ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: たちつてと

3

・タイムライン:世界史編
 Timeline: Historical Events(Asmodee:2011)


タイムライン:世界史編

カードを正しい年代順に並べていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ルールはタイムラインシリーズなので同じ。
ゲーム開始時、各プレイヤーにはプレイ人数に応じた枚数のカードを配り、配られたカードは年を見ないで、自分の前に並べます。
手番がきたら、自分の前に並んでいるカードから1枚選んで、場に出すだけ。
場に並べるには、必ず年代順に並べなければなりません。
出した後、年が書かれているほうを表にし、正解チェック。
正解ならカードはそのまま場に置かれ、間違っていた場合はカードを箱にしまい、山札から1枚引いて年のほうを見ないで自分の前に並べます。
全員が1回ずつ手番をやったらラウンド終了。
誰も終了条件を満たしていなければ、新しいラウンドをはじめます。
誰かの前に置いているカードなくなったら、ゲーム終了。
カードをなくした人が1人なら、その人が勝者になり、2人以上ならサドンデスで勝者を決めます。

続きを読む

3

・タイムライン:雑学編
 Timeline: Diversity(Asmodee:2012)


タイムライン:雑学編

カードを正しい年代順に並べていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーにはプレイ人数に応じた枚数のカードを年が書かれているほうを下に向けて配ります。
配られたカードは年を見ないで、自分の前に並べます。
手番がきたら、自分の前に並んでいるカードから1枚選んで、場に出すだけ。
場に並べるには、必ず年代順に並べなければなりません。
出した後、年が書かれているほうを表にし、正解チェック。
正解ならカードはそのまま場に置かれ、間違っていた場合はカードを箱にしまい、山札から1枚引いて年のほうを見ないで自分の前に並べます。
全員が1回ずつ手番をやったらラウンド終了。
誰も終了条件を満たしていなければ、新しいラウンドをはじめます。
誰かの前に置いているカードなくなったら、ゲーム終了。
カードをなくした人が1人なら、その人が勝者になり、2人以上ならサドンデスで勝者を決めます。

続きを読む

3

・ドルイド
 Druids(Amigo:2017)


ドルイド

出来るだけ高い数字のカードを得点化しつつ、脱落しないようにするカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

カードには5つの分野が色分けされています。
裏向きでよく混ぜて2つの山をつくり、ガイアのカードを混ぜた山をもう1つの山の上に置きます。
各プレイヤーに、プレイ人数別のカードを配ったら、ゲーム開始。
ガイアのカードを持っている人が最初のプレイヤーになり、手札からカードを1枚出します。
次の人は同じ分野のカードを出しますが、ない場合に限り、任意のカードを出すことが出来ます。
全員が1枚ずつ出したら、もっとも大きい数字を出した人が出されたカードすべてを獲得。
所謂マストフォローのトリックテイク。
カードを獲得した人は、その中で分野別に一番小さい数字のカードを一番上にしてカードを重ね、自分の前に置きます。
カードを獲得した人が最初のプレイヤーになり、手札から1枚出して続けます。
全員の手札がなくなったら、ラウンド終了で得点計算。
各分野別に分けて自分の前に並べ、一番上のカードの数字がそのまま得点になります。
もし、5分野すべてを集めてしまった人がいたら、その人の脱落で直ちにラウンドが終了します。
得点シートに記入したら、再びカード山をつくるところから始めます。
5ラウンド終了後、ゲームも終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・大漁だ
 Schollen Rollen(Amigo:2017)


大漁だ

ダイスを振って、出来るだけ多くの魚を確保していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

人数に応じた、赤のシタビラメを準備し、黄色のシタビラメと一緒にテーブル中央に置きます。
手番になったら、まずダイス4個を振ります。
振ったダイスに1つもシタビラメがなければ、即手番終了。
少なくとも1つシタビラメが出ていれば成功。
漁獲分を確保して手番を終えるか、再度ダイスを振って漁獲量を増やすかを選びます。
振り直す場合は、青の出目は避け、残りを振り直します。
少なくとも1つシタビラメが出ていれば成功なので、再び続けるか終わりにするかを選びます。
漁獲分を確保するか、失敗したら次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが最後のシタビラメをテーブル中央から取ったらゲーム終了。
シタビラメのポイントを計算し、もっとも高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・トウェニーワン
 Twenty One(Nurnberger-Spielkarten:2017)


トウェニーワン

6色のダイスを使って、自分のシートを埋めて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートを受け取ります。
使うのは6色のダイス。
手番では、まずダイスを6個振るところから始まります。
出た目が気に入らなければ、一度だけ振り直すことが出来ますが、1の目は振り直せません。
すべてのプレイヤーは、現在の行に少なくとも1つの数字を書き込みます。
数字は、シートに描かれているマスと色が同じで出目が同じか小さい場合だけ書き込めます。
書き込めない場合は、より左側の空いているマスにバツをつけます。
出目がシートのマス目とまったく同じだったら、小さい四角に×を記入します。
全員が書き込んだら、次の人の手番。
これを繰り返し、1行すべてが埋まったら得点を計算して得点欄に記入し、1つ下の行へ進みます。
誰か1人が5行すべてを埋めたらゲーム終了。
他プレイヤーは、すべて書き込んでいなくても、その時点での得点を計算して記入します。
最終得点計算をし、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・テンプル騎士団の徴兵
 Templars' Journey(Queen Games:2017)


テンプル騎士団の徴兵

自分の騎士を出来るだけ多く十字軍へ派遣し、得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードにはヨーロッパの各都市が描かれ、都市タイルを置きます。
各プレイヤーは、プレイヤーボードと自分の騎士、初期資金、アクションカードセットなどを受け取ります。
ゲーム終了時に得点となる指令カードを、ランダムで1枚受け取ります。
ゲームは6ラウンドで、各ラウンドは2つのフェイズで構成されています。
まずは教皇の移動。
スタートプレイヤーは、2つのうちどちらかに教皇を移動させ、効果を得ます。
次にアクションカードのプレイで、全員1枚ずつ選んだら一斉にオープン。
数字の小さいプレイヤーから処理していきます。
この後、教皇が船のマスに移動していたら、出航ラウンドが発生し、都市2つで決算が発生します。
決算が終わると、都市タイルが取り除かれます。
3回目の出航ラウンド終了後、ゲーム終了となり、最後の得点計算。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ドラゴンのたからもの
 Schatz der Drachen(Winning Moves:2003)


ドラゴンのたからもの

洞窟の中から宝物を見つけ、持ち帰るゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に裏向きで並ぶのは、宝物が描かれているタイル。
この中から宝物を見つけていきます。
手番がきたら、まずタイルを1枚めくります。
タイルの内容によっては、強制的に手番が終わる場合も。
条件に合わなければ、続いて次のタイルをめくります。
描かれている宝物はそれぞれ、獲得するために必要な枚数の印があります。
めくっている途中で揃えば、揃ったタイルのみを獲得し、残りは裏向きに戻し、次の人の手番に。
これを繰り返し、残っているタイルがクモ3枚になったらゲーム終了。
もっとも多くタイルを獲得した人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ