ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > さしすせそ

3

・ストーンエイジジュニア カードゲーム
 Stone Age Junior: Das Kartenspiel(Hans im Gluck:2017)


ストーンエイジジュニアカードゲーム

3つの品物を集めて小屋をつくっていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは小屋カードを1枚ずつ受け取り、表向きで自分の前に置きます。
品物カードをよく混ぜて、裏向きで9枚をテーブル中央に並べ、残りは表向きの山にして置きます。
マンモスを任意の場所に置いたら準備完了。
手番がきたら、まずマンモスを1〜4歩移動させます。
そして移動先のカードをめくり、自分が持っている小屋カードに描かれているものと同じなら、受け取って自分の小屋の横に置きます。
最後に、小屋カードに描かれている品物が揃っていたら小屋が完成し、新しい小屋を受け取ります。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが小屋カードを3枚完成させたら、その人の勝利でゲーム終了になります。

続きを読む

3

・世界でイチバンの国
 Lander toppen!(Drei Hasen:2016)


世界でイチバンの国

世界の国のデータを元に各地域で勝利し、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のプレイシートを受け取ります。
カードをよく混ぜ、各プレイヤーに手札を配ります。
手札が配られたら、自分のプレイシートの上下に1枚ずつ配置します。
上は最高値、下は最低値です。
全員がカードをセットしたら、最初の面積からカードを公開していきます。
カードに書かれた数字を比べ、条件に合った人が公開されたカードをすべて受け取ります。
受け取ったカードは、すぐに得点として自分の前に並べます。
すべての公開が終えたら、再びプレイヤーに手札を配り、次のラウンドをはじめます。
既定のラウンド数が終わったらゲームも終了です。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・サムマウマウ
 Sau Mau Mau(Ravensburger:2018)


サムマウマウ

ブタをゴールさせたり、1位を当てたりするレースゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードは、ブタのレース場。
各プレイヤーは4色のブタが描かれた予想カードを持ちます。
カードをよく混ぜ裏向きで山にし、各プレイヤーに最初の手札を配ります。
手番がきたら、カードを1枚出すか、山から1枚引くかを実行します。
出せるカードは、前に出されたカードと同じ数字もしくは同じ色。
数字の色と同じブタが、書かれた数字分、進みます。
山から引く場合、レースで1位はどの色のブタかを予想することが出来ます。
これを繰り返し、誰かの手札がなくなる、もしくはブタがゴールしたらラウンド終了。
得点計算をし、次のレースへ。
4レース終了後にゲームも終了し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・四季の森
 Harvest Island(Big Fun:2017)


四季の森

4つの季節を通し果物を育てて収穫し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央に置く季節ボードは、中央には各季節に存在する果物の種類と枚数、外周は各種カード置き場になっています。
四季カードは季節ごとに分けて、山にしておきます。
各プレイヤーは、農地カード3枚と四季カードを受け取ります。
ゲームはスタートプレイヤーからはじめ、手番がきたら栽培か収穫を行います。
栽培は、手札からカードを1枚ずつ出し、手札を補充して倉庫を確認します。
カードの出し方は4種類あり、種まき・植付け・施肥・放出です。
収穫はすでに農地に作付けしてある果物を収穫し、得点化します。
これを繰り返し、冬のカード山が尽きたら、スタートプレイヤーの右隣りの人まで手番を行いゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・センチュリー:ゴーレム
 Century: Golem Edition(Plan B Games:2017)


センチュリー:ゴーレム

クリスタルを集めて、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

スパイスを集めた『センチュリー:スパイスロード』のゴーレム版。
今回は、クリスタルを集めてゴーレムをつくります。
勝利点カードにはゴーレムが描かれ、4色のクリスタルが豪華です。
手番では、1つのアクションを選んで1回実行しなければなりません。
手札をプレイする、商人カードを獲得する、休息する、勝利点カードを獲得するの4種類から選択。
保有出来るクリスタル数には上限があり、手番終了時に上回る分は捨てます。
全員がアクションを実行したらラウンド終了で次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが規定枚数の勝利点カードを獲得したら、そのラウンド終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

2

・死者たちの祝日
 Dia de los Muertos(Sphinx Spieleverlag:2007)


死者たちの祝日

墓場で眠っているガイコツとなり、宴会に参加して得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには数字が書かれたマスがあり、3ヵ所に死者の祝日カードがあります。
行動・移動カードをすべてよく混ぜ、各プレイヤーに4枚ずつ配り、残りは山にしておきます。
各プレイヤーは、ガイコツカードを受け取って手元に置きます。
ゲームの目的は、死者の祝日カードを入手し、ゴールを目指すこと。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは4つのフェイズを順に実行します。
まずプレイ順の決定。
次にスタートプレイヤーから順に、手札から1枚選んで伏せて出します。
プレイ順カードの順番にカードを解決して手札を補充し、最後にカード交換をしたらラウンド終了。
これを繰り返し、少なくとも四肢の1つを保持するガイコツ全員がゴールしたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・サンフランシスコ
 San Francisco(Amigo:2000)


サンフランシスコ

大地震後のサンフランシスコを舞台に、3種類の競りで都市を再建していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは、サンフランシスコの街と各カード置き場。
左右には、プレイヤーの影響力と名誉を表示するチャートがあります。
都市区画タイルを並べ、公園の周囲には白いマーカーを配置します。
各プレイヤーは自分色のマーカー、影響カード、意思表示タイル、コマを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
まずは今回の募集カードの決定。
次に指定の競りで募集に応じ、その後、権利を獲得した人から順に投資していきます。
今回使った募集カードを捨て札にしたら、ラウンド終了。
左隣りの人がスタートプレイヤーになり、新しいラウンドをはじめます。
これを繰り返し、12枚目のアクションカードを実行したら、ただちにゲーム終了。
もっとも名声の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ