ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: かきくけこ

3

・グラム
 Grumpf(La Boite de Jeu:2017)


グラム

6ヵ所の狩猟場に自分の一族を配置し、獲物を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

6枚のボードは狩猟場で、それぞれ獲得条件と獲物が違います。
各プレイヤーは、自分のグラムトークンを受け取ります。
ゲームは4ラウンドで、まずは獲物を狩猟場に並べます。
そして、全員一斉のアクションで、自分のグラムを狩猟場に配置していきます。
最後に、各狩猟場での獲物獲得判定をします。
これを4ラウンドやったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・クイーンドミノ
 Queen Domino(Blue Orange:2017)


クイーンドミノ

タイルを配置して、より得点の高い自分の王国をつくりあげるゲームです。
おのさん・翔さん・トド吉・私の4人でプレイ。

基本的なルールは『キングドミノ』と同じなので、加わった要素だけ簡単に説明。
騎士コマを持つことで、手番のアクションで徴税が選べるようになりました。
建設士ボードには建物タイルが並び、両端には女王コマとドラゴンコマを置きます。
建物タイルは、自国の町(赤)が空いていれば、コストを支払って購入出来ます。
塔を配置して、自分が最多だった場合、女王コマを受け取ります。
コストを支払って、建設士ボードに並ぶ建物から任意のタイルを焼き払うことが出来ます。
ただし、ドラゴンを使うことが出来るのはラウンドに1回のみで、女王コマを持っていないプレイヤーです。
ゲーム終了時の得点計算に、コインと特殊領地が加わります。

続きを読む

3

・クリスマスの12日
 12 Days of Christmas(Eagle-Gryphon:2015)


クリスマスの12日

カードを出して、出来るだけ多くのプレゼントを獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームでは、ショートゲームとロングゲームがあり、終了条件となるハンドの数が違います。
プレイする前に、全員でどちらをやるのか決めましょう。
カードをよくシャッフルして、全員に手札として12枚ずつ配り、ショートならプレゼントを1枚ずつ受け取ります。
リードプレイヤーから順に、手札からカードを出していきます。
出せるのは、セット・ストレート・シングルトンのいずれか。
リードプレイヤーが出したものをフォローする形で、カードを出していくか、パスをします。
全員出したら、もっとも小さい数字をプレイした人が次のリードプレイヤーになります。
誰かの手札がなくなったら、ハンドが終了。
勝利したプレイヤーはプレゼントを1枚獲得し、さらに残った手札が一番多い人は、プレゼントを勝者に1枚渡します。
プレゼントカードがなくなったら、ゲーム終了。
もっとも多くのプレゼントを獲得したプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・汽車は進むよ
 Jedzie pociąg z daleka(Nasza Księgarnia:2017)


汽車は進むよ

タイルを並べて線路をつなぎ、汽車を駅へ誘導して得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のフレームとタイル、汽車コマ等を受け取ります。
ゲームは全員同時に進行していきます。
ルールはとても簡単で、自分のタイル山から1枚取り、フレームの中に配置していくだけ。
この時、すでに配置されているタイルかフレームに隣接するように配置し、最後に線路が増えた汽車を移動させます。
汽車同士がぶつかったら両方取り除き、駅に到着した汽車は得点ボードに自分のトークンを置きます。
これを繰り返し、移動出来る汽車を持つプレイヤーがいない、もしくはすべてのタイルを配置して汽車の移動まで終わったらゲーム終了。
駅の得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ギルド・オブ・ロンドン
 Guilds of London(Frosted Games:2016)


ギルド・オブ・ロンドン

ギルドへの影響力を高め、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ギルドタイルを並べて場をつくります。
各プレイヤーは、自分色の組合員コマ4つと褒章カード、アクションカードを受け取ります。
ゲームはラウンド制。
各ラウンドは、プレイヤーが1回ずつ手番をやり、次にタイル解決と成長フェイズ。
さらにプラテーションタイルを解決したら、タイルを追加して次ラウンドへ。
手番では、アクションカードを使い、3種類の組合員コマアクションを1つ実行するか、アクションカードを引くか。
手番終了時に上限以上のアクションカードを持っていたら、捨て札にします。
プレイ人数によって違う規定ラウンド終了後、ゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・クランズ・オブ・カレドニア
 Clans of Caledonia(Karma Games:2017)


クランス・オブ・カレドニア

スコットランドを舞台に開拓して商品を生産し、契約を達成したりして得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードを組み合わせてマップをつくり、ゲームの準備をします。
各プレイヤーは、自分用ボードとコマ類を受け取ります。
初期配置をしたら、ゲームスタート。
ゲームは5ラウンドで、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
まず、前ラウンドの片付けと次ラウンドの準備をする準備フェイズ。
続いての8種類の中から1つ選んで実行するアクションフェイズは、全員がパスするまで続きます。
その後、商品や収入を得る生産フェイズがあり、最後に得点を計算する得点フェイズ。
これを5ラウンドやったのち、最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・キング・オゾ
 King Ozo(HUCH!:2017)


キング・オゾ

宣言された色の宝石を集めて、もっとも長い連紐をつくるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

風呂敷のように折りたたむと、収納出来るプレイマットを広げます。
スタートプレイヤーは、14本の紐を持ちます。
宝石をプレイマットに落としつつ、落ちきる前に1色を宣言します。
全プレイヤーは一斉に、宣言された色の宝石を取りますが、この時必ず水晶側を取ること。
1本の紐しか取ることが出来ず、触ってしまったら必ずその紐を取ります。
正しい紐を取れた人は、取った紐を獲得します。
それまでに取った紐があるなら、そこへつなげて1本の連紐にします。
次の人がスタートプレイヤーになってゲームを続け、残り紐が5本になったらゲーム終了。
もっとも長い連紐をつくった人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ