ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > はひふへほ

3

・覇王龍城
 Dragon Castle(Horrible Games:2017)


覇王龍城

中央ボードをテーブル中央に置き、牌を並べます。
龍カードと精霊カードをそれぞれよく混ぜて1枚ずつ引き、中央ボードの隣に置きます。
各プレイヤーは自分用のボードと社を1個受け取ります。
スタートプレイヤーからはじめ、手番がきたらアクションを実行します。
まず中央ボードから有効牌を1個取ります。
次に、取った牌と完全に同じシンボルの牌を取るか、社をストックから取るか、取った牌を捨てて1点を得るか。
同じ種類の牌が4個以上揃ったら、すべて裏向きにして応じた得点を獲得します。
この時、社を持っていれば建てることが出来ます。
任意のタイミングで、龍や精霊カードを1回起動することが出来ます。
これを繰り返し、いずれかのプレイヤーの手番で一番低い階層しか選択肢がなくなったら、龍の召喚アクションが加わります。
指定のトークンがすべて取られたら、スタートプレイヤーの右隣の人まで手番をやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・フィールド・オブ・グリーン
 Fields of Green(Artipia Games:2016)


フィールドオブグリーン

カードを並べて自分の農場を充実させていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードを種類別に分け、よくシャッフルして裏向きの山にしておきます。
各プレイヤーは、最初のカードとお金を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、1つのラウンドでは3つのフェイズを実行していきます。
まずは維持フェイズで、政府からの支給物資を受け取り、各カード山からカードを引きます。
次にアクションフェイズで、手札から1枚選んで自分の前に裏向きで出し、残りを隣りの人へ。
全員がカードを選んだら一斉に公開し、5つのアクションから1つを実行します。
これを6回やったら収穫フェイズへ。
この時、コストが支払えない・払いたくない場合は、カードを荒廃地にします。
そして、次のラウンドへ。
これを4ラウンドやったらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハッピーサーモン
 Happy Salmon(North Star Games:2016)


ハッピーサーモン

同時アクションで自分のカードをいち早くなくすゲームです。
6人でプレイ。

各プレイヤーは、自分色を選びカード12枚を受け取ります。
カードは裏向きにしてよく混ぜて山にし、手に持ちます。
合図と同時にカード山を表向きに持ち替え、一番上のカードに書いてあるアクションを言いながら、同じアクションが出ている人を見つけ、そのアクションを一緒にやります。
その後、すぐにカードを捨てて、次のカードに書いてあるアクションを言って、相手を見つけます。
これを繰り返し、誰かが自分のカードすべてを捨てたら「終了」と叫び、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

4

・ブードゥープリンス
 Voodoo Prince(Schmidt:2017)


ブードゥープリンス

タイミング良く決められた数のトリックを取り、得点を獲得していくカードゲームです。
5人でプレイ。

カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーにプレイ人数に応じた手札を配ります。
切り札用のカードをよく混ぜ、めくった1枚が今回の切り札になります。
ゲームは所謂トリックテイクで、スタートプレイヤーから順に手札から1枚出します。
マストフォローなので、最初に出された色と同じ色を出さなければなりませんが、出せない場合は任意の色を出すことが出来ます。
全員出したら、もっとも高い数字もしくは切り札を出した人が出されたカードをすべて獲得し、裏向きの山にして、自分の手元に置きます。
トリックを獲得した人が次のリードプレイヤーとなります。
これを繰り返し、規定のトリックを獲得したらラウンドから抜けますが、自分以外の人が獲得しているトリックの数が自分の得点になります。
残った人でゲームを続け、残っているのが1人になったらラウンド終了。
最後の人は、自分のトリック獲得数が得点になります。
再び手札を配り直し、次のラウンドへ。
5ラウンド終了時にゲームも終了し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ペーパーテイルズ
 Paper Tales(Catch Up Games:2017)


ペーパーテイルズ

自分の王国を隆盛に導き、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

前衛と後衛にカードを出してユニットをつくり、自分の王国を強化していきます。
各プレイヤーは、ゲーム中に建築出来る建物カードを5枚持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドには6つのフェイズがあります。
まずは雇用で、各プレイヤーに5枚ずつユニットカードを配り、手元に1枚置いて残りを隣りの人に回すのを繰り返します。
次に、手札から王国に配置するユニットカードを選んで裏向きに出し、一斉に公開したらコストを払います。
そして、戦争は両隣りの人と前衛の兵力を比べて解決し、収入を受け取ります。
建築では、コストを支払うことで建物を建築するか、アップグレードするかを実行し、最後に経年を経てラウンドが終わります。
これを4ラウンドやったらゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも勝利点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ファブランティカ
 Fabulantica(LOGIS:2017)


ファブランティカ

おとぎ話の世界を旅し、依頼人が探している人物を見つけていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードに描かれているのは、おとぎ話の世界「ファンブラティカ」。
描かれた建物には塔が置かれ、この中にはおとぎ話登場人物が隠れています。
よく混ぜた旅カードを各プレイヤーに5枚ずつ配ります。
依頼カードは裏向きのまま山にし、表向きで3枚並べておきます。
ゲームの目的は、依頼を達成することで得られる金貨を集めること。
手番がきたら、表向きになっている依頼カードの依頼人をよく確認します。
次に目的地を選び、そこまでに必要な旅カードを捨て札にして移動します。
移動先に塔があるなら、持ち上げて確認します。
この時、依頼人がいたなら依頼カードを受け取り、自分が持っている依頼カードのたずね人だった場合は、任務達成でカードを裏向きの金貨にして手元に置きます。
最後に、旅カードを2枚補充もしくは交換したら、手番終了。
これを繰り返し、誰かが金貨を3枚獲得したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・フェアリータイル
 Fairy Tile(IELLO:2018)


フェアリータイル

物語の登場人物を動かしたり、土地を増やしたりして、物語を完成させていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にタイルを並べ、ゲーム開始時の王国をつくります。
王女・騎士・ドラゴンを指定の位置に置きます。
各プレイヤーの枚数が平等になるようカードを配り、裏向きのまま自分の前に山にし本をつくります。
手番がきたら、物語を紡ぐかページをめくります。
物語を紡ぐには、冒険に出るか冒険を語るかを実行します。
ページをめくる場合、手札のカードを自分のカード山と取り替えることが出来ます。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが自分の本の最後のページを語ったらゲーム終了。
そのプレイヤーが勝利します。

続きを読む

このページのトップヘ