ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > たちつてと

3

・トピアリー
 Topiary(Fever Games:2017)


トピアリー

お客さんたちにトピアリーを見せ、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央には、25枚のタイルが裏向きで並びます。
各プレイヤーは自分色のお客さんコマと、ランダムでタイルを受け取り最初の手札にします。
スタートプレイヤーから順に、手番を行います。
手番では、まずお客さんコマを外周のいずれか、誰もコマを置いていない場所を選んで置きます。
次に、場に裏向きのタイルがあれば、手札のタイル1枚を表向きにして交換することが出来ます。
これを繰り返し、スタートプレイヤーに手番がきた時、お客さんコマを1個も持っていなければ、ゲームが終了します。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・テンボ
 Tembo(Nurnberger-Spielkarten:2017)


テンボ

自分の蹄動物を渡河させ、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にはアフリカのマラ川にある渡り場。
各プレイヤーは、自分色のキューブと手札5枚を受け取ります。
手番がきたら、手札から1枚もしくは条件が合えば2枚の蹄動物を出して自分のキューブをのせるか、1枚のゾウもしくはワニをプレイします。
蹄動物は任意の渡り場を選んで出しますが、すでに出されているカードがあれば数字が昇順になるようにしか出せません。
ゾウは選んだ渡り場に蹄動物が3枚以上いる場合、一気に渡河させることが出来ます。
クロコダイルは選んだ渡り場にある蹄動物すべてを食べ、ワニは先頭1枚か指定の動物すべてを食べてしまいます。
最後に手札を補充したら手番終了で次の人の手番に。
この時ライオンが出たら、任意の渡り場にいる動物すべてを食べ、その渡り場を封鎖してしまいます。
これを繰り返し、山札が尽きた後、誰かがカードを出せなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・テキサスショーダウン
 Texas Showdown(Amigo:2015)


テキサスショーダウン

数字構成が違うカードを使い、出来るだけカードを引きとらないようにするゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各カードには、その色が何枚あるのか書かれています。
数字が大きくなるほど、枚数が少ない仕組み。
カードをよく混ぜて、各プレイヤーに同じ枚数ずつ手札として配ります。
手番では、手札から1枚出すだけ。
0を持っている人は、常に最初に出します。
最初に出されたカードと同じ色を出していく、所謂マストフォロー。
持っていなければ、違う色を出すことが出来ます。
全員が出したら、一番多く出された色を判定し、その中でも一番大きい数字を出した人がトリックを取ります。
取った人が次のトリックの最初のカードを出し、ゲームを続けます。
全員が手札全てをプレイしたらラウンド終了。
ポイントを記録し、誰かが規定のポイントに到達するまで続け、もっともポイントの低い人が勝者になってゲームが終了します。

続きを読む

3

・タイム&スペース
 Time 'n' Space(eggertspiele:2013)


タイム&スペース

宇宙空間を宇宙船で駆け回り、注文を達成していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは宇宙空間になっていて、衛星と惑星が描かれています。
各プレイヤーは自分の惑星を選び、宇宙船・管理センターボード・注文タイル・砂時計を受け取ります。
衛星には、管理センターをアップグレードするための建物タイルが置かれています。
ゲームは30分で、タイマーをセットしたら一斉にアクションをはじめます。
ただし、タイマーは付属していません。
基本的には、やりたいアクションに該当する場所に砂時計を置き、砂が落ちきったら実行出来ます。
砂時計が置ける場所は、宇宙船・研究施設・生産施設・転送ステーション・貿易センターの5ヵ所。
さらに建物を改良する時にも砂時計は使います。
これをひたすら繰り返し、30分経過でゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ディファレンス・ジュニア
 Difference Junior(Gigamic:2016)


ディファレンス・ジュニア

2枚のカードを見比べて、間違い探しをするカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

以前遊んだ『ディファレンス』のちびっこ特別版(そう書いてあります)。
カードをよくシャッフルし、1枚をテーブル中央に置きます。
残りのカードは各プレイヤーに、イラストを下向きにして平等に配ります。
全員同時に自分のカードをめくり、テーブル中央のイラストを見比べて、間違いを2つ見つけます。
見つけたら「ディファレンス」と叫び、違いを宣言。
正解なら、そのカードをテーブル中央のカードに重ねて置きます。
これを繰り返し、一番早く自分のカードをなくした人が勝者になります。

続きを読む

3

・ダイスキング
 Wurfelkonig(HABA:2017)


ダイスキング

ダイスを振って街や住民のカードを入手し、より得点が高い自分の王国をつくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に並ぶのは5つの街。
街の下には住民が並びます。
手番ではダイス6個を振り、新しい住民カードを獲得するか、失敗なら失敗カードを受け取ります。
最後に住民カードを補充したら手番終了で、次の人の手番へ。
これを繰り返し、いずれかのカード山から最後のカードが取られたらゲーム終了。
獲得したカードの勝利点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ディファレンス
 Difference(Gigamic:2009)


ディファレンス
2枚のイラストを見比べて、間違いを探すカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームには4種類のイラストがあり、難易度が2種類あります。
カードをよくシャッフルし、1枚をテーブル中央に置きます。
残りのカードは各プレイヤーに、イラストを下向きにして平等に配ります。
全員同時に自分のカードをめくり、テーブル中央のイラストを見比べて、間違いを2つ見つけます。
見つけたら「ディファレンス」と叫び、違いを宣言。
正解なら、そのカードをテーブル中央のカードに重ねて置きます。
これを繰り返し、一番早く自分のカードをなくした人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ