ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: まみむめも

3

・メモダイス
 Memo Dice(Amigo:2017)


メモダイス

カップの中にあるダイスの目を当てていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カップは3色が3個ずつに金色(というか黄色)が1個。
9個のダイスには、それぞれの面にマークが描かれています。
手番がきたらダイスを1個振り、出た目を全員で覚えて、マークの色と同じカップをかぶせます。
そして次の人の手番へ。
もうカップが残っていない色の目が出るか、最後のダイスを振った時は、金のカップをかぶせます。
金のカップを使った人から、隠されているダイス目を出来るだけ多く、順番に回答していきます。
正しければカップを獲得し、間違えたら次のプレイヤーがカップを獲得します。
そして、次の人が回答していきます。
すべてのダイスが公開されたら、カップの得点の分、ボードのコマを進め、次のラウンドへ。
誰かが20ポイントに到達したら、その人の勝利でゲーム終了となります。

続きを読む

3

・ミミズはどこだ
 Worm Party(Queen Games:2017)


ミミズはどこだ

ニワトリになってミミズを見つけたり、ミミズになってニワトリから隠れるゲームです。
鬚さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

立体のミミズの庭をつくり、穴を塚をかぶせて隠します。
手番プレイヤーがニワトリになり、ダイスを振ります。
出た目がミミズを探せる塚の数。
ミミズプレイヤーたちは、自分の面から庭に片手を入れ、塚の中に指を入れます。
すべてのミミズが塚に隠れたら、ニワトリはダイス目の数だけ、塚を1つずつ持ち上げます。
ミミズを見つけたら、塚と同じ色のチップをもらい、ミミズが塚の中で隠れきったら、隠れていた塚と同じ色のタイルを受け取ります。
そして、次の人がニワトリプレイヤーに。
これを繰り返し、誰かが1色6枚のタイルを集めたら、その人の勝利でゲームは終了します。

続きを読む

3

・メディカルフロンティア
 Medical Frontier(Big Fun:2017)


メディカルフロンティア

医療品開発の研究者となり、医薬品を開発し、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

プレイヤーはそれぞれ、自分の研究所ボードと予算キューブを持ちます。
場にはメインボード、研究対象の医薬品タイル、臨床実験タイルが並びます。
手番がきたら、順番にアクションを実行します。
まずはメインボードから化合物カードを入手する、化合物の選定。
次に入手した化合物を自分の研究所に配置する、新薬の開発。
新薬が出来たら、経費を投入して非臨床実験を行い、続いて臨床実験。
必要なら臨床実験書類の再提出をし、最後に販売を開始します。
この流れは自由に順番を決められません。
経費をすべて使い切るか、もうアクションを行わないと決めたら、次の人の手番に。
全員が手番を終えたら次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが300点以上獲得している、もしくは医薬品がすべて販売されたらゲーム終了。
獲得した得点がもっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・みんなのレシピ(ホッパーエンターテイメント)

みんなのレシピ

材料を集めて料理をつくるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

レシピシリーズの最新作は「みんなのレシピ」。
ゲームのルールは従来のものと変わりませんが、メニューが違います。
今回は、からあげやおこのみやきなど、みんなが好きそうな一般的な料理です。
手番がきたら、必要のない具材をシンクに捨てて、ストッカーからカードを1枚引くだけ。
この時、必要な具材を引いたら、裏返して自分のキッチンへ配置します。
他のプレイヤーがシンクに捨てた具材が必要なら、「レシピ」と宣伝することで自分のキッチンへ置くことが出来ます。
その後、不要なカードをシンクに捨てます。
手札が最後の1枚になったら、「ごはんですよ」と宣言し、具材がすべて揃ったら「できあがり」と宣言します。
一番最初に料理をつくった人が勝者です。

続きを読む

3

・ミッシュマッシュ
 Misch Masch(Zoch:2017)


ミッシュマッシュ

動物が半分ずつ描かれたカードを1体になるように出し、手札をなくすゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーが持つ手札は7枚。
残りのカードは山にして置き、1枚めくって最初の1枚にします。
手番がきたら、適合するカードを1枚プレイします。
出せなければ、山札から1枚引いて手札に入れます。
引いたカードがすぐに出せる場合は、直ちにそのカードをプレイ出来ます。
手番以外でも、テーブルに出ているカードと手札が二重適合する場合は出すことが出来ます。
出した左隣りの人が次の手番になります。
これを繰り返し、手札をなくした人が勝者になり、直ちにゲームは終了します。

続きを読む

3

・ミクロワールド
 Microworld(Cranio Creations:2016)


ミクロワールド

白血球とウィルスに分かれ、細胞エリアを取り合う2人用のゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードを組み立てて、体内をつくります。
体内といっても4種類の色に分かれていて、名前が細胞なだけ。
赤は筋肉細胞、灰色は骨細胞、青は神経細胞、緑は粘膜細胞です。
各細胞は隣接することで組織になり、ボードのパーツ2つにまたがっていることもあります。
プレイヤーは白血球かウィルスを選び、ウィルス役の手番からゲーム開始です。
手番がきたら、自分のマーカー1枚を置いて得点を獲得するだけ。
マーカーを置けるのは、相手が前の手番で置いたマーカーに隣接していて、空いていること。
遺伝子マーカーが置いてあれば獲得し、任意の自分の手番で使うことが出来ます。
これを繰り返し、どちらもマーカーをすべて配置したらゲーム終了。
最後にエリアごとの得点計算をし、得点の高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・マジックメイズ
 Magic Maze(Sit Down!:2017)


マジックメイズ

必要な装備品を盗み、ショッピングモールから脱出する協力ゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

舞台となるショッピングモールは、タイルを並べることで少しずつ広がっていきます。
プレイヤーは、どのヒーローでも動かすことが可能です。
ただし、各プレイヤーは配られたアクションタイルに描かれていることしか出来ません。
さらに限られたタイミング以外で、プレイヤー間のコミュニケーションは禁止です。
制限時間は砂時計が落ちきるまでですが、砂時計のマスに入ると砂時計をひっくり返すことが出来ます。
4色のコマすべてが装備品のマスに入ったら、自動的に盗み成功となり、以後ワープゾーンが封鎖されます。
以降、ショッピングモールから脱出するため、それぞれの脱出口へ動かしていきます。
すべてのコマが脱出口へ到着すれば成功。
途中で砂時計の砂がすべて落ちきってしまったら失敗です。

続きを読む

このページのトップヘ