ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: たちつてと

3

・ダイススター
 Dice Stars(Matagot:2016)


ダイススター

ダイスを使ってスコアシートを埋め、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のスコアシートを持ちます。
ダイス14個をすべて袋に入れたら、準備完了です。
手番がきたら、まず何個ダイスを振るのか宣言して、袋から宣言した数のダイスをいっぺんに取り出します。
取り出したダイスを振り、テーブル中央のリザーブに置きます。
リザーブから色か数字、星の3種類のうち1種類を選んで、すべて取ってスコアシートに記入したら手番終了。
これを繰り返し、誰かが目的スペースをすべて埋めるか、誰かがペナルティスペースに記入したら、全プレイヤーが同じ手番数になるようプレイしたら終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ドリームス
 Dreams(Zoch:2016)


ドリームス

神様は星々を置いて星座をつくりながら人間を探し、人間は神様のふりをして星座をつくりながら、どのイメージを作っているのか当てるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央には星座をつくる天空を置き、横に数字が書かれたタイルを並べます。
各プレイヤーは、星を各種1個ずつと選択ディスクを持ちます。
ゲームはラウンドを繰り返していきます。
夢カードを並べて数字タイルを置いたら、神マーカーを裏返しのまま各プレイヤーに配ります。
配られたマーカーに数字が書いてあれば神、人間が描かれていたら人間です。
そして順番に1個ずつ、全員が3個置ききるまで順に星を置いて、天空に星座をつくっていきます。
最後に神は人間が誰か、人間は何番のイメージをつくっていたのか、選択ディスクで選択。
全員同時に、持っている神マーカーと選択ディスクを公開します。
最後に得点を計算したら、1ラウンド終了。
これを繰り返し、誰かが16神ポイントに到達していたらゲーム終了で、もっとも神ポイントの多い人が勝者となります。

続きを読む

3

・デジャブ
 DEJA-VU(Amigo:2017)


デジャブ

そのアイテムは今までに2回出てきたか、記憶力を試されるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、裏向きで山になったカード。
その周りに36個のアイテムが広がっています。
カード山からランダムで3枚抜き、裏向きのまま避けておきます。
手番がきたら、やることはカード山から一番上をめくり、表向きにして捨て札置き場に置くだけ。
各アイテムはゲーム中2回登場するので、2回目だと思ったら対象のアイテムを素早く取ります。
取ったアイテムは、自分の前に置いておきます。
途中で、すでに誰かが取ったアイテムが再び出てきたら、アイテムの持ち主はラウンドから脱落。
もうアイテムを取ることもラウンドの得点を獲得することも出来ませんが、それまでに取ったアイテムはそのまま持ち、他のプレイヤーが取ることは出来ません。
残った人でゲームを続け、最後の1枚がめくられ誰もアイテムを取らなくなったらラウンド終了。
開始時に避けていた3枚のカードをオープンにし、それらのカードに描かれているアイテムを持っている人は脱落。
残ったプレイヤーたちは、取ったアイテムの個数を得点として記録し、次のラウンドを始めます。
3ラウンド行ったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

・たたらばと森(たなごころ/Hobby Japan:2016)

たたらばと森

森に植樹し伐採して、永代たたら場の建築を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードを組み合わせて、ゲームの場となる原生林をつくり、初期配置をします。
プレイ人数によって変わる遷移札を準備し、各プレイヤーは自分色のコマセットを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各プレイヤーが1回ずつ手番をやり、最後に森を成長させるとラウンド終了。
これを誰かが永代たたら場を建てるか、ブナのストックが切れたらゲームが終了します。
手番では、まず自分のコマを移動させます。
次にアクションで、植林・伐採・足マーカーを得るの3種類から2回実行します。
ラウンドの終了処理は、まず遷移札を公開し、同じ数字の場所の木が成長します。
木によっては、遷移する場合があります。
最後にスタートプレイヤーを移動させ、次のラウンドへ移ります。

続きを読む

3

・炭鉱讃歌カードゲーム
 Gluck Auf: Das grosse Kartenspiel(eggertspiele:2016)


炭鉱讃歌カードゲーム

トロッコを使って石炭を運び出し、注文を受けて得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。


各プレイヤーは、同じ内容の数字が書かれた労働者カードと個人ボードを持ちます。
この労働者を使ってアクションを選択し、実行していくのがこのゲーム。
労働者を置ける場所は10種類あり、そこに置かれている労働者より1つ大きい労働者しか置けません。
トロッコを獲得したら、石炭をのせる貨車を手に入れ、さらに先頭には機関車を接続。
出荷するにも注文書がなければいけないし、機関車を配送するのもアクション。
株式を手に入れたり、目的カードでさらなる加点を狙っていきます。
全員がパスするまでで1つのシフト。
このシフトを繰り返し、終了条件を満たしたらゲームは終了して得点計算。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・テイク・ザット
 Take That(Nurnberger-Spielkarten:2016)


テイク・ザット

出来るだけマイナス点にならないように、カードを出していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームに使うカードは12から98までの数字に一部カエルが描かれています。
この中にツイストカードと呼ばれる、組になるカードがあります。
カードをシャッフルして、各プレイヤーに規定枚数の手札を配り、残りは山札にしておきます。
手番がきたら、手札から1枚列にプレイするか、1枚ツイストカードを列から取り除くかのどちらかを実行。
最後に山札から1枚補充すれば手番終了です。
ゲーム中は山札の隣りにカードが並んでいきますが、出せるのは右端に出ているカードの数字と比べて最大10の範囲。
手札から組となるカードを出し、列に出ているツイストカードを引き取ったら、表向きにして自分の前に置きます。
ツイストカードはゲーム終了時、1枚+1点になります。
出せない場合は、列のカードすべてを引き取って裏向きで自分の前に置き、手札から1枚を出します。
引き取ったカードは1枚−1点ですが、ゾロ目のカエルが描かれているカードは1枚−5点です。
これを繰り返し、山札が尽きた後、誰かが列を引き取るか、全てのカードが場に出されたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者となります。

続きを読む

3

・ドデリド
 Do De Li Do(Drei Magier:2016)


ドデリド

3ヶ所に出されたカードを見極めて、自分の山札をなくすカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーが均等になるようカードを分けます。
配られたカードは、裏向きの山にして手に持ちます。
手番がきたら、自分の山札の一番上をめくって場に置くだけ。
出した時に、色もしくは動物が2:1か3:0になっていたら、その色もしくは動物を宣言。
色も動物も2:1か3:0になっていたら、「ドデリド」と宣言します。
ワニが出たら、素早く出されたワニの上に手を置きます。
カメが出たら、宣言の最初に「オー」とつけなければいけません。
いずれの場合も、失敗したら場に出ているカードをすべて引き取り、自分の山札に加えます。
これを繰り返し、誰かの山札がなくなったら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

このページのトップヘ