・ハスプ
 Hasp(Agie Games:2018)


ハスプ

2対2のチーム戦で遊ぶカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームは、手札から1枚ずつ出していき、もっとも強いカードを出した人が出されたカードを獲得するトリックテイクです。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5つのステップを行います。
まずチームを決め、その後ディーラーを決めます。
次にディーラーが全員に3枚ずつカードを配り、ディーラーの左隣りの人が切り札の有・無を決めて宣言したら、さらに4枚のカードを各プレイヤーに配ります。
最初の手番だけ、カードを出す前に予測かパスを宣言してから、最初のプレイヤーと同じ色のカードを手札から1枚出します。
全員が出したら、もっとも強いカードを出した人が出されたカードをすべて受け取り、次のカードを最初に出す人になり続けます。
途中で予測をはずした人がいたら、即座にラウンド終了。
そうでなければ、7回トリックを行いラウンド終了して次のラウンドへ。
どちらかのチームが12点になったら、そのチームの勝利でゲーム終了です。

SPONSORED LINK

カードは1から6までが書かれた4色24枚と常に切り札の灰色7から10が1枚ずつ。
今回は3人プレイなので、個人プレイで切り札の宣言がありません。
カード構成が変わり1を使わず、配った後に残った3枚の一番上を公開して切り札にします。
ハスプ
最初の手札が配られ、切り札が公開されたら、得点となるスコアマーカーを中央に置いてスタート。

まずは予測で、出来る予測は4つとパス。

「おれ9持ってるんだよね」
「パス」
「パス」

予測したのは1人だったので、今回勝てれば2点獲得チャンス。
あとは普通にトリックテイクをやっていくだけ。
マストフォローなので、基本的には同じ色のカードを出していくだけ。
ただし、最初に出された色が手札にない場合、切り札を持っていれば必ず出します。
手番がまわってきて好きな色が出せるのは、その色も切り札も手札にない場合だけ。
手札すべてを使い切ったらラウンド終了。
獲得したカードに描かれているポイントを合計し、もっとも高かった人がスコアマーカーを獲得して得点をメモ。
ここまでは割と普通のトリックテイク。
ここに予測がはいると、ゲームががらりと変わります。

「よし。ノーファインド!(トリックを1つもとらない)」
「私はどっちつかずだからパス」
「グレートファインド!(灰色の9を持っている)」

場に出たスコアマーカーは3つ。
これは・・・トド吉にトリックを取らせればいい。
でも自分でもトリックを取っておかないと、脱落後の判定で負ける。
いたるさんと私が順調にトリックを取り、運命の瞬間。
ハスプ
トド吉、黄色が枯れたことにより切り札の青でトリックを取ることに。

「あ゛ー!失敗だ!」

ここでラウンド終了。
あとは私といたるさんの判定で、私が3点ゲット。

これを誰かが12点取るまで続けていくという。
今回は私が12点に到達して終了となりました。

うーん・・・長い。
1ラウンドあたり手札は7枚。
手札がいまいちなら誰も予測しないので、1点の取り合い。
これを12点になるまでというのは、かなり長く感じます。
これはあれだ。
トリテが好きすぎる上級者が遊べば、楽しさがわかるんじゃないのかな?という感じなのかな。
とにかく4人でチーム戦を遊んでみたいと思います。