ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: やゆよ

3

・野菜畑
 Veggie Garden(Quick Simple Fun Games:2017)


野菜畑

野菜を育てて、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードは共用の畑で、外周には支柱タイルを置きます。
野菜カードをよく混ぜて、裏向きの山にしてボードの隣りに置き、4枚を収穫エリアとして並べます。
畑に野菜カードを並べ、各プレイヤーに2枚ずつ配ったら、ゲーム開始。
手番がきたら、収穫エリアからカードを1枚取って自分の前に置き、選んだ野菜の効果を実行します。
実行後、カードを手札に加え、収穫エリアにカードを補充したら手番終了。
これを繰り返し、6ラウンド終了後、収穫エリアから1枚ずつ補充してゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ヤムヤム
 Yam Yam(Zoch:2017)


ヤムヤム

食料を集めて冬眠するカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のハリネズミカードを4枚持ちます。
食料カードと冬カードは、裏向きでよく混ぜて山にしておきます。
手番がきたら、カード山の一番上をめくります。
食料カードだったら、自分の起きているハリネズミの数が食料の数以上だったら、食料を獲得します。
起きているハリネズミが足りなかったら、食料を捨て札にします。
そして、ハリネズミを1枚だけ、冬眠させることが出来ます。
冬カードをめくったら、テーブル中央に表向きで置きます。
これを繰り返し、冬カードが4枚出てイラストがつながったらゲーム終了。
すべてのハリネズミを冬眠させることが出来た人が勝者となり、複数の人がすべてのハリネズミを冬眠させていたら、もっとも多く食料を集めた人が勝者になります。

続きを読む

3

・ヨーヴィック
 JORVIK(eggertspiele:2016)


ヨーヴィック

ヴァイキング氏族となり、ピクト人の攻撃に耐えて、勝利点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

「倉庫の街」のリメイクで、テーマもヴァイキングになりました。
各プレイヤーは、自分用のボードとコマを持ちます。
大きなボードは、春から冬まで4つの季節を通してプレイヤーが入手するためのカードが並び、外周には得点トラックが描かれています。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
まずは購入可能なカードを並べる供給、そして各プレイヤーが購入するためにコマを置いていく需要。
すべてのコマが置かれたら順番に購入していき、最後に荷積みをしたらラウンド終了です。
途中、供給フェイズでピクト人が出てきたら、直ちに処理し、再び供給を続けます。
これを繰り返し、供給フェイズの時に最後のピクト人が出てきたら、直ちに処理をしてゲーム終了。
最後の得点計算を行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・予言の石
 Stones of Fate(Cosmic Wombat Games:2015)


予言の石

カードの周りに石を配置し、勝利点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードはタロットをモチーフにしているので、とてもきれいなイラストです。
使うカードはプレイヤー1人あたり8枚で、今回は3人なので24枚のカードをランダムで使います。
場には9枚のカードが裏向きで並んでいます。
カードには獲得するためい必要な石の場所と得点が書かれています。
手番になったら、裏向きのカード1枚もしくは山札の一番上を確認する、配置した石を移動もしくは手元に戻す、カードを裏返す(表にする)の中から2回実行します。
カードを表にした時、カードの効果を適用。
条件通り石が置かれていればカードを獲得し、山札から新しいカードを配置します。
これを繰り返し、山札が尽きたらゲーム終了。
獲得した得点が最も高い人の勝利となります。

続きを読む

3

・指輪物語 モルドールへの旅
 Der Herr der Ringe: Die Reise nach Mordor(Kosmos:2015)


指輪物語:モルドールへの旅

指輪をモルドールへ運ぶことを目的とするダイスゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

基本ゲームと上級ゲームがありますが、今回は上級で。
各自持っているマップには、モルドールへの道が2本描かれていて、プレイヤーが進む道とナズグルが進む道。
ゲームはいたって簡単。
自分が先にモルドールへ到達するか、ナズグルが先に到達して脱落するか。
手番がきたらダイスを振り、最低1個のダイスを確保して振り直します。
複数のダイスも確保出来ますが、すべてが異なったシンボルのみ。
ナズグルの目が1個以上出た場合、必ずナズグルを1個確保します。
シンボルにはそれぞれ違う効果があります。
指輪の目が出ればプレイヤーが進め、オークの目があると指輪は無効に。
オークを無効にするには仲間が必要で、ガンダルフはナズグルトラックのスペースを半分に分割することが出来て、ナズグルの進行速度を遅らせることが出来ます。
ダイスの効果を解決したら手番終了。
ナズグルトラックが先にモルドールへ到達した人は脱落します。
誰かがモルドールへ到達するか、全員が脱落したらゲームは終了です。

続きを読む

3

・よくみてごらん!?
 Schau mal! Was ist anders?(Amigo:2014)


よくみてごらん!?

カードの中で、何が変わったのかを当てていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に並んでいる5枚のカードと各自山札として持っているカード。
今回は2人プレイなので、お互いに持っているのは6枚。
手番がきたら、場に並ぶカードを他のプレイヤーが覚えたか確認します。
そして他のプレイヤーたちが目を瞑っている間に、どれか1枚のカードをめくります。
両面仕様になっているカードは、片面ずつ同じイラストだけどちょっと違っています。
めくったら、何が違っているのか他のプレイヤーが当てます。
一番最初に当てた人が、持っているカードから1枚を場に出します。
宣言は1回のみで、誰も当てることが出来なかった場合、手番プレイヤーが持っているカードを1枚場に出します。
これを繰り返し、持っているカードすべてをなくした人が勝者となり、ゲーム終了です。

続きを読む

3

・ヤク
 Yak(Zoch:2015)


ヤク

カウントアップで宣言しながら、カードを引き取らないようにするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードには6種類の動物(?)と1から3の数字。
他にジョーカーと特殊カードがあります。
手番がきたら、手札からカードを裏向きで1枚出すか、直前の人の宣言を疑うかします。
カードを出す場合、最初にプレイする場合は何でも宣言出来ます。
その後プレイする場合は、直前のプレイヤーの宣言と同じ動物でより大きな数、もしくは大きな動物で同じ数字を宣言しなければいけません。
これを繰り返していくだけ。
疑われたらカード確認。
正しかったら疑ったプレイヤーが、違っていたら疑われたプレイヤーが、場のカードすべてを失点として引き取ります。
山札が尽きた後、誰かがカードを引き取ったらゲーム終了。
引き取ったカードが一番少ないプレイヤーの勝利になります。

続きを読む

このページのトップヘ