ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: やゆよ

3

・ヨーヴィック
 JORVIK(eggertspiele:2016)


ヨーヴィック

ヴァイキング氏族となり、ピクト人の攻撃に耐えて、勝利点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

「倉庫の街」のリメイクで、テーマもヴァイキングになりました。
各プレイヤーは、自分用のボードとコマを持ちます。
大きなボードは、春から冬まで4つの季節を通してプレイヤーが入手するためのカードが並び、外周には得点トラックが描かれています。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
まずは購入可能なカードを並べる供給、そして各プレイヤーが購入するためにコマを置いていく需要。
すべてのコマが置かれたら順番に購入していき、最後に荷積みをしたらラウンド終了です。
途中、供給フェイズでピクト人が出てきたら、直ちに処理し、再び供給を続けます。
これを繰り返し、供給フェイズの時に最後のピクト人が出てきたら、直ちに処理をしてゲーム終了。
最後の得点計算を行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・予言の石
 Stones of Fate(Cosmic Wombat Games:2015)


予言の石

カードの周りに石を配置し、勝利点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードはタロットをモチーフにしているので、とてもきれいなイラストです。
使うカードはプレイヤー1人あたり8枚で、今回は3人なので24枚のカードをランダムで使います。
場には9枚のカードが裏向きで並んでいます。
カードには獲得するためい必要な石の場所と得点が書かれています。
手番になったら、裏向きのカード1枚もしくは山札の一番上を確認する、配置した石を移動もしくは手元に戻す、カードを裏返す(表にする)の中から2回実行します。
カードを表にした時、カードの効果を適用。
条件通り石が置かれていればカードを獲得し、山札から新しいカードを配置します。
これを繰り返し、山札が尽きたらゲーム終了。
獲得した得点が最も高い人の勝利となります。

続きを読む

3

・指輪物語 モルドールへの旅
 Der Herr der Ringe: Die Reise nach Mordor(Kosmos:2015)


指輪物語:モルドールへの旅

指輪をモルドールへ運ぶことを目的とするダイスゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

基本ゲームと上級ゲームがありますが、今回は上級で。
各自持っているマップには、モルドールへの道が2本描かれていて、プレイヤーが進む道とナズグルが進む道。
ゲームはいたって簡単。
自分が先にモルドールへ到達するか、ナズグルが先に到達して脱落するか。
手番がきたらダイスを振り、最低1個のダイスを確保して振り直します。
複数のダイスも確保出来ますが、すべてが異なったシンボルのみ。
ナズグルの目が1個以上出た場合、必ずナズグルを1個確保します。
シンボルにはそれぞれ違う効果があります。
指輪の目が出ればプレイヤーが進め、オークの目があると指輪は無効に。
オークを無効にするには仲間が必要で、ガンダルフはナズグルトラックのスペースを半分に分割することが出来て、ナズグルの進行速度を遅らせることが出来ます。
ダイスの効果を解決したら手番終了。
ナズグルトラックが先にモルドールへ到達した人は脱落します。
誰かがモルドールへ到達するか、全員が脱落したらゲームは終了です。

続きを読む

3

・よくみてごらん!?
 Schau mal! Was ist anders?(Amigo:2014)


よくみてごらん!?

カードの中で、何が変わったのかを当てていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に並んでいる5枚のカードと各自山札として持っているカード。
今回は2人プレイなので、お互いに持っているのは6枚。
手番がきたら、場に並ぶカードを他のプレイヤーが覚えたか確認します。
そして他のプレイヤーたちが目を瞑っている間に、どれか1枚のカードをめくります。
両面仕様になっているカードは、片面ずつ同じイラストだけどちょっと違っています。
めくったら、何が違っているのか他のプレイヤーが当てます。
一番最初に当てた人が、持っているカードから1枚を場に出します。
宣言は1回のみで、誰も当てることが出来なかった場合、手番プレイヤーが持っているカードを1枚場に出します。
これを繰り返し、持っているカードすべてをなくした人が勝者となり、ゲーム終了です。

続きを読む

3

・ヤク
 Yak(Zoch:2015)


ヤク

カウントアップで宣言しながら、カードを引き取らないようにするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードには6種類の動物(?)と1から3の数字。
他にジョーカーと特殊カードがあります。
手番がきたら、手札からカードを裏向きで1枚出すか、直前の人の宣言を疑うかします。
カードを出す場合、最初にプレイする場合は何でも宣言出来ます。
その後プレイする場合は、直前のプレイヤーの宣言と同じ動物でより大きな数、もしくは大きな動物で同じ数字を宣言しなければいけません。
これを繰り返していくだけ。
疑われたらカード確認。
正しかったら疑ったプレイヤーが、違っていたら疑われたプレイヤーが、場のカードすべてを失点として引き取ります。
山札が尽きた後、誰かがカードを引き取ったらゲーム終了。
引き取ったカードが一番少ないプレイヤーの勝利になります。

続きを読む

4

・ユニオンパシフィック
 Union Pacific(Amigo:1999)


ユニオンパシフィック

鉄道会社の株を入手し、線路を敷いて収益をのばすことでお金を稼ぐゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

エアラインズ」のリメイク(?)ということで、基本的なルールはあまり変わりません。
航空会社から鉄道会社にテーマが変わり、敷くのは線路。
手番になったら、まず線路カードを山札から引きます。
次に、2つのうちどちらかのアクションを実行するだけ。
出来るアクションは、まず線路カードを使って線路を敷くこと。
線路を敷いた時だけ、株カードを入手することが出来ます。
この時、列車を持たないユニオンパシフィック株を入手することも出来ます。
もう1つは、株カードを自分の前に公開すること。
同じ会社の株をすきなだけか、2種類の株を1枚ずつ出せますが、公開した後、線路カードを1枚捨て札にします。
これを繰り返し、決算カードが出てきたら決算発生。
各社敷いている線路の数と駅の数の合計が、株カードを公開しているプレイヤーに収入として入ってきます。
通常は決算が4回行われたらゲーム終了ですが、今回は2人プレイなので3回決算で終了です。

続きを読む

2

・ヤードマスター・エクスプレス
 Yardmaster Express(Crash Games:2014)


ヤードマスターエクスプレス

決められた枚数の貨物車カードで、より得点の高い列車をつくるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ヤードマスターの拡張かと思ったら、まったく別ゲームでした。
カードもこちらは正方形。
今回は2人プレイなので、紫はなし。
貨物車カードをよくシャッフルして、中央に置いたらゲーム開始。
手番がきたら、山札から1枚引いて手札に加え、1枚を自分の列車につなげて、残りを左隣りの人に渡します。
貨物車を自分の列車につなぐときは、数字が同じか色が同じのもののみ。
つなげないなら、裏返すことでオールマイティの貨物車としてつなぐことが出来ます。
これをぐるぐる続けていって、2人プレイなら7ラウンド終わればゲーム終了。
つないだ貨物車の数字の合計と、同じ色が連結されているブロックの数を足して、高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ