・ホンガ
 Honga(HABA:2018)


ホンガ

サーベルタイガーから守りつつ、食料などの物資を入手し、得点を獲得していくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にボードを広げ、各種カードを裏向きでよく混ぜて準備します。
各プレイヤーは、自分の色を選んで食料トレイとマーカーを受け取ります。
そして、灰色のアクションカードを1枚ずつ引いて持ちます。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番をおこなっていきます。
手番がきたら、アクションカードを4ヶ所のうち1ヶ所に置きます。
続いてサーベルタイガーのホンガの襲撃チェックをしたら、アクションの実行。
アクションカードの場所でアクションをおこない、この時ボーナスカードを使うことも出来ます。
最後にアクションカードを補充したら、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かの得点マーカーが規定の得点マスに到達したら、スタートプレイヤーの手前の人まで手番をおこなってゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

ホンガ
2人プレイなので、ゲーム終了ラインは40点。
いざゲームスタート。

まずはカードをやりたいアクションの場所に置く。
でもホンガの襲撃は避けたい。
カードを見て、手が描かれている部分を合わせるとベリーを探す程度。
それでもベリーやキノコ、水は他の一族との物々交換で得点化出来るわけで。
地道に貯蓄していく感じで。

ひたすらベリーを集めたり礼拝しているうちに、トド吉はマンモスの牙を取りにいく。
ここから一気にゲームが加速する。
草原内で自分のマンモスが最多な限り、補充するカードが違う。
ホンガ
褐色のカードが登場。
最初から使っている灰色のカードと比べて、あきらかに強い。
でも今さら感があったので、地道に貯めこんだベリーを物々交換で得点化していく。
さらに礼拝の頂上までいき、早々に5点獲得。
ホンガ
実はこれが大失敗だったという。

「もうホンガとかどうでもいい!」

トド吉はホンガから守るのをやめた。
ホンガの襲撃を気にしなければ手を他に使えるので、効率良く物を集めたり出来る。
ただし、毎手番でホンガに物を1つ食べられてしまう。
食べられるより入手出来るほうが多いのなら、ホンガなんか怖くないわけでw
ホンガ
手が増えるのは強い。
使いにくそうだけど、圧倒的に強い。
とはいえ、私がいまさらマンモスに行っても仕方ない。
貯めこんだ物で物々交換していくけれど、それを軽くこえる得点をたたき出しているトド吉を眺めながら、これはダメだと理解するw

トド吉がマンモスの物々交換で10点を獲得し、勢いそのままで40点到達。
私がスタートプレイヤーだったので、これでゲーム終了。
トド吉の勝利。

サーベルタイガーのホンガを警戒しすぎた!
もう、これに尽きる。
毎手番1個くらい、与えてしまえばよかった。
遊んだ後、ここまで自分に悔しい思いは久々でした。
次回は絶対勝つw