ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > なにぬねの

3

・呪われたクリーチャー
 Verflucht!(Amigo:2018)


呪われたクリーチャー

全員で協力し、クリーチャーを倒すカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに裏向きで置かれているのは、アイテムとクリーチャー。
紋章カードは、1列に並べておきます。
手番がきたら、テーブルからカードを1枚取り、自分だけ確認します。
クリーチャーだったら、紋章の横に並べ、アイテムだったら手札に加えます。
アイテムでクリーチャーを攻撃することも可能。
場にクリーチャーが6枚並ぶ、もしくはグループになると攻撃してきます。
その際、アイテムを使ってクリーチャーを撃退。
紋章を使うことでもクリーチャーを撃退できます。
クリーチャーが攻撃してきて、紋章もなく誰も倒すことが出来ない場合、プレイヤー側の敗北でゲーム終了。
山札が尽き、攻撃をすべて解決出来たらプレイヤー側の勝利になり、場に残るクリーチャーが得点になります。

続きを読む

3

・ノーリア
 Noria(Spielwiese:2017)


ノーリア

プロジェクトに投資し、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

細長いボードには、天空都市ノーリアと6つの議会場が描かれています。
ゲームの目的は、6つの議会場にある自分の代理人コマの価値を高めていくことです。
各プレイヤーは、工場ボードとアクションホイール、自分色の代理人コマ、工場トークンを受け取ります。
ゲームはラウンド制。
手番では、4つのフェイズを順に実行していきます。
自分のディスクを調整フェイズ、ホイール上のディスクを起動するアクションフェイズ、政治家を移動させる政治フェイズ、リングを回転させて知識を獲得する管理フェイズです。
全員が1手番ずつやったら、次のラウンドへ。
これを規定ラウンド繰り返したらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ノームの村
 Schuttel's(Zoch:2017)


ノームの村

カップを使ってノームを振り出し、アクションを実行してお金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードには、数字とアクション、倉庫が描かれています。
各プレイヤーは、初期資金と自分色の商品を受け取ります。
ノーム置きを組み立て、カップにすべてのノームを入れたらゲームスタート。
手番では、すべてのノームを入れたカップとノーム置きを持ちます。
カップからノームを振り出し、出てきたノームの数のマスでアクションを実行するだけ。
これを繰り返し、2人のプレイヤーの商品がなくなるか、倉庫のすべてのマスに商品が置かれたらゲーム終了。
もっとも所持金の多いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

2

・ナイト オブ ザ レインボウ
 Knights of the Rainbow(F.X. Schmid:1999)


ナイト オブ ザ レインボウ

王様に取り入って、得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードをすべて混ぜ、山札を2つ作り、片方に終了カードを混ぜた後、もう片方を上に乗せて1つの山にします。
各プレイヤーに7枚の緑チップと2枚のゴールドを配ります。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、まず自分の前に並べているカードをチェックします。
各種類について自分が最多同数なら、その能力を使うことが出来ます。
次に、1〜3枚の間で何枚のカードをカード山から引くのか宣言します。
宣言した枚数のカードを引き、1枚を自分の前に並べ、残りは捨て札にします。
ゴールドを支払って、アクションをすることが出来ます。
そして、次の人の手番へ。
ゲーム中、緑のチップがなくなったプレイヤーは脱落です。
これを繰り返し、最後に残ったプレイヤが勝利します。
もしくは、誰も脱落せず終了カードが出たら得点計算をし、もっとも得点の高いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・ノー・シエスタ!
 La Granja: No Siesta(Stronghold Games:2016)


ノーシエスタ

ダイスを使って自分の農場を管理し、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用の集計シートと鉛筆、収益ボードを持ちます。
場にはマーケットボードとトラックボードを置き、各タイルをセットします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
ダイスフェイズでは、選んだダイス目を収益ボードにチェックしていきます。
スタートプレイヤーがすべてのダイスを振り、各プレイヤーが1個ずつ選択。
残りを再び振りなおして1個ずつ選択したら、残ったダイスは振りなおして、すべてのプレイヤーに適用します。
次に得点フェイズで、スタートプレイヤーから順番に、プレイヤーは収入を自分のシートに記入し、可能ならボーナスを入手します。
最後はラウンド終了フェイズで、助手の雇用・収益の払い戻しをやり、スタートプレイヤーを次の人に回します。
これを繰り返し、誰かがトラックボードの最後に到達するとゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ナンバーナイン
 NMBR 9(Abacus:2017)


ナンバーナイン

数字タイルを重ねて、得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

このゲームでは、全員が同じ数字のタイルを配置していきます。
ゲームは20ラウンド。
各ラウンドでは、まずナンバーカードの山の一番上を1枚めくり、すべてのプレイヤーは書かれている数字のタイルを取ります。
そして、タイル配置のルールに従って、自分の前に置きます。
数字の向きは自由で、すでに置かれているタイルがあるなら、いずれかの1辺がぴったり接するように置きます。
レベル1以上に置く場合、少なくとも2枚以上のタイルに重なるように置きます。
タイルの置き方は得点に反映され、テーブルに接しているタイルはレベル0、その上がレベル1という風になります。
全員が配置したら、ナンバーカードをめくって次のラウンドへ。
これを繰り返し、最後のナンバーカードをめくってタイルを配置したらゲーム終了。
1人ずつ得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ニューヨーク・スライス・ピザ
 New York Slice(Bezier Games:2017)


ニューヨークスライスピザ

ピザを切り分けたり、切り分けられたピザを入手しながら、得点を獲得するゲームです。
ごうきさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ケーキを切り分ける『もっとホイップを』というゲーム。
あれがピザになり、さらにスペシャルメニューが加わりました。
すべてのスライスを裏向きでよく混ぜ、11枚ずつの山にしておきます。
スペシャルを裏向きでよく混ぜ、山にしたスライスの上に1枚ずつのせます。
各ラウンドでは、スライサー(切り分け係)がスライスの山1つを選んで取り、まずはスペシャルを公開。
次に、スライスを1枚ずつ表向きにしながら、直前に置いたスライスにぴったりつけて並べていくと、1枚のピザが出来上がります。
最後に、ピザをプレイ人数分のピースに分け、任意のピースにスペシャルを割り当てます。
スライサーの左隣りの人から、任意のピースを選んで受け取り、その場で食べるか残すかを選びます。
全員が選んだら次の人がスライサーになり、次ラウンドへ。
これを繰り返し、すべてのスライスの山がなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ