ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: はひふへほ

3

・腹ぺこヒナの成長物語
 Kleiner Vogel, grosser Hunger(HABA:2016)


腹ぺこヒナの成長物語

自分のヒナに餌を与え、小鳥に育てるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のヒナを決めてタイル4枚受け取ります。
タイルは裏返しに順番で重ね、最初の1枚をめくり、タイル山の側に置きます。
順番にダイスを振る係をやります。
係の人がダイスを振ったら、全員ダイスの出目に注目。
ごちそうと自分のヒナが欲しがっているごちそうが合っていれば、そのチップを取ってタイルの絵を隠すように置きます。
ダイスの出目がごちそう2つ分でも、1つしか取ることが出来ません。
タイルのごちそうチップがすべて揃ったら、チップを場に戻して次のタイルをめくります。
これを繰り返し、一番先に大きなタイルをめくって、ヒナを小鳥に出来た人が勝利します。
今年のドイツ年間キッズゲーム大賞の推薦リスト入りしたゲームです。

続きを読む

3

・フロッグライダー
 Frogriders(eggertspiele:2017)


フロッグライダー

フロッグライダーを上手に動かし、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは蓮の葉が並び花が咲く池。
中央の黄色い花以外にすべてのフロッグライダーを並べ、特権カードとスコアカードを並べます。
各プレイヤーは得点用カードを2枚受け取り、1枚選んで裏向きで手元に置きます。
手番では、フロッグライダーを1個選んでジャンプさせ、飛び越えられたフロッグライダーを獲得します。
フロッグライダーは、辺で隣接しているフロッグライダー1匹を一直線に飛び越えます。
次に、獲得したフロッグライダーを村に帰し、特殊効果を発動させることが出来ます。
そして次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かの手番でジャンプ出来なければ、直ちにゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ペンギン・パイルアップ
 Penguin Pile-Up(Ravensburger:1996)


image1589

自分のペンギンを氷山に置ききるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

箱を使って氷山を組み立てます。
全員が同じ数になるよう、ペンギンを配ります。
手番がきたら、1羽のペンギンを氷山に置くだけ。
もしペンギンを落としたり、置いた直後に落ちてしまったら、落ちたペンギンを引き取ります。
これを繰り返し、持っているペンギンをすべて氷山に置ききったプレイヤーが勝者となり、ゲームは終了します。

続きを読む

3

・ピクニック・パニック
 Picknick Panik (Yun Games:2003)


ピクニックパニック

昆虫カードで他の人から食物を奪い、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時に各プレイヤーで、24個の食物を均等に分けます。
ゲーム中に攻撃を受けると食物を奪われ、ゲームから脱落してしまいます。
持っている手札は8枚。
手番がきたら、手札から昆虫カードを1枚プレイするか、同じ昆虫カードを複数枚プレイするのかのどちらかを実行します。
手札を8枚になるよう補充したら、手番終了。
場に同じ色で同じ昆虫のカードが2枚揃ったら、攻撃がはじまります。
攻撃がはじまると次のプレイヤーは、防御・パス・食物を支払うの選択肢があります。
防御は道具を使って昆虫を退治し、パスは同じカードを1枚以上出して、攻撃対象をさらに次の人にし、防御もパスも出来なかったら食物を支払います。
これを繰り返し、食物がなくなった人から脱落し、食物が残っている人が1人になったらゲーム終了。
獲得した昆虫や食物を得点として計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・パクパク
 Paku Paku(Ravensburger:2017)


パクパク

全員同時にダイスを振り、食器を重ねたり、次の人にダイスを渡したりするゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央には食卓と食器、マイナス点タイル。
ゲームで使うダイスは5個で、スタートプレイヤーが出来るだけ均等になるよう配ります。
スタートの合図と共にゲーム開始で、一斉にダイスを振り始めます。
振ったダイスの目がパンダなら、そのダイスを左隣りのプレイヤーに渡します。
食器なら、食卓に食器を1つ重ねなければなりません。
数字は何も起こらないので、パンダ以外のダイスは再び振り直します。
誰かが食器を崩すか、誰か1人の元に規定数のダイスがあったら、気付いた人が「ストップ」と宣言して一時中断し、対象の人は自分の前にあるダイスを振り、マイナスポイントを受け取ります。
再びダイスを配り直して続け、10ポイント以上マイナス点を受け取った人が出たらゲーム終了。
マイナス点がもっとも少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハラルド
 Harald(RUNES Editions:2015)


ハラルド

使者を評議会に送り込み、自分の村にカードをプレイして効果を発動させ、威信を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームの目的は、規定ラウンド終了時までに自分の村にカードを並べて、威信を獲得すること。
テーブル中央は国王評議会で、ここで出されているカードが、自分の村の威信点に影響を及ぼします。
ゲーム開始時に、それぞれ自分の村に1枚カードを出し、最初の村人とします。
ルールはいたってシンプル。
手番になったら、国王評議会にカードを1枚プレイし、次に自分の村にカードを1枚プレイします。
自分の村にカードをプレイした時は、出したカードの効果を使用することが出来ます。
最後に、手札が4枚になるようにカードを補充したら、手番終了です。
これを繰り返し、規定ラウンド終了したらゲーム終了。
最後のラウンドだけは、評議会にカードはプレイせず、自分の村にだけプレイします。
そして、プレイした後すぐに威信計算をしてから、次のプレイヤーの手番になります。
全員の計算終了後、もっとも威信点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ボーナンザ対決
 Bohnanza: Das Duell(Amigo:2016)


ボーナンザ対決

自分の畑に豆を植えて、収穫することで豆ターラーを獲得していくカードゲームです。
トド吉とプレイ。

ボーナンザの2人用で、持っている畑は3つです。
手番がきたら、まずは手札から1つか2つの豆を自分の畑に植えます。
植える豆に同じ種類という制限はなく、数字がきっちり2つ上の豆なら重ねて植えられます。
収穫する時は、常に一番上のカードに描かれたレートでの収穫になります。
次に山札から3枚めくって1枚を与えたら、めくったカード及び与えられたカードを畑に植えます。
最後に、山札から豆カードを1枚ずつに2枚補充し、可能ならボーナスカードを補充したら手番終了です。
カード補充は1枚ずつ、順番をかえずに手札の後ろ側に加えるのはボーナンザと同じ。
違っているのは、3枚めくってカードを与えるところ。
すべて自分で植えることも出来ますが、相手に豆を与える場合、場に並んでいるプレゼントカードを使って交渉になります。
与える豆はめくった3枚でも手札でも、持っていないカードでブラフも可能。
豆の種類を決めたら、プレゼントカードを相手側に押し出します。
断る場合は、相手にプレゼントを提示しなければなりませんが、異なる種類の豆しか選べません。
もう1つ違っている点はボーナスカードで、ゲーム中いつでも、畑に植えてある豆が指定通りになったら達成出来ます。

続きを読む

このページのトップヘ