ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > さしすせそ

3

・世界冒険:秘宝探索
 Adventurer's Kit: Expedition(Shepherd Kit:2018)


秘宝探索

専門家チームを派遣し、文明の宝探しをして得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

探索員と出来事のカードをよく混ぜて各プレイヤーに5枚ずつ配り、残りは山にして冒険デッキをつくります。
遺物カードをよく混ぜて山にし、8枚を表向きにして、各文明ごとにまとめて数字順に並べます。
終了条件を達成するまで、各プレイヤーは順に手番を行っていきます。
手番がきたら、冒険デッキからカードを1枚引いて手札に加えます。
次に行動で、手札を入れ替える隊員交代・手札から探検隊を自分の前に出す探検隊派遣・派遣隊を
州へ派遣して宝探しをするの中から1つを実行します。
最後に、各州の残っているカードをチェックして手番終了。
次の人の手番へ。
終了条件を達成したら、探索隊を派遣している人は最後の宝探しをしてゲーム終了。
獲得した遺物の得点とボーナス点を加算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・シロクマ救助隊
 Rescue Polar Bears: Data & Temperature(TWOPLUS Games:2017)


シロクマ救助隊

北極の観測データを集めながら、シロクマたちを救助していく協力ゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードは北極で、氷タイルにはシロクマたちがいます。
基地タイル2枚を配置し、どちらかにヘリコプタートークンを置きます。
各プレイヤーは自分の救助船を組み立ててスタート位置に置き、プレイヤーボードを受け取ります。
ゲームの目的は、20枚のデータトークンを集めること。
途中で海に投げされたシロクマを救助するヘリコプターがない、もしくは昇温フェイズ終了時に温度が20℃より高くなっている場合は失敗です。
スタートプレイヤーから順に、手番を実行していきます。
手番がきたら3つのフェイズを実行します。
アクションポイントを使ってアクションを実行し、ダイスを振ってシロクマを成長させます。
最後に昇温フェイズで温度を調整したら、手番終了で次の人の手番へ。
これを勝利条件か失敗条件を満たすまで続けていきます。

続きを読む

3

・頭脳パズル:メイク・ミー・スマイル
 Brains: Make Me Smile(Pegasus Spiele:2016)


頭脳パズル:メイク・ミー・スマイル
※写真は不正解です
コマを配置して、不機嫌顔を笑顔にかえるゲームです。
1人用。

パズルシートで指定された数のコマを使い、笑顔アイコンで上書きします。
黄色は笑顔、青は普通顔、赤は悲しい顔です。
ルールは簡単。
コマをシートの空いているマスに置きます。
その後、配置済みの別のコマもしくは笑顔があるスペースまで辿ります。
その間の直線上に、青または赤の顔だけで空いているスペースがなかった場合、それぞれ1段階上書きします。
青は笑顔に、赤は普通に。
これを8方向すべてやり、同様の処理をします。
すべてのコマを配置した時、すべての顔が黄色の笑顔になっていれば成功です。

続きを読む

3

・スターカルテル
 Star Cartel(Osprey Games:2017)


スターカルテル

輸送船に荷物を積み込んで運びつつ相場を操作し、手元に隠し持って得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーに最初の宇宙船を配ります。
カルテルボードを広げ、各密売品トークンを初期値に置きます。
輸送船は数字の順に重ねていき、1つの山にして置きます。
密売品カードをよく混ぜて裏向きの山にし、カルテルボードに合わせて12枚並べてハブをつくります。
手番がきたら、並んでいる密売品を選んで自分の輸送船に積み込み、満載になったら配達するだけ。
輸送品カードは、ハブの最下列からしか取れません。
密売品の合計数字と輸送船の数字が合致、もしくは1枚も密売品を積み込めなかったら配達です。
積み荷は種類別に数字を合計し、最大値・最小値は捨て札としてカルテルボードの価値を動かします。
残ったカードの中から1種類を選び、裏向きで自分の前に置いて隠し財産とし、新しい輸送船をカード山の一番上から受け取ります。
最後にハブにカードを補充したら手番終了。
これを繰り返し、誰かが最強の輸送船を取ったら、他のプレイヤーたちが1手番ずつやってゲーム終了。
隠し財産をカルテルボードに表示されている数字で計算し、輸送船の得点を加えて、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・センチュリー:イースタンワンダーズ
 Century: Eastern Wonders(Plan B Games:2018)


センチュリー:イースタンワンダーズ

船で島々を移動して取引所を開設しつつ、収穫や交易でスパイスを入手して、勝利点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

センチュリー:スパイスロード』に続く、シリーズ2作目。
今回はタイルを並べて、島々のタイルを並べて場をつくります。
各プレイヤーは自分用のボード、船、取引所コマを受け取ります。
スタートプレイヤーを決め、手番の逆順で最初のスパイスを取ります。
ゲームはラウンド制です。
手番がきたら、まず船を無料で1マス、2マス以上はコストを払って移動させることが出来ます。
次に3種類のアクション(市場・港・収穫)から1つを選び、実行します。
その後、保有するキューブの数をチェックしたら手番終了で、次のプレイヤーの手番になります。
これを繰り返し、誰かが4枚目の勝利点タイルを受け取ったら、そのラウンドを最後までやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ザ・グレート・ハートランド・ハウリング・カンパニー
 The Great Heartland Hauling Co.(Dice Hate Me Games:2013)


ザ・グレート・ハートランド・ハウリング・カンパニー

トラックに荷物を載せて運び、お金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ロケーションカードを並べ、その上に地産品の配送キューブを乗せて場をつくります。
各プレイヤーは自分の色を決め、最初の手札となる5枚のカードを受け取ります。
手番では、移動、荷物積み、燃料補給の3つを実行していきます。
移動は、お金か燃料を使って目的地へトラックを動かします。
トラックが止まった場所で、荷物を載せる・おろす場合には、同じ種類のカードを捨て札にします。
最後にカードを補充して手札を5枚にしたら、手番終了です。
これを繰り返し、誰かの所持金が$30以上になったら、他のプレイヤーが1回ずつ手番をやって終了。
もっとも多くのお金を持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・サクラ
 Sakura(Osprey Games:2018)


サクラ

画家として帝に近付いていき、恩恵を得ていくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

細長いボードには、画家のスタートである門から最後の桜までマスが描かれています。
帝は鳥居からスタートし、3回桜を鑑賞します。
プレイヤーは画家としって、帝により近付くことでトークンを得ていきます。
各ラウンドでは、手札からカードを1枚選んで裏向きに出し、全員出したら一斉に公開。
出されたカードに書いてある数字の小さい人から順に、カードを解決。
カードには2種類のアイコンがあり、上が帝で下がプレイヤーになっています。
最後に山札から1枚補充したら手番終了で、全員がカードを解決したら次のラウンドへ。
途中、帝が桜の木のマスに入ったら、ただちにラウンド終了でトークンの獲得判定。
次のラウンドを始め、帝が桜鑑賞を3回やったらゲーム終了。
持っているトークンが一番多い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ