ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: さしすせそ

3

・ジャンクアート
 Junk Art(Pretzel Games:2016)


ジャンクアート

世界を回るツアーに参加して成功し、ファンを獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームを始める前に、今回のワールドツアーではどの都市を回るか決めます。
各都市は、プレイ人数によって変わります。
ツアーが決まったら、ゲームの準備をし、最後に都市のルールを読み上げます。
基本的には、各都市で展覧会を実施し、ファンを獲得していきます。
展覧会では、都市のルールに従ってジャンクピースを配置していきます。
各都市での展覧会は、すべてのジャンクアートカードを使い切ったら終了で次の都市へ。
ワールドツアー終了後、もっとも多くのファンを獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・スノウブラインド
 Snowblind: Race for the Pole(Pleasant Company Games:2016)


スノウブラインド

探検隊を率いて南極点へ行き、船へ戻ってくるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは南極で、ゾーンで区切られています。
小さなボードはアクションボードで、プレイヤーが出来るアクションが描かれて、ダイスが置かれています。
プレイヤーは国を選び、探索隊と船を指定の位置にセットします。
ゲームの目的は、南極点へ行き、自国の旗を立てて、再び船に戻ってくること。
それによって名声を獲得します。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順番にアクションを1回もしくはパスを実行していきます。
手番で出来るアクションは、ボードのまだダイスが残っているものから選んで実行し、最後に持っているダイスすべてを振って曝露判定をします。
これを繰り返し、全員がパスをしたらラウンド終了で、天気カードを1枚公開します。
この時、流氷カードが出たら、最後に1ラウンドやってゲーム終了になります。
最後に得点計算をし、もっとも名声の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・3人の魔法使い
 Zauberei hoch drei(Pegasus Spiele:2016)


3人の魔術師

先生につかまらないよう、夜の森を駆け抜けて学校に戻る協力ゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードは夜の森で、学校までの道がマスで描かれています。
プレイヤーは魔法学校の生徒。
後ろから追いかけてくる先生に追いつかれないよう、森を駆け抜けて学校を目指します。
ゲーム開始時、難易度に合わせて道しるべカードを確認します。
手番がきたらダイスを3個振り、出目と同じイラストの道しるべを探します。
途中で間違ってしまったら、そこで終了になり、ここまでめくった正しい道しるべの分だけ進みます。
全員の手番が終わったら、先生が立っているマスに記された数だけ移動します。
これを繰り返し、誰かが先生に追いつかれたら失敗、全員が学校に戻れたら勝利です。

続きを読む

3

・サントリーニ:黄金の羊
 Santorini: Golden Fleece(Roxley:2016)


サントリーニ黄金の羊

サントリーニの街並みをつくりながら、自分の従者を建物の最上段に置くゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは最適が2人になっていて、3人・4人なら神力を必ず使用し、さらに4人の場合はチーム戦になります。
基本的なルールは、本体と同じ。
この拡張では、新しい神々と黄金の羊、そして英雄が加わります。
黄金の羊を適用する場合、マークが描かれた神を1枚選んで配置します。
プレイヤーは、各自の神を持ちません。
自分の従者が黄金に羊に隣接している場合、手番中に神力を使うことが出来ます。
英雄パワーを適用する場合、各プレイヤーは1枚ずつ英雄カードを持ちます。
ゲーム中1回だけ使える能力です。
ただし、黄金の羊導入時は英雄を導入することは出来ません。
尚、神によっては対戦禁止の組み合わせがあり、カードに書かれています。

続きを読む

3

・センチュリー:スパイスロード
 Century: Spice Road(Plan B Games:2017)


センチュリー:スパイスロード

スパイスを集めて、勝利点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、最初の商人カード2枚とスパイスを置くキャラバンカードを受け取ります。
場には、勝利点カードと商人カードが並びます。
ゲームの目的は、スパイスを集めて勝利点カードを入手していくこと。
手番では、1つのアクションを選んで1回実行しなければなりません。
出来ることは、手札をプレイする、商人カードを獲得する、休息する、勝利点カードを獲得するの4種類。
保有出来るスパイス数には上限があり、手番終了時に上回る分は捨てます。
全員がアクションを実行したらラウンド終了で次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが規定枚数の勝利点カードを獲得したら、そのラウンド終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・サンチアゴ
 Santiago(Amigo:2003)


サンチアゴ

入札して手に入れたプランテーションを広げて水を引き、収入を得ていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーに配られるのが1本の運河と初期資金、そして自分色の労働者を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは7フェイズからなります。
プランテーションの競りから始まり、運河の番人の交代。
そして、実際にタイルを配置していき、運河の番人が運河を置きます。
各プレイヤーが持っている運河を任意で配置したら、運河のない場所にあるプランテーションが砂漠化。
最後に、自分のプランテーションから収入を得たら、ラウンド終了です。
これを繰り返し、すべてのタイルがなくなったらゲーム終了。
最終ラウンドは砂漠化の後に得点計算をし、もっとも所持金の多い人が勝者になります。

続きを読む

3

・サント・ドミンゴ
 Santo Domingo(Pegasus Spiele:2017)


サント・ドミンゴ

カードを使ってアクションを実行し、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは同じ内容のカードセットを持ち、自分の前には、それぞれ得点表示カードと商品表示カードを置きます。
場には供給される得点と商品などを表示するボードを置きます。
ゲームはラウンド制で、1ラウンドは3つのフェイズで構成されています。
まずは商品・得点の供給フェイズで、ボード上のマーカーをプレイ人数で該当するだけ増やします。
次に、アクションを実行したいカードを選ぶアクション選択フェイズ。
最後にアクションカードを順に解決したら、ラウンド終了。
この時点で誰も30点以上獲得していなければ、新しいラウンドが始まります。
ラウンド終了時、誰かが30点以上獲得していたら、ただちにゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ