ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: さしすせそ

3

・スラフ・オフ
 Sluff Off!(Eagle-Gryphon Games:2017)


スラフオフ

何トリック取れるのか予想し、マイナスポイントにならないようにするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームの目的は、自分が予想した数のトリックを取ること。
まずは、各プレイヤーに15枚ずつカードを配ります。
配られたカードをよく見たら、順番に自分が取れると思われる各色のトークンを取ります。
この時、1個しかないニワトリのコマを取ることで、ラウンド終了時にマイナス点だけど、他のプレイヤーにトリックを取らせない脱却者になることが出来ます。
脱却者は、他のプレイヤーが受け取った黒いトークンの数でマイナス点が減少します。
全員がトークンを取る、もしくはニワトリコマを取ったらゲーム開始。
最初のプレイヤーがカードを1枚出したら、以降のプレイヤーは可能な限り、同じ色のカードを1枚出し、もっとも大きい数字を出していた人が、今回のカードと同じ色のトークンを場に戻します。
もし同じ色のトークンを持っていなかったら、場から黒いトークンを受け取ります。
青のカードは常に切り札として使います。
15枚すべてのカードがプレイされたら、ラウンド終了。
残っているトークンをマイナス点、ゲーム中受け取った黒いトークンを計算し、再びカードを配るところから続けます。
プレイ人数と同じラウンド数プレイしたらゲーム終了で、もっともマイナス点が少ないプレイヤーの勝利です。

続きを読む

3

・ジャングル競走
 Dschungelrennen(Ravensburger:1989)


ジャングル競争

自分の動物にジャングルを駆け抜けさせ、表彰台を狙うゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードのスタート位置と反対側には表彰台。
表彰台は動物ごとに準備されています。
各プレイヤーは、5種類の動物を動かしていきます。
手番がきたらダイスを振り、出た目に従って自分の動物を前進させるだけ。
サイコロの目は分割可能。
花のマスにちょうどで入ったら、指示に従います。
ゴールした順で表彰台に移動させていき、すべての動物の1位が埋まったらゲーム終了。
得点を合計し、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

2

・ソラリス
 Solaris(Queen Games:2017)


ソラリス

地球にエネルギーを送るため、宇宙ステーションモジュールからシャトルを使い、レーザーにエネルギーを送るゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルの上に広がるのは、6つの宇宙ステーションモジュールとそれぞれをつなぐエネルギーブリッジ。
目的は、カードを使って各モジュールのエネルギーを高めていき、シャトルを使って中央のレーザーにエネルギーを充填していきます。
最終的に誰かが7つのエネルギーを送ったら、ゲームが終了します。
ゲームはラウンド制で、各モジュールごとにプレイヤーがアクションを実行していきます。
出来るアクションは、エネルギーの補給、エネルギーの移動、カードを1枚交換、パス、モジュール固有のアクションの5つ。
パス以外は、実行するのにカードを必要とします。
すべてのモジュールでアクションを実行したら、1ラウンド終了。
次のラウンドの準備をしたら、次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが自分のエネルギーを7個以上レーザーに置いていたら、ゲーム終了。
レーザーのエネルギーがもっとも多い人が勝者になります。

続きを読む

3

・深海の秘宝
 Geheimnis am Riff(Ravensburger:1991)


深海の秘宝

ダイバーとなり海に潜って宝箱を回収し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボード上部には、プレイヤーたちが乗ってきたであろう船、海中には2頭のイルカがいます。
プレイヤーは船から海中に潜っていきますが、船はボード左端に向かって移動していきます。
手番がきたら、ボードについている舵を回し、出た数字と持っている酸素ボンベの合計数、自分のダイバーを進めることが出来ます。
酸素ボンベを使うかわりに、イルカカードを使ってイルカを動かすことも出来ます。
使った酸素ボンベは裏向きにし、持っているボンベを使い果たす前に、船へ戻らなければなりません。
海中で酸素が切れた場合、宝箱を持っていれば海中に落とし、ダイバーは船に戻されます。
宝箱を船に持ち帰える、もしくは酸素切れで船に戻ると、使った酸素ボンベを表向きにし、再び使用することが出来ます。
手番で舵を回す前に、自分から潜水を中止して船に戻ることも出来ますが、持っていた宝箱はその場に落とします。
これを繰り返し、船が左端までくるとゲーム終了。
この時点でダイバーが宝箱を運んでいたら、一緒に引き上げることが出来ます。
獲得した宝箱に描かれた数字をポイントとして合計し、もっともポイントの高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・シヴライゼーション
 CVlizations(Granna:2015)


シヴライゼーション

リソースを手に入れてアイデアカードを購入し、幸福ポイントを獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードには、リソース置き場と購入出来るアイデアカードが並びます。
各プレイヤーは、それぞれ同じ内容のカードセットを持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
まずは指示フェイズで、スタートプレイヤーから順に持っているカードから2枚を選び、1枚を表向き1枚を裏向きに出します。
全員がカードを出したら、裏向きのカードをすべて公開します。
次にアクションフェイズで、出したカードの数字が小さい順に、アクションを実行していきます。
そして、入手したリソースを使い、アイデアカードを購入出来る発展フェイズ。
最後に時代の終了チェックや、使ったカードをすべて手元に戻すクリーンアップフェイズをやったら、ラウンド終了です。
これを繰り返し、3つの時代が終わったらゲーム終了。
獲得した幸福ポイントを計算し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

・サントリーニ
 Santorini(Roxley:2016)


サントリーニ

サントリーニの街並みをつくりながら、自分の従者を建物の最上段に置くゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは最適が2人になっていて、3人・4人なら神力を必ず使用し、さらに4人の場合はチーム戦になります。
基本的なルールは簡単。
手番になったら、自分の従者1つを隣接するマスへ1歩移動させて建造します。
どちらも必須アクション。
従者は同じ階層もしくは1つ上の階層にしか移動出来ず、下りるのはいくつでも可能。
他の従者がいる位置へは移動出来ません。
建造は、移動した従者の隣接なら階層に関係なく建造出来ますが、階層にあったブロックを使わなければならず、ドームが乗せられたら完成した塔になり、それ以上建造出来ません。
これを繰り返し、自分の手番中に従者がレベル3の上に移動した時点で、その人の勝利でゲーム終了となります。
もしくは、手番で必須の移動と建造が出来ない場合は、即敗北します。

続きを読む

3

・そっとおやすみ
 Schlafmutze(HABA:2005)


そっとおやすみ

誰にも気付かれないよう、カードを揃えてそっと伏せるゲームです。
5人でプレイ。

ゲームはいたって簡単。
持っている手札は5枚で、手番がきたらカードを1枚選び、右隣りの人に渡します。
右隣りの人はカードを受け取り、1枚選んで右隣りの人へ渡すというのを繰り返していきます。
手札のうち4枚が同じ顔になったら、カードをそっと伏せます。
誰かが伏せたら、自分が揃っていなくてもカードを伏せます。
最後までカードを伏せなかった人が、おねむちゃんカードを受け取ります。
再びカードをシャッフルして、各プレイヤーに配って続けます。
すべてのおねむちゃんカードが配られたらゲーム終了。
もっとも多くのおねむちゃんカードを受け取った人が、敗者になります。

続きを読む

このページのトップヘ