・ゴビ:砂漠の民
 Gobi(Capsicum Games:2018)


ゴビ:砂漠の民

ゴビ砂漠を襲った大嵐で、散り散りとなった砂漠の民を集わせ得点を獲得していくボードゲームが『ゴビ:砂漠の民』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

スタートとなるタイルを4枚、テーブル中央に並べます。
残りのタイルは裏向きのままよく混ぜ、各プレイヤーの枚数が均等になるように分けます。
受け取ったタイルは裏向きのまま山にして、自分色のラクダコマを受け取ります。
贈り物タイルを準備したら、ゲーム開始。
手番では、自分のタイル山から1枚引いて配置するか捨て札にし、対応するタイルにラクダコマを配置します。
次にルートを確認し、完成していれば贈り物を受け取ります。
この時、ルートの両端のラクダコマは、自分の手元に戻します。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、すべてのタイルが置かれたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

最初に言いたいことは、とにかくタイルが見辛いこと。
照明が黄色系だと、本当に色の判別がつきにくいです。
もっとも・・・タイルには種族の名前が書いてあるので、それを確認すればいいとは思うんですが、色があったら色で判別するよね、と。
ゴビ:砂漠の民
セットアップが完了し、いざスタート。
やることは簡単で、自分が持っているタイル山から1枚引き、それを場のすでに配置されているタイルに隣接するよう置くだけ。
ただし、配置する時のルールで、同じ部族のタイルは隣接させることが出来ないのです。
この時、自分が配置したタイルに接しているタイルにラクダコマを置きます。
でも置いたばかりのタイルには、ラクダが置けない。
ルートは自分のラクダコマが繋がることで出来上がるので、ちょっと遠回りしてもラクダコマで繋ぐ必要があるわけです。
タイルは他の人と一緒にいられるし、ただただ自分のルートつくりだけを考える。
ゴビ:砂漠の民
7点の珈琲狙いでつなげていたのに、途中で短いルートが出来上がってしまった時。
両端を取り除いたことで、長いルートの完成が遠のく。
そして、周りにはタイルがすでに置かれていて、元の位置にラクダが置けない。
これは困ったぞ・・・
そんな時の便利アクション。
タイルを捨て札にして、ラクダをすでに配置されているタイルに置けるアクション。
ただまぁ、捨て札にしちゃうと、最終的にタイル1枚マイナス1点なんですけどね・・・

ゴビ:砂漠の民
細かくルートを作って受け取ることが出来るのが品物と祝福。
祝福はゲーム終了時に達成していれば得点に。
品物は特殊効果があり、一度だけ使うことが出来て便利。
このどちらを取るかで悩むw
赤の品物は、とにかく便利な効果付き。
ラクダコマが4個でも珈琲をもらえたり、ラクダを2個置けたり。
でも得点は低め。

どんどん減っていく贈り物を見つめながら、何とか珈琲ルートをつくれないか考える。
7点は正直大きい。
そのためには、短いルートが出来ないように注意してタイルを配置したり、自分のラクダを1枚のタイルに2枚置いたり。
最初から最後まで、珈琲しか見ていなかった。
ゴビ:砂漠の民
出来るだけラクダをばらまき、手元からなくなると、すでに置いたラクダを取って再配置。
これを上手く使うことで、何とか珈琲ルートが完成。
さらに、品物の効果を使って、4コマで珈琲ルートを完成させる。
ずっと静かにしていた分、終盤でのラッシュがすごい。
取れるものは取れる時に・・・w

そしてゲーム終了となり、勝ったのは私!
珈琲は強かった。

最初の頃にも書いたけれど、タイルが地味というか見難いというか、認識間違いが割と発生した。
黄色い照明の下だと、かなり厳しい。
舞台が砂漠なので、タイルも砂漠の砂になっているのはいいけれど、部族の見分けは中央の文字が頼り。
簡単なルール、悩ましい展開、望んでいないルートの完成で悲鳴とおもしろい要素は揃っている。
でもテンションが上がらないというか、終わった後のもやっとした気持ちというか。
なんかもったいないような気がするなーと思うのでした。



新品ボードゲームゴビ:砂漠の民 (Gobi)