ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: たちつてと

3

・テイク・ザット
 Take That(Nurnberger-Spielkarten:2016)


テイク・ザット

出来るだけマイナス点にならないように、カードを出していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームに使うカードは12から98までの数字に一部カエルが描かれています。
この中にツイストカードと呼ばれる、組になるカードがあります。
カードをシャッフルして、各プレイヤーに規定枚数の手札を配り、残りは山札にしておきます。
手番がきたら、手札から1枚列にプレイするか、1枚ツイストカードを列から取り除くかのどちらかを実行。
最後に山札から1枚補充すれば手番終了です。
ゲーム中は山札の隣りにカードが並んでいきますが、出せるのは右端に出ているカードの数字と比べて最大10の範囲。
手札から組となるカードを出し、列に出ているツイストカードを引き取ったら、表向きにして自分の前に置きます。
ツイストカードはゲーム終了時、1枚+1点になります。
出せない場合は、列のカードすべてを引き取って裏向きで自分の前に置き、手札から1枚を出します。
引き取ったカードは1枚−1点ですが、ゾロ目のカエルが描かれているカードは1枚−5点です。
これを繰り返し、山札が尽きた後、誰かが列を引き取るか、全てのカードが場に出されたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者となります。

続きを読む

3

・ドデリド
 Do De Li Do(Drei Magier:2016)


ドデリド

3ヶ所に出されたカードを見極めて、自分の山札をなくすカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーが均等になるようカードを分けます。
配られたカードは、裏向きの山にして手に持ちます。
手番がきたら、自分の山札の一番上をめくって場に置くだけ。
出した時に、色もしくは動物が2:1か3:0になっていたら、その色もしくは動物を宣言。
色も動物も2:1か3:0になっていたら、「ドデリド」と宣言します。
ワニが出たら、素早く出されたワニの上に手を置きます。
カメが出たら、宣言の最初に「オー」とつけなければいけません。
いずれの場合も、失敗したら場に出ているカードをすべて引き取り、自分の山札に加えます。
これを繰り返し、誰かの山札がなくなったら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・タリン
 Tallinn(OSTIA Spiele:2016)


タリン

3つの派閥の支持を集めて、コインを獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、同じ内容のカードセットとスタートカード、コイン表示カードを持ちます。
スタートカードを自分の前に置き、コイン表示カードをセット。
カードセットを裏向きでシャッフルし、自分の山札をつくります。
そこから3枚を手札として持ちます。
ゲームは最大で10ラウンド。
手札から1枚を秘密裏に選び、一斉にオープン。
派閥の競争もしくは塔の建設を同時にプレイし、最後に手札を1枚補充します。
これを最大10ラウンド繰り返したらゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっともコインを多く持っているプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・チキン・ウイング
 Chicken Wings(HUCH! & friends:2016)


チキンウイング

スプーンでチキンを飛ばして、得点を獲得するゲームです。
秋山さん・トド吉・私の3人でプレイ。

両面仕様のボードは、フックを使用して吊り下げます。
今回はキッチンからの脱出なので、農場の面で。
裏はチキン・ダーツが楽しめる的が描かれています。
手番がきたら、3匹のチキンを1匹ずつボードに向かって発射するだけ。
チキンはスプーンを使って飛ばします。
いずれかのタイルに描かれている目標に命中したら、そのタイルを受け取ります。
そして次の人の手番になり、全員実行したらラウンド終了。
これを繰り返し、7ラウンド終了したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となりますが、農夫のタイルを持っていたら脱落します。

続きを読む

2

・チョコボのクリスタルハント
 Chocobo's Crystal Hunt(SQUARE ENIX)


チョコボのクリスタルハント

4つのクリスタルを集めるカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、デブチョコボカード・クリスタルマーカー・クリスタルカードを受け取ります。
使用するすべてのカードを裏向きでシャッフルして山札をつくり、各プレイヤーは手札が3枚になるように山札から引きます。
ゲームの目的は、4つのクリスタルまたは、種類に関係なく6枚のクリスタルカードを手に入れることです。
手番がきたら、まず山札からカードを1枚引きます。
次に探索カードを使用することが出来ます。
手札から探索カードを出し、任意のプレイヤーを選んで手札から1枚引いて公開します。
クリスタルなら自分の手札に加え、探索カードなら持ち主に返し、モンスターだったら効果を発動します。
そして探索に使ったのがデブチョコボなら手札に戻し、チョコボなら探索に成功すれば手札に戻せ、失敗したら捨て札にします。
その後、勝利条件を満たしていたら、手札を公開し勝利点チップを受け取ります。
そうでない場合は、次の人に手番がうつります。
これを繰り返し、誰かがラウンドに2回勝利したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

4

・チケット・トゥ・ライド:レイル&セイル
 Ticket to Ride: Rails & Sails(Days of Wonder:2016)


チケットトゥライド:レイル&セイル

チケット・トゥ・ライドの舞台が世界になり、船も導入されました。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードは両面仕様で、世界マップと五大湖マップ。
マップを見ると航路が描かれています。
カードも船用と鉄道用の2種類があり、プレイヤーが持つコマも船と鉄道の2種類です。
ゲーム開始時、使用するコマの総数が決められているので、どちらのコマを何個持つかはプレイヤー次第。
都市の中には航路もつなげる場所があり、港を建てることが出来ます。
目的地に含まれている都市に港があって達成していれば、ゲーム終了時にボーナス点が入ります。
大まかなルールはチケット・トゥ・ライドと同じです。
カードの補充は、船か鉄道のどちらかから選べるし、航路も線路同様、必要な枚数を出して一気に都市間をつなぎます。
そして、鉄道や船の数で得点がはいってくるのも同じ。
大きな違いは、ボードの両端がつながっていることです。
そして、どちらかのコマが足りない時に得点を減らすことで、交換することが出来ます。

続きを読む

3

・デッキビルディング
 Deck Building: The Deck Building Game(Dice Hate Me Games:2015)


デッキビルディング

最も良いウッドデッキをつくるカードゲームです。
トド吉とプレイ。

お互い最初の手札を持ったらスタートです。
手番がきたら、購入・建築・着色の中から2つ選んで実行するだけ。
カード裏面には釘が描かれていて、この数でカードを購入することが出来ます。
建築は自分もしくは相手の建築エリアにカードを1枚出して、ウッドデッキをつくります。
着色はストックからトークンを取って、建築エリアにあるカードの上に置くことで、上書きされないように出来ます。
手番終了時には手札をすべて捨て、自分の山札から3枚引いて手札にします。
これを繰り返し、プレイヤーの手札・捨て札・山札のいずれにもカードがない、または購入用の山札のいずれかが空になったらゲーム終了。
得点計算をし、得点の高い方が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ