ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: 2人専用ゲーム

2

・そしてふたりは手を取り合って
 ...and then, we held hands.(LudiCreations:2015)


そしてふたりは手を取り合って

関係が悪くなりつつある2人が、お互いの感情をコントロールし、目標を達成していくゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードには、感情に沿った4色のスポットと線、そしてプレイヤーの感情バランスが描かれています。
プレイヤーの前には半分だけ見えるように感情カードを並べます。
ゲームは交互にターンを繰り返しながら、3つある目標カードの山を1つずつ達成していきます。
自分のターンでは、任意の枚数の感情カードを使ってスポットを移動していき、最後に使ったカードは捨てます。
最初の目標カード山の時は外周しか移動することが出来ず、2つめで1つ内側まで、3つめでさらに内側まで移動出来るようになります。
もちろん、移動には相手のカードも使えます。
使ったカードで感情バランスが動き、カード補充は自分のターン終了時に感情バランスが0だった場合のみ。
最終的な目的は、お互いが連続したターンで中央のスペースに続けて入ること。
途中で移動出来なくなったり、感情カードの山がなくなったり、中央に入れない場合は、「そしてふたりはすれ違い」失敗となります。

続きを読む

2

・ヘンギスト
 Hengist(Lookout Games:2015)


ヘンギスト

イングランドを舞台に、自分の部隊を動かして略奪し、お宝を獲得していくゲームです。
トド吉とプレイ。

場にボードが3枚並び、各ボードは道につながるように湾・浜辺・辺境・街道・村があります。
手番がきたら、まず上陸部隊のアクションをし、手札を補充するだけ。
上陸部隊は1コマに1アクション実行させることが出来るけれど、移動するには対応するカードが必要です。
辺境から街道までは、必要なカードをすべて出さなければならず、村に置かれた財宝につながる道はクローズ。
探検カードを使うと船は次の湾へ移動していきます。
一番右のボードから離れたら、一番左に置かれたボードを裏返してつなげます。
この時、一番左のボード上にいた上陸部隊コマは除去されますが、手番で探検カードを使えば再び船に乗せることが出来ます。
これを繰り返し、船がボードから離れるのが4回目になったらゲーム終了。
獲得したお宝を合計し、多い方が勝者になります。

続きを読む

3

・時の潮流
 Tides of Time(Portal:2015)


時の潮流

王国を発展させ、勝利点を獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

大きいカードにはまるで風景写真のような遺物が描かれていて、さらに遺物の名前、種類、能力、得られる得点が書かれています。
使うのは、この大きいカード18枚とトークンのみ。
ゲーム開始時、配られるのが各自5枚のカード。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドはカードをドラフトして自分の王国を築いていきます。
ラウンド1は、お互い手札から1枚を選んで自分の前に伏せて置き、お互い選んだら一斉にオープン。
表にしたカードを自分の前に置き、残っている手札すべてを対戦相手に渡し、再びカードを1枚選んで、というのをすべてのカードがプレイされるまで続けます。
そして得点計算をしたら、使ったカードをすべて手札に戻しますが、この時1枚だけ王国へ遺すことが出来ます。
さらに1枚をゲームから除外し、手札が5枚になるように補充したらラウンド2へ。
ラウンド2もラウンド1と同様にプレイし、最後に1枚遺し1枚ゲームから除外します。
ラウンド3も同じようにプレイし、得点計算後ゲーム終了。
得点を合計し、勝利点の多いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・スピードスナック
 Speed Snacks(Pegasus:2015)


スピードスナック

カードをめくり、客の注文と自分の厨房に並べ、得点を獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

場には裏向きでシャッフルされたカード山が1つ。
ゲームは両プレイヤー一斉に行います。
スタートと同時に、山札からカードをめくります。
ゲームは片手のみでプレイします。
何が描かれているのか確認し、表向きで客の注文列もしくは裏向きで自分の厨房列に置きます。
客の注文と厨房は5枚まで並べることが出来ます。
催促カードを引いたら「遅い」と言い、客の注文列のどこかに配置します。
ここにはもうカードを置くことが出来ません。
催促カードが4枚プレイされたらラウンド終了。
各プレイヤーの厨房列に並ぶカード山の一番上だけを表向きにし、客の注文と合っていれば得点を獲得します。
得点を合計し、もっとも高い人が等級カードを1枚獲得し、次のラウンドを始めます。
誰かが5枚獲得したら、そのプレイヤーの勝利でゲームは終了です。

続きを読む

3

・レルムオブワンダー:連合軍
 Allies: Realm of Wonder(Mindwarrior Games:2015)


レルムオブワンダー連合軍

カードを出して領地カードを入手することで、ポイントを獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

場には取り合う領地カードが5枚。
それぞれ自分が決めた2種類の種族カードをよく混ぜ、自分の山札をつくります。
そこから5枚引いて手札とします。
目的は、中央に並ぶ領地カードを入手していくこと。
中にはマイナス点の領地もあるので、いかに相手に押しつけつつ、自分ではポイントになる領地カードを取得していきます。
ゲームは4ラウンド。
まずは領地カードが5枚になるように補充。
次にプレイヤーの手番で、カードをプレイし、カード効果を発動、最後に自分の山札からカードを補充を交互にやり、お互い5回やったらラウンド終了。
出されたカードの数値を比べ、領地を動かします。
これを4ラウンドやってポイントを計算し、高いほうが勝者となります。

続きを読む

3

・ゾンビvsチアリーダー
 Zombies vs Cheerleaders(Matagot:2015)


ゾンビvsチアリーダー

ゾンビとチアリーダーに分かれて対戦するゲームです。
トド吉とプレイ。

ゾンビは、チアリーダーの誰か1人にのしかかるのが目的。
チアリーダーは、ゾンビを駆逐するのが目的。
各自、手番では3アクションを実行するだけ。

詳しいルールは下記を参照
 学校ってすごいよ『ゾンビvsチアリーダー』

まずは私がチアリーダー、トド吉がゾンビで。
次に私がゾンビ、トド吉がチアリーダーでの対戦。

続きを読む

3

・世界の七不思議:デュエル
 7 Wonders: Duel (Repos Production:2015)


世界の七不思議:デュエル

自分の文明を率いて建造物や七不思議を建て、3つの世代をプレイして得点を獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

カードを入手して建造物を建てながら、七不思議も建てていくゲームで、世界の七不思議の2人用という位置付け。
七不思議に出てくる要素はそのままで、軍事も疎かには出来ませんが、カードはドラフトしません。
場には3つの時代に合わせて、時代ごとのカードが並びます。
手番がきたら、場からカードを1枚取るだけ。
ツリー型になっているので、表向きで上にカードが乗っていないものだけ入手可能。
無料で入手出来るものとコストがかかるものがあります。
取ったカードは自分の手元に置くか、コストを支払って建てた七不思議カードの下に裏向きで差し込むか、捨ててコインにすることが出来ます。
建てられる七不思議はゲーム開始時、お互い4枚ずつ選んで所持しています。
お互い4枚ずつ持っていますが、7つまでしか建てられません。
1つの時代が終われば、次の時代のカードが場に並びます。
軍事的優位・科学的優位、もしくは第契ぢ紊終われば即終了。
各自持っている七不思議やカード類、所持しているお金で得点計算をし、より高いほうが勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ