ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > まみむめも

3

・モンスターマイスター
 Monster Meister(Zoch:2018)


モンスターマイスター

自分のモンスターを取り除いていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のモンスターカードセットを受け取り、裏向きでよく混ぜて自分の前に並べます。
迷子カードと指令カードをそれぞれよく混ぜ、裏向きの山にしておきます。
ゲームは、全員同時にプレイしていきます。
指令カードの一番上をめくり、指定枚数の自分のモンスターカードをめくります。
早さは関係ありません。
全員が終えたら獲得したポイントを計算し、もっともポイントが高かった人は、めくったモンスターカードから1枚を選び、迷子カードの下に入れます。
もっともポイントが低かった人は、迷子カードを1枚受け取り、自分の前に並べます。
モンスターカードをすべて裏向きに戻したら、次の指令カードをめくってゲームを続けます。
これを繰り返し、10枚の指令カードを終えたらゲーム終了。
自分のモンスターカードをもっとも減らせた人が勝者になります。

続きを読む

3

・モーレア
 Moorea(dlp:2018)


モーレア

資源を集めて生産し、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

使うカードは3種類で、資源と道具、そして生産物です。
各プレイヤーは、6枚の資源カードを手札として受け取ります。
資源と生産物は山にしておき、道具は道具ごとに分けておきます。
手番がきたら、まず資源カードを1枚引き、次にアクションかパスをします。
最後に手札上限を確認したら、手番終了。
これを繰り返し、生産物カードの山がなくなったら、最後に1手番ずつやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・メモアール
 Memoarrr!(Spielwiese:2017)


メモアール

出来るだけカードを覚えて、同じ地形か同じ動物のカードをめくっていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には24枚のカードが裏向きで並び、中央に火山カードを置きます。
火山カードの下には、財宝を重ねて置きます。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順に、カードを1枚めくっていきます。
めくったカードが、前にめくったカードと動物か地形が同じなら成功。
違っていたら失敗で、火山カードを受け取り、ラウンドから脱落します。
これを続け、最後まで残っていた人は財宝を受け取ってラウンド終了。
7ラウンドやったらゲーム終了。
財宝のルビーを数え、もっとも多くルビーを獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・モアイ
 Moai(Face2Face:2007)


モアイ

イースター島を舞台に、災害を乗り越えながらモアイを建造していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードはイースター島で、材木を生産するやしの林、食料を育てる畑、モアイを彫刻する火山、ボートで魚をとる海、プレイ順を示すオロンゴの崖が描かれています。
各プレイヤーは、自分色のマーカー9個とラパ・ヌイカードを5枚受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5つのフェイズからなります。
手札からカードを伏せて出し一斉にオープン、数値を比べてプレイ順と新しいバードマンを決めるフェイズから始まります。
並べられた時代カードを順番にえらんでいく時代フェイズ。
自分のマーカーをやりたいアクションに配置していく労働フェイズ。
順番に場所での解決をしていく解決フェイズ。
最後に、プレイヤーぞれぞれが、手札を補充したりマーカーを増やしたりする再生フェイズをやりラウンド終了。
これを繰り返し、最初のバードマンフェイズでロッゲフェーン提督のカードがめくられたら、最終ラウンド。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・マーリン
 Merlin(Queen Games:2017)


マーリン

円卓の騎士の1人となり、アーサー王の後継者を目指し得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには、中央にダイス置き場、その周りにアクションサークルと各公国、外周は得点トラックが描かれています。
各プレイヤーは、自分用の城ボード、ダイス、マーリンの杖、任務カード、配下マーカーを受け取ります。
ゲームの大まかな流れは、ダイスの出目を使って騎士を動かし、対象のアクションを実行して、得点を獲得していきます。
ゲームは6ラウンド。
各ラウンドで、プレイヤーはアクションを4回実行していきます。
手番では、ボード中央のダイス置き場に、自分のダイスもしくはマーリンのダイスを1個置いて、自分の騎士もしくはマーリンを移動させます。
任務カードは、その手番で1枚まで達成することが出来ます。
全員がすべてのダイスを使い終えたらラウンド終了。
次のラウンドの準備と2、4、6ラウンドでは得点計算が発生します。
6ラウンド終了後、最後に追加得点の計算をしてゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・マイルストーン
 Capital(Granna:2016)


マイルストーン

ワルシャワに自分の地区をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームでは、6つの時代をプレイします。
場にはボードを広げ、タイルを時代別に分けてよくシャッフルし、それぞれの時代に置きます。
マイルストーンタイルは、ボード上の規定位置に並べます。
各プレイヤーは、スタートタイルとコインを受け取り、マーメイドコマは得点マスに置きます。
ゲームは6つの時代で、1つの時代では建設と収入を行います。
建設では、ランダムで配られたタイル4枚から1枚を選び、一斉に売るか建てるかを選択。
残りのタイルは裏向きのまま、左隣りのプレイヤーに渡します。
建設を4回行ったら、次に収入。
収入では、マイルストーンの獲得と自分の地区で得点計算を行います。
3、4つめの時代では、収入の一番最初は戦争処理を行います。
そして次の時代へ。
これを繰り返し、6つめの時代終了時にゲーム終了。
コインを得点に変換し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・マジェスティ
 Majesty: deine Krone, dein Konigreich(Hans im Gluck:2017)


マジェスティ

人材を雇用し、自国を繁栄させていくカードゲームです。
おのさん・翔さん・トド吉・私の4人でプレイ。

このゲームでは、カードにA面とB面のがありますが、今回はA面で。
各プレイヤーは、同じ内容のカード8枚を受け取り、アルファベット順で自分の前の領地に並べます。
次にミープルカードを受け取り、ミープルを配置します。
場には人物カードの山札を置き、その横に人物カード6枚を表向きで並べます。
手番がきたら、場に並ぶ人物カードから1枚取り、山札からカードを1枚補充します。
取った人物カードを、自分の領地にある建物の下に配置します。
その後、建物の効果を発動するだけ。
これを繰り返し、各プレイヤーの領地に12枚の人物カードが配置されたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ