ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: たちつてと

3

・ドンキホーテ
 Don Quixote(Pegasus Spiele:2010)


ドンキホーテ

決められた場所にタイルを配置して、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用の公国ボードとタイルセット、得点早見表を受け取ります。
タイルをよく混ぜて、裏向きの山にしておきます。
座標カードは全員共通。
よく混ぜて裏向きの山にし、2枚めくって公国ボードに城を置きます。
ゲームは3ラウンド。
各ラウンド毎に、違う枚数のタイルを公国ボードに配置していきます。
まず自分のタイル山から、ラウンドにあった枚数のタイルを表向きに並べます。
座標カード山の一番上のカードをめくり、その場所に表向きタイルから好きなものを配置します。
この時、出来るだけ道路がつながるように配置していきます。
表向きのタイルがなくなるまで続け、全員配置したら得点計算。
これを3ラウンドやり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ドワーフの水晶
 Quartz(FunBox Jogos:2015)


ドワーフの水晶

ドワーフとなって鉱山で5日間働き、より高価な鉱石を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

メインボードをテーブル中央に広げ、袋の中に鉱石をすべて入れます。
各プレイヤーは、鉱石運搬車と宝箱カードを受け取ります。
ゲームは5ラウンドで、プレイヤーのアクション、鉱石売却、翌朝の順に実行します。
手番がきたら、袋から鉱石を1つ取る鉱石発掘、アクションカードのプレイ、鉱山から出るの3種類から1つを実行するだけ。
アクシデントに見舞われたり、鉱山から出たら、次のラウンドまで戻れません。
ラウンド終了時に鉱石を売却し、次のラウンドの準備。
これを繰り返し、5ラウンド終了時にゲームも終了。
持っている鉱石すべてを売却し、もっともお金を持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・チックウッドの森
 Chickwood Forest(Zoch:2017)


チックウッドの森

カードを並べて入手して、名声を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

すべての戦利品カードをよく混ぜ、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。
場には、3列各3枚の村カードと数字別に山をつくった城カードが並びます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは3つの手順を順番に行います。
最初の城の偵察では、手番順に手札からカードを1枚、任意の城へ出していきます。
次に、手番順で城カードとその前に置かれている戦利品カードを獲得します。
最後に支援金の分配をしたら、ラウンド終了。
ラウンド終了処理をして、次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に全員に配るカードが足りなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも名声の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ドギーバッグ
 Doggy Bag(BLAM !:2018)


ドギーバッグ

ボス犬に上納ホネを渡しつつ、寝ている隙にホネを奪うゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは衝立を持ち、受け取った初期ホネを衝立の内側に隠します。
場には戸棚カードと、1から7の数字と役割が書かれたタイルが並びます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
親プレイヤーがコイントスで決めた数の上納ホネを、順番に袋に入れるフェイズ。
親から順番に場の役割タイルを取り、効果を適用していくフェイズ。
最後に、タイルに書かれた数字分の骨を袋から取り出すフェイズ。
黒いホネを3本受け取ったプレイヤーは、ここでゲームから脱落。
タイルを場に戻し、次のラウンドへ。
これを繰り返し、1人以外全員脱落するか、残っている全員の衝立の内側にホネがなくなったらゲーム終了。
衝立の外側にあるホネで得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ダイスエイジ
 Dice Age: The Hunt(Hobby Japan:2017)


ダイスエイジ

ダイスを配置して狩りを行い、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードには、ダイス目が1から6まで描かれている狩場と世代カード置き場。
各プレイヤーは、自分色のダイスを指定の数だけ受け取ります。
ゲームは4ラウンド。
各ラウンドでは、全員がダイスを置くまで手番を繰り返します。
手番がきたら、手元のダイスすべてを振り、最低1個を選んで狩場へ置きます。
この時、手元のダイスがなくなったら、世代カードを取ってラウンドから抜けます。
残ったプレイヤーでラウンドを続け、全員がダイスを置ききって世代カードを取ったらラウンド終了。
狩場の獲物カードを獲得し、世代カードの繁栄処理をしたら、スタートプレイヤーを移動して次のラウンドへ。
これを繰り返し、4ラウンド終了時にゲームも終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・タイムライン:世界史編
 Timeline: Historical Events(Asmodee:2011)


タイムライン:世界史編

カードを正しい年代順に並べていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ルールはタイムラインシリーズなので同じ。
ゲーム開始時、各プレイヤーにはプレイ人数に応じた枚数のカードを配り、配られたカードは年を見ないで、自分の前に並べます。
手番がきたら、自分の前に並んでいるカードから1枚選んで、場に出すだけ。
場に並べるには、必ず年代順に並べなければなりません。
出した後、年が書かれているほうを表にし、正解チェック。
正解ならカードはそのまま場に置かれ、間違っていた場合はカードを箱にしまい、山札から1枚引いて年のほうを見ないで自分の前に並べます。
全員が1回ずつ手番をやったらラウンド終了。
誰も終了条件を満たしていなければ、新しいラウンドをはじめます。
誰かの前に置いているカードなくなったら、ゲーム終了。
カードをなくした人が1人なら、その人が勝者になり、2人以上ならサドンデスで勝者を決めます。

続きを読む

3

・タイムライン:雑学編
 Timeline: Diversity(Asmodee:2012)


タイムライン:雑学編

カードを正しい年代順に並べていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーにはプレイ人数に応じた枚数のカードを年が書かれているほうを下に向けて配ります。
配られたカードは年を見ないで、自分の前に並べます。
手番がきたら、自分の前に並んでいるカードから1枚選んで、場に出すだけ。
場に並べるには、必ず年代順に並べなければなりません。
出した後、年が書かれているほうを表にし、正解チェック。
正解ならカードはそのまま場に置かれ、間違っていた場合はカードを箱にしまい、山札から1枚引いて年のほうを見ないで自分の前に並べます。
全員が1回ずつ手番をやったらラウンド終了。
誰も終了条件を満たしていなければ、新しいラウンドをはじめます。
誰かの前に置いているカードなくなったら、ゲーム終了。
カードをなくした人が1人なら、その人が勝者になり、2人以上ならサドンデスで勝者を決めます。

続きを読む

このページのトップヘ