・ファヴェーラ
 Favelas(WizKids:2017)


ファヴェーラ

リオデジャネイロの貧民街を舞台に、評議会の注文をききながら美しい街をつくるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、プレイヤーボードを1枚受け取ります。
この上に建物タイルを重ねていくことで、注文通りの外観をつくっていきます。
ゲームは3ラウンド。
各ラウンドでは建物タイルの山から年末タイルが出てくるまで、スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していきます。
手番では、いずれかの建物タイルを選んで受け取り、自分のボードに配置します。
選べるのは、公開中のタイル・裏向きの建物タイル山の一番上・裏向きの建物タイル1マスサイズの一番上のいずれか。
配置した時に同じ色マスを覆ったら、評議会ダイスの目を変更します。
これを繰り返し、建物タイルの山から年末タイルが出てきたら、その手番終了時にラウンドも終了。
得点を計算し、次のラウンドへ。
3ラウンド終了後、得点がもっとも高かった人が勝者になります。

SPONSORED LINK

評議会と呼ばれるダイスは、全部で6色。
5色と透明が1個で、透明は5色すべてが見える状態でタイルが配置されていたらもらえるボーナス。
まずは親がダイスをじゃらーっと振る。
ファヴェーラ
6とか5が見えると熱い。
各色の得点は、それぞれの色で一番多く見えている人しかもらえない。
それを踏まえて、ゲームスタート。

今回は公開されているタイルがいまいち。
どれも同じ色の組み合わせで、最初から全員同じ方向へ。
これではダメだ・・・
でも5色ボーナスが惜しい。

5色残しつつ、どれかの色で最多を取ろうと思ったら、他の色をつぶす。
同じ色のタイルを重ねるとダイスの目をいじれる。
低いなら上げればいい。

でも高かったら・・・?

その色を狙っていない人に下げられる。
そりゃそうだw

ファヴェーラ
黙々とタイルを配置していると、年末タイルが出てくる。
全員得点が変わらないw
最多は同枚数なら、両方に得点が入るのだから。

そして2年目。
最初のラウンドで色が偏った分、そりゃ偏るよねw
ファヴェーラ
そんな中、いたるさんが色を偏らせたことで展開が変わる。
ここで点差が開き、そのまま最終ラウンドへ。
というか、本当に黙々と重ねているだけなので静かw

そして3ラウンド目。
ここまで安全策で色を重ねてきたけれど、どうしても開いた点差が縮まらない。
どの色を捨てようか悩むけれど、出ているタイルがそれを許さない。
そんな時は・・・山の上から引く!
が、ダメ。
そりゃまぁ、あれだけ偏った出方していたら、最後はこうなるよね的な。
それでもダイス目は高めなので、隙あらば最多を取りにいく。
色を偏らせたことで、いたるさんのボードに空洞が出来るも、1マスタイルで埋められるので影響は少ない。
ファヴェーラ
結局、みんな似たような展開になり終了。
途中で開いた差が縮まらないまま、いたるさんの勝利。

実は最初のプレイヤーボードを起点に、広げていくのかと思っていたら違ったw
限られた狭い中で、いかに得点を重ねていくか。
最多にならないなら、いっそつぶしてしまえ!と思うけれど、5色ボーナスが5や6だとそうもいかず。
それでも全体的には静かで、淡々と遊んでいました。
まぁ、手軽なパズル的なゲームかな。
色遣いが鮮やかなので写真映えはしそうだけど、これだけ新作が多いと埋もれるんじゃないのかなぁ。



新品ボードゲームファヴェーラ 完全日本語版 (Favelas)
駿河屋