ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: かきくけこ

2

・玄武門の変
 The Xuanwu Gate Incident(Swan Panasia:2016)


玄武門の変

自分が勝者になるため、カード交換をしてクーデターを成功させるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

投票カード2枚と配られたキャラクターカード1枚を持ちます。
ゲームは位置取りとクーデターの2段階。
まずは位置取り。
中央に置かれたカードのうち1枚を秘密裏に確認し、自分のカードと交換するか、他のカードと交換するか、パスするかを選びます。
ただし、1ラウンドで出来るカード交換は1回のみ。
もし自分のカードが他のプレイヤーによって交換されていたら、自分の手番で自分のカードを交換することは出来ません。
そして全員が手番を終えたら、クーデターか否かの決定です。
各プレイヤーは、クーデターか待ち伏せのどちらかを選んで、裏向きで投票します。
この時、投票前に他のプレイヤーに働きかけることは可能ですが、キャラクターカードの情報を流してしまうと即脱落。
そして投票の結果を開示し、クーデターが成功すればゲーム終了。
場に置かれたキャラクターをオープンにし、そこに描かれているマークを確認し、対応する人が勝者になります。
クーデターにならなかった場合、次のラウンドへ進みますが、脱落している人は参加出来ません。

続きを読む

3

・コロッセオ
 Die Baumeister des Colosseum(Schmidt Spiele:2016)


コロッセオ

共同でコロッセオを建築し、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームボードの横には、コロッセオ建築予定場所として外箱を置きます。
各プレイヤーはスタートボードを持ち、自分の前に置きます。
ゲームはスタートプレイヤーから時計回りで、終了条件を満たすまで続きます。
手番がきたら、執政官を1マス進め、さらに任意で進めることが出来ます。
止まった場所で、1アクション実行するだけ。
アクションには、必要な資材を支払ってコロッセオを建築する、倉庫を拡張する、地形を拡張して資材を生産するの3種類があります。
これを繰り返し、コロッセオが完成したらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・神奈川沖浪裏
 Kanagawa(IELLO:2016)


神奈川沖浪裏

プレイヤーは北斎の弟子となり、自分の工房を改良し、版画をつくって得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には学校ボードを置き、各種免状タイルをボードの隣りに置きます。
各プレイヤーは初期タイルと絵筆コマを2個持ちます。
ゲームは数ラウンドからなり、各ラウンドは3フェイズ。
まずは、スタートプレイヤーが学校ボード上にカードを並べる「師範の教えを倣う」。
次にさらにカードが追加されるのを待つ「知識を深める」か、並んだカードを取得する「学んだことを実践する」。
最後は、まだ残っているプレイヤーがいる場合、さらにカードを追加する「新たな授業」。
各プレイヤーは、取った授業カードを版画もしくは工房の改良に追加します。
全プレイヤーが授業を受けたらラウンド終了。
これを繰り返し、授業カードの山が尽きるか、誰かが自分の版画に11枚以上のカードを置いたら、ラウンド終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・キルトキャッスル
 Kilt Castle(Zoch:2016)


キルトキャッスル

ボード上に塔を増築していき、お金を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

小ぶりなボードにはマス目が描かれていて、その外周に最初のカードを並べます。
手番がきたら、まずカード1枚を選んで移動させます。
カードは時計回りに移動させ、反対方向に移動させることは出来ません。
すでに4枚置かれている列に移動させることは出来ず、6列目をつくることも出来ません。
選んだカードによって1人もしくは2人が、移動先の列から任意のマスに自分の塔を置きます。
空き地ならそのままコマを置き、すでに誰かのコマが置かれていたら、すぐ下のコマの持ち主に、段数分のお金を支払って塔を増築します。
2人のプレイヤーが同じ手番内で同じマスにコマを置いた場合、2人目のプレイヤーはすぐに屋根を置きます。
屋根が置かれた塔は増築することが出来なくなり、全プレイヤーのものになります。
また、カードの移動によって、収入決算が発生する場合があります。
収入は、自分のコマが一番上になっている塔の隣接しているエリアを見て、もっとも価値の高いエリアから発生します。
これを繰り返し、誰かが最後のコマを置いたら、最終報酬の分配を行います。
もっとも多くお金を持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・ガムッシュ
 Gamsh Alpin(Zoch:2016)


ガムッシュ

ペア戦で手札を同じ動物で揃えていくカードゲームです。
タロ吉さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

このゲームは、4人または6人で遊ぶゲームです。
2人1組のペアになって、得点を獲得していきます。
ゲーム開始時、各自4枚の手札が配られます。
プレイは全員同時に。
手札から1枚出し、そのあと場のカードを取って手札に加える交換を繰り返します。
同じ動物で揃ったら、パートナーに秘密の合図を送ります。
パートナーが合図に気付いたら、それに沿った宣言をし、得点を獲得します。
また、相手チームの秘密の合図を見破っても、得点を獲得出来ます。
誰も場のカードを交換しなくなったら、捨て札にして新しいカードを並べます。
新しいラウンドは、いずれかのペアが得点を獲得したら。
それまで手札はそのまま使い続けます。
これを繰り返し、いずれかのチームが9点に到達したらゲーム終了。
より多く得点を獲得したチームが勝利します。

続きを読む

4

・カルカソンヌアマゾン
 Carcassonne: Amazonas(Hans im Gluck:2016)


カルカソンヌアマゾン

アマゾンの川を中心に、タイルを配置して得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カルカソンヌのアラウンド・ザ・ワールドシリーズ。
今回はアマゾンが舞台です。
手番がきたら、タイル山から1枚引き、配置するルールは同じです。
違う点をあげれば、まず完成図が横長になります。
これは、中央に大きな川が流れているためです。
さらに城は村に、草原はジャングルになり、動物の数がゲーム終了時の得点になります。
ジャングルに置くコマは、各自のキャンプコマで2個までしか置けません。
道は川の支流になっていて、それぞれのタイルに描かれているフルーツは、完成した時に加点されます。
ボートのマークは、中央の大きな川にある自分のボートを進ませます。
引いたタイルに大きな川が描かれていた場合、川の得点計算が発生します。
この時、先頭のボートには描かれているピラニアとワニの得点が、2位の人にはピラニアの得点が入ります。
タイルを配置した時、自分のコマを置かなかった場合はボートを1マス進めます。

続きを読む

3

・キャメルアップ・カードゲーム
 Camel Up Cards(eggertspiele:2016)


キャメルアップ・カードゲーム

カードを使ってラクダを進ませ、レースに賭けて賞金を獲得するゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

キャメルアップがカードゲーム化ということで、大きなボードとダイス、ピラミッドがなくなりました。
コースカードを並べてコースをつくり、ラクダのスタート位置を決めます。
フェネック・やしの木・投票カード類をコース横に並べます。
カードの準備が出来たら、早速ゲームスタートです。
手番がきたら、レースアクションを1回必ず実行し、次に任意で投票アクションが出来ます。
レースアクションは、フェネックまたはやしの木をコースに置く、カード山の一番上のカードを公開する、手札を使うのどれか1つを実行します。
投票アクションは、順位を予想するレグ投票カードを取る、もしくはレース終了時の順位を予想する最終投票カードを取るのどちらかを実行出来ます。
レーシングカードの山札最後の1枚が公開されて処理したら、レグ終了。
ここでレグ得点ラウンドになり、持っているレグ投票カードに沿って収入もしくは支払いを済ませます。
再び新しいレグの準備をし、次のレグへ。
いずれかのラクダがゴールに達したらゲーム終了。
最終得点ラウンドをやり、もっとも所持金が多い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ