・カラーフォックス
 Colorfox(Helvetiq:2016)


カラーフォックス

同じ色のマッチ棒同士をマッチングして、スティックを獲得していくカードゲーム『カラーフォックス』です。
トド吉と2人でプレイ。

マッチ棒が描かれたカードを裏向きでよく混ぜます。
各プレイヤーに3枚ずつ配ったら残りは山にして、最初の1枚をテーブル中央に公開します。
手番がきたら、手札からカードを1枚出し、すでに出ているカードのマッチ棒とつながるように配置します。
この時、つながったマッチ棒の分だけ、ストックからスティックを受け取ります。
最後に山札からカードを1枚補充したら、手番終了で次の人の手番へ。
これを繰り返し、スティックを受け取る際にストックになかったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

今回は2人プレイなので、手札は4枚。
カラーフォックス
ピンクが横にしかないことに絶望しつつも、いざゲームスタート!

スタートと同時に、何とか自分だけ得をしないかと考えてカードを出す。
カラーフォックス
お互い同じことを考えるので、縦1列に並ぶw
まぁそうだよね。
何とか間に入り込ませて、2本は完成させたいマッチ棒。
ところが、縦は合っても横は合わない色。
引いても引いても欲しい色の組み合わせが引けない。

そんな時に大チャンス。
表情変えずに手番を待つだけ。
あそこに置けば違う色がもらえてラッキー・・・・
カラーフォックス
あ゛ー!

トド吉も同じ場所を狙っていて、カードを置かれてしまった・・・

「そこ!私が狙ってたのに!」
「違う場所置けばいいじゃない」
「そこしかないんだよぉぉぉぉぉ!」

なんという悔しさ。
スティックは違う色のセットで得点が違う。
6色全部揃えると、そのセットは21点。
でも手に入るのは、生成り(白)ばかり。

トド吉は順調にカラフルスティックを手元に置いている。
しかも、2本以上同時に完成させると、他の人と持っているスティックを交換出来る。

「その黄色ちょうだい」
「ぐあああああ!いやだーーーー!」

強制なので勝手に交換される。
そして生成り(白)が渡される。
おのれ・・・許すまじ!
カラーフォックス
とはいえ、なかなか合う場所がなく、どうしたものかと考える。
1本ずつでも完成させていけばいいかな、とマッチ棒を完成させてはスティックを細かくゲット。
何とか3セットが見えてきた頃には、トド吉も置き場所がなくて悩んでいる。

そして、青がストックから消えて終了フラグ。
以降、どちらかが青を獲得することになるとゲームが終わる。
まだ得点を増やしたいので、お互いになかなか青を出さない。
だったら、終わらせちゃおう!
2本獲得でトド吉から青を奪い、いらない色を押しつける。
そして、さっさとマッチ棒をつなげてゲーム終了。
私の勝利!

カードの巡りで一度に大量獲得なんて夢だったけれど、相手が何を必要としているのかチェックし、獲得出来ないようにカードを配置するのも大切。
置く場所は自分でつくらないと!
ゲーム自体は15分程度で終わるので、停滞して飽きる前に終わるのもいい。
スティックが少なめなのが良かったのかも。
ちなみに私が獲得したスティックたち。
カラーフォックス
きれいに3セット出来ました!
数点差だったので、トド吉の悔しがる顔が見れて満足w