ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: まみむめも

3

・マンモスハンター
 Lecker Mammut!(Amigo:2017)


マンモスハンター

条件が揃ったらこん棒を叩き、出来るだけ多くの動物を集めていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にこん棒を置き、配られたカードを自分の前に裏向きの山にして置きます。
手番がきたら、自分の山のカードを1枚ずつ広げていきます。
自分のカード山をすべてめくったら、次の人の手番に。
これを繰り返していくだけです。
カードには色と動物の要素があり、カードが広がっていく中で、1つの要素が3枚以上になったら要素を宣言しつつ素早くこん棒を叩きます。
最初にこん棒を叩いたプレイヤーは、宣言した要素のカードをすべて取り、自分の前に表向きの山にして置きます。
誰かがすでに獲得したカード山も対象で、取る時はカード山すべてを取ります。
ミスをした場合、表向けた次のカードを取って、裏向きのまま自分の前に置きます。
全員が自分のカード山を表向け、誰もこん棒を叩かなければラウンド終了で、ペナルティが一番多い人は獲得したカード山を1つ戻し、それぞれ獲得した枚数を数えて記録します。
プレイヤー人数分のラウンドをやったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・めんざいふ
 Mea Culpa(Zoch:2016)


めんざいふ

免罪符を集め、魂をより天国へと近づけるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには、キャラクターカードを中心に様々な出来るアクションが描かれています。
各プレイヤーは、衝立、大聖堂の部品、献金箱、記銘木とコインを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズで構成されています。
ボード上の準備をするラウンドの準備フェイズ。
次に、入札してキャラクターを決めて予備アクションを実行するフェイズ。
そして、プレイヤーが4つのアクションから1つを選んで実行するアクションフェイズ。
最後に記銘木の傷の数を比べて、得点トラックを動かすフェイズ。
これを繰り返していき、2つ目の大聖堂が建設されたらゲーム終了。
2回目の献金得点計算をし、最後の記銘木比較をします。
獲得した免罪符の得点を加算し、天国へ到達したプレイヤーが勝者となります。
誰も天国へ到達していなかったら、もっとも天国に近いプレイヤーが勝者となります。

続きを読む

3

・モロッコ
 Morocco(Eagle-Gryphon:2016)


モロッコ

自分のワーカーを市場に送り込み、屋台を入手して得点を獲得していくゲームです。
秋山さん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ボードには、市場の情報を得るための展望台とワーカーを配置する市場が描かれています。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは屋台探索とワーカー割り当てのフェイズを実行していきます。
まずは屋台探索フェイズ。
展望台でポーンを動かし、キューブを入手していきます。
入手したキューブは、次のワーカー配置のコストとして支払うことになります。
そしてワーカー配置。
スタートプレイヤーから順に、自分のワーカーを市場に配置していきます。
配置した際、屋台がいっぱいになったら得点計算発生。
ワーカーを置いている数を比べて3位までが得点を獲得し、計算後、その市場を閉鎖します。
手番を1回ずつ、2周やったらラウンド終了で、スタートプレイヤーを次の人に移動します。
これを繰り返し、開いている屋台が5個以下になったら、そのラウンドの終了時点でゲーム終了。
最終得点計算をし、最も得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・ミノとタウリ
 Mino & Tauri(Amigo:2016)


ミノとタウリ

両面が違う迷路になっているボードを挟み、協力して目的を達成していくゲームです。
トド吉とプレイ。

このゲームには、協力ゲームと競争ゲームがあります。
今回は協力ゲームで。
お互いに向かい合って座り、間に箱を利用したボードを立て、ミノとタウリのコマを磁石の力で配置します。
両方の面で12の目標物を探してコマを運びます。
迷路はトウモロコシの茎が壁となり障害物になっているので、自分では飛び越えての移動は出来ません。
相手側の移動で壁を越えて移動することはあります。
ゲームは3ラウンド。
砂時計をひっくり返したらゲームスタート。
カードをめくり、目標物カードに描かれている人が手番になります。
手番プレイヤー同士が相談し、ミノとタウリを移動させ、目標物に到達したら、再びカードをめくって次の目標物へ向かいます。
これを繰り返し、砂時計が落ちきるか、12個達成するか、ミノもしくはタウリを4回落としたらラウンド終了。
得点を計算したら、再びカードをシャッフルして次のラウンドへ。
3ラウンド終了時に得点を合計し、自分たちの結果を確認したらゲーム終了です。

続きを読む

4

・マスカレイド
 Mascarade(Repos Production:2014)


マスカレイド

自分のキャラクターを隠しながら、能力でお金を獲得していくカードゲームです。
8人でプレイ。

ゲームの目的はコインを13金分集めること。
裏向きのキャラクターカードとコイン6金分が各プレイヤーに配られます。
自分がどのキャラクターなのかこっそり確認したら、カードを裏向きに戻します。
スタートプレイヤーから4人目までは、やることが決まっています。
自分のキャラクターと他の人のキャラクターカードを裏向きのままテーブルの下で隠しながら交換し、裏向きのまま元の場所に戻します。
5人目からがゲーム本番。
自分のターンがきたら、カードの交換(交換のふり)をする・自分のカードを秘密裏に見る・自分のキャラクターを宣言するの中から1つを実行します。
カード交換は先述の通りで、必ず交換しなければいけないということではなく、交換のふりも可能。
自分のカードを見るのはそのまま言葉通り。
自分のキャラクターを宣言し、他に同じキャラクターだと主張する人がいなければ、その能力を発動させます。
これを繰り返し、誰かが13金になったらゲーム終了で、そのプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

4

・モンバサ
 Mombasa(eggertspiele:2015)


モンバサ

アフリカを舞台に、株式を取得して得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには、アフリカの地図をはじめ、各社の株式や帳簿タイル、カードディスプレイなどが描かれています。
各プレイヤーは、自分用のボードと初期アクションカード、インク瓶マーカーを持ちます。
ゲームは7ラウンドで、各ラウンドは計画・アクション・次ラウンドの準備の3フェイズからなります。
計画では、自分用ボードのアクションスロットにカードを裏向きで1枚ずつセットし、一斉にオープン。
アクションではスタートプレイヤーから順に手番を実行していきます。
アクションは、基本的にカードを1枚使って実行するもの、もしくはマーカーを置いて実行するものがあります。
アクションフェイズ終了時、自分用ボード上側の休息デッキ1つに置かれているカードを手札に加えます。
最後に次ラウンドの準備をしたらラウンド終了。
これを7ラウンド繰り返したらゲーム終了で、最終得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

4

・マクロスコープ
 Macroscope(Lifestyle Boardgames:2016)


マクロスコープ

ダイスを振ってマクロスコープの窓を開け、中のイラストを当てるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

まずはマクロスコープを本体を組み立てます。
これがなかなかの作り。
中にイラストが描かれたカードをセットして、マクロスコープの窓をすべて閉めた状態でゲームが始まります。
手番がきたら、ダイスを2個振ります。
まずどちらか1個を選び、数字と同じ窓を1つ開けることが出来ます。
何のイラストが描かれているか回答するか、もう1個のダイス目を選んで窓を開けることが出来ます。
トークンが2個取り除かれた状態なら、パスをしてストックからクリスタルを2個獲得します。
回答する場合、何が描いてあるのか声に出して宣言し、他のプレイヤーは異議を唱え回答することが出来ます。
正解だったらマクロスコープに残っている窓と同じ数のクリスタルを獲得し、不正解だったら窓と同じ数のクリスタルを失います。
これを続け、10ラウンド終わったらゲーム終了。
もっともクリスタルを多く持っていた人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ