・カング
 Kang(Blue Orange:2018)


カング

カンガルーコマを動かして、相手の最終ラインを超えさせる2人用のボードゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードに描かれているのは36マス。
各自持つのは大・中・小のカンガルーをそれぞれ2つずつ。
最初だけお互い同じ数のカンガルーを持っていますが、ボードに配置した後はどちらのものかの区別はありません。
手番は交互におこない、まず自分の一番手前にあるカンガルーを移動させます。
カンガルーは、自分の背の高さと同じ数だけ移動します。
移動を終えたマスに他のカンガルーがいたら、そのカンガルーを土台にしてさらに移動するか、自分がそのマスに居座って他のマスに移動させてしまうことが出来ます。
動かしたカンガルーが相手の最終ラインをちょうどの歩数で突破したら、得点としてアルファルファタイルを1枚獲得します。
先にアルファルファタイルを3枚集めたほうが、勝者になります。

SPONSORED LINK

カング
まずは私が先手番でゲームスタート。
動かすのは常に、自分から見て一番手前のカンガルーのみ。
まずはボードに出しながら、良い場所を取って次を動かして・・・
自分がどうやって相手ラインを超えるかしか考えていなかったのです。
カング
ついつい先のカンガルーを動かそうとしては、それはダメ!と注意される。
夢中になればなるほど、同じ間違いをしてしまう。
必死に考えてるからこその失敗。
そして・・・

「もう終わってるけど?」
「あぁ!?」

そりゃそうだよね!
知ってた!

続いて2回戦目。
さすがに2回目は、少しはがんばる。
踏まれないような場所に、自分は踏めるように配置。
先にこっちへ超えてきたのはトド吉。
カング
最終ラインを超えられた側は、直後の手番では相手の最終ラインを超えられないルール。
仕方なく、きれいに出来上がってしまっている足場を切りにいくしかない。
同じことをしてもダメなので、背の高さで調整してパンチ!
そうしないと、一方的に最終ラインを超えられ続けてしまう。
そして、私も最終ラインを超える。
このゲームの悩ましいところは、いつ踏んだカンガルーを別の場所に移動するか。
相手の踏み台にならないよう、自分だけが踏みたいけれど、移動出来るのは常に最後尾のカンガルーだけ。
あと1つ、もうちょっと・・・と考えている間にも、どんどん踏まれてしまう。
ぎりぎりで止まってくれれば、逆に私が動かせるのに、そんなミスはしてくれない。
カング
さっきより善戦したものの、最後は1手先に3つ目のアルファルファタイルを取られてしまう。

「いやこれ悔しい・・・」
「もう1回やる?」
「何度やっても勝てる気がしない・・・」
「そうだろうねぇ」

5分で終わるからこそ、1手が響く。
考えて考えすぎて失敗するのもよくあること。
でもこれ、アブストラクトでも好きなほうだなぁ。
失敗したとしても、すぐにもう1戦出来るしw

このゲーム、ギガミックから出ていた『ギュゲース(Gyges)』のリメイクなんですよね。
あっちは見た目も完全にアブストラクトだけど、こっちはカンガルーが描かれている分、かわいいです。
まぁゲームはガチガチのアブストラクトですけどね・・・
褒めるべきはこの収納性。
カング
きちんと深さも調整されているので、きれいに片付けが出来ますw