・キューバード
 CuBirds(Catch Up Games:2018)


キューバード

鳥を集めて群れを完成させ、コレクションに加えていくカードゲームです。
青リンゴ氏・ようこさん・トド吉・私の4人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜ、山札をつくります。
各プレイヤーに8枚ずつ配って手札にし、さらに3枚X4列にカードを並べて場をつくります。
最後に各プレイヤーは1枚ずつ受け取って自分の前に置き、最初のコレクションにします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは条件を満たすまで手番を繰り返していきます。
手番がきたら、手札から1種類の鳥カードを選んで、場の一番左か右のどちらかに加えます。
この時、選んだ種類の鳥カードはすべて出さなくてはなりません。
追加した鳥カードがすでに置かれていたら、挟まれた間の鳥カードをすべて取って手札に加えます。
次に鳥の群れが出来ていれば、完成させることが出来ます。
誰かの手札がなくなったらラウンド終了で、手札をすべて捨て札にし、再び手札を8枚ずつ配りなおします。
これを繰り返し、手番終了時に7種類の鳥カードが集まっている、もしくは少なくとも2種類の鳥カードが3枚以上になったプレイヤーがいたら、その人の勝利でゲームも終了します。

SPONSORED LINK

やることは簡単。
場に出てるカードと出した手札で挟むだけ。
挟んだカードは手札に入り、出したくない・出せない場合は、挟まないように出すことで山札からカードを2枚引けるのです。
せっかく集めていたのに、違うカードを取るために全部出し。
次の人が、根こそぎ持っていくのは当然の流れw
キューバード
鳥カードには、何枚あれば群れになるか書いてあります。
そして、その鳥が全部で何枚あるかも書いてある。
この数字を意識しつつ、手札の中で群れをつくっていくわけです。
これが上手くいかないw

ところが、今回の私は調子がよかった。
他の人とかぶっていないおかげもあって、ささっとフラミンゴの群れを完成させる。
しかも大きい群れで2枚ゲット。
幸先いいじゃないの!
ただし、フラミンゴは枚数が少ないので、しばし待ちのフェイズ。
その間に他の鳥で群れをつくることにする。

そして、カラスと思いきやオオハシなる鳥で群れ完成!
しかも手札をきれいになくしたことで、ラウンド仕切り直し。

「えー!?」
「手札捨てるのー!?」

すごいブーイングw
このブーイングも快感に変わる瞬間。
キューバード
そして、再び手札を配り直して新しいラウンドへ。
ところが・・・それまでの勢いはどこへ行ったのか、群れが出来ない。
諦めて細かく7種類へ狙いを変更。
前の人が泣きながら大量の鳥を出した後、それを挟むことが出来るとかなりうれしい。

「わーい。いただきまーす!」
「だよねー!」

うん。楽しいw
しかし群れが増えない。
地味に増やしていき、何とか2種3枚ずつが見えてきた頃、ものすごい追い上げを見せたのがトド吉。
私も次の手番で勝利条件達成と思った瞬間、トド吉が2セット完成させてゲーム終了。

「次の手番で完成だったのにー!くやしいー!」

悩もうと思ったら、どこまでも悩める。
悩んでも仕方ないし、悩むのも仕方ない。
手札から出す時に、持っている同種を全部出さなきゃいけないのも効いてる。
カードの鳥は可愛いのに、展開は可愛くないゲームでしたw

キューバード
このゲーム、ぶうねん会で遊ばせてもらったものの、途中終了になってしまったので改めて遊んだのでした。