・ランタンダイス
 Lanterns Dice: Lights in the Sky(Foxtrot Games:2019)


ランタンダイス

池に灯籠を浮かべ、花火を打ち上げて得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、全員が違うスコアシートを1枚ずつ持ちます。
ダイストレイをテーブル中央に置きます。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番をおこなっていきます。
手番がきたらダイストレイにダイス4個を振り、贈り物を献上することで、振り直すことが出来ます。
ダイストレイの向きを決め、全員に1個ずつダイスを割り当てます。
各自、割り当てられたダイスと同じ灯籠を塗りつぶします。
手番の人だけは、ボーナスと同じ灯籠も塗りつぶします。
この後、贈り物を献上することで皇帝アクションを1回実行します。
手番終了時に、可能なら花火タイルを1つ配置することが出来ます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、規定のラウンド終了後に一度だけ花火を打ち上げてゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

シートは100枚の束。
びりっとはずして、1枚ずつ持つ。
ランタンダイス
ペンを持ったら、いざゲームスタート。

手番では、まずダイスをトレイに投げ込む。
が!いまいちピタッとは入らないので、ちょっと揺らしたりw
ランタンダイス
「黄色がいいから、私は黄色」
「んじゃこっちは白だね」

2人なので、自分が選んだ対角が相手の分。
お互い自分のシートに書き込む。
基本的にはこれだけ。
ランタンダイス
場所によってはボーナスがあり、黄色くて丸いのは東屋。
接する灯籠を塗りつぶすと皇帝から贈り物を賜る。
この贈り物が便利。
対角のダイスの分も書き込めたり、出なかった色を塗りつぶせたり。
四角形は浮壇で、接した灯籠を2つとも塗りつぶすと、さらに隣接している灯籠を塗りつぶせるのです。
そして、ゲームが進んでから(勝手に)ルールミスをしていることに気付く。

「ごめん。シートチェンジしてやり直したい」
「いいよー」

仕切り直し。
さっきまでのは練習ということでw
ランタンダイス
埋めていく過程で、決められた形を塗りつぶせると花火が上がるのです。
どの形も、より早く完成させた人のほうが得点が高い。
見ればトド吉は大きな花火をあげている。
負けてなるものか!
ランタンダイス
そんな気合いが空回りして、ダイスが2色しか出ない。

「これ選択の余地ないよね?」
「そうだね。2人とも同じ色になっちゃうね」

同じようなことが数回続いた後、細かく塗りつぶしていた位置で花火を打ち上げる。
ようやく皇帝のアクションの便利さがわかってきたというか。
バラバラの位置を塗りつぶしても完成しないことを知っているので、どんどん皇帝からの贈り物を使って、どんどん埋めていく。
ランタンダイス
まぁ、でも負けるんですけどね。

それにしても、紙ペンゲーム流行っているんだなーと。
ランタンというより、模様が入っているマスを埋めていくゲーム・・・かな?
どこを埋めようか悩んで書き込んでいるうちに、ゲームがどんどん進んでいってしまう感じ。
終わった後、あそこでこうすればよかった!と思い出すので、楽しんでいるんだとは思う。
正方形が2つに分かれているので、なかなか色が揃わず、いかに効率良く花火をあげるかに夢中でしたw