叩くのは、昼間のほうが遠慮なく出来ていいね。
聞こえた音にダメ出しするのを含めて、楽しく盛り上がれるゲームでした。