・マメであれ
 Erbsenzahlen(HABA:2018)


マメであれ

広がって散らばった豆を拾い集め、順序よく集めることでもらえる大きな豆を集めるボードゲーム『マメであれ』です。
トド吉と2人でプレイ。

すべてのマメカードを裏向きでよく混ぜ、テーブル上に広げます。
手番では、まずテーブル上に広がるマメカードの中から、4枚選んでめくり、自分の前に置きます。
次に粒が描かれているマメカードを昇順になるよう、自分前に並べます。
マメカードには、つぶれマメやボーナスマメ、災難マメ、マメどろぼうがあり、それぞれの効果を適用します。
そして次の人の手番へ。
1から6までのマメカードが連番で揃ったら、取り除いて箱に戻し、大きいマメチップを1枚受け取ります。
テーブル上のマメカードがすべてめくられたら、その人の手番でゲーム終了。
大きいマメチップをもっとも多く集めた人が勝者になります。

SPONSORED LINK

マメであれ
テーブル上に散らばったマメカードたち。
なんだかすごい量・・・終わるのかな。
結果的に、終わるかどうかの心配は杞憂だったわけですがw

手番では、選んで4枚めくるだけ。
めくって豆粒が描かれていれば、それを自分の前に並べる。
マメであれ
赤いマメカードは泥棒に取られない良いマメ。
しかも下のマメも一緒に守ってくれるすぐれもの。
ところが・・・
マメであれ
「あ!また引いた!さらに3枚めくる」

このボーナスマメカードは、ただちに追加で3枚めくれる優れもの。
でも私はまったく引けない。
マメであれ
「あ!また引いた!」

とにかくトド吉がよく引く。
ほぼ毎手番、追加で3枚引いているものだから、トド吉の手元にはマメカードがいっぱい。
特に同点判定で使うつぶれマメも、どんどん手元に積もっていく。
ところが、お互いたった1枚のカードが引けない。
それは・・・4のマメカード。
引いても引いても4だけは出てこない。
そのうち、トド吉が鬼畜な所業に出る。
マメであれ
「はい、次パスね」
「えぇ!?」
マメであれ
「はいこれ」
「またぁ!?」

とにかく私に対してパスしなきゃいけない災難マメを投げつけ、何とか4を引こうと必死。
そんなことをしているからか、1と2のマメだけが増えていくトド吉。
「ちょっと!1と2がなくなっちゃうでしょ!」
「だって4が引けないんだもん」
マメであれ
「はい、あげる」
「・・・・・」

もうどうにでもなれ状態。
そして、アコギなことをして4を引いて完成させるトド吉。
呆れて言葉が出ない私。

そんなことをしていたからか、私が4を引き始める。

「いえーい!完成!」
「えー・・・」

「わーい!また完成!」
「なんでー!?」

タイミングよくマメがくるので、大きなマメチップをどんどんもらい、あっという間にトド吉に追いつけ追い越せ。
マメであれ
「やった!やっと引けた!」
3枚追加で引けるありがたさ。
マメであれ
「よし。完成!」
ほとんど無駄がない引き方、すばらしい!(自画自賛)
その後はまたトド吉が私に泥棒をぶつけてくる。
子どもか!www

最後は私が4枚引いて、テーブル上のカードが尽きる。
交換でトド吉の2マメを勝手に交換し、完成させて終了。

大きなマメチップはなんと同点。
マメであれ
つぶれたマメカードの枚数で負けたので、トド吉の勝利。

これ、今回は2人で意地悪しつつの遊び方だから楽しかったけれど、結局引けるかどうか。
2人より3人以上いたほうが、もっと盛り上がるんじゃないかな?とは思う。
忘れがちな交換は、描かれているマメの数さえあっていれば枚数などは関係ないので、積極的に使っていったほうがいい。
どんなに枚数持っていても揃わない時は揃わないし、大きいマメチップが同点だったことを考えると、やさぐれず最後までがんばるのは良いことだと思う。
たぶんw