ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: かきくけこ

3

・キルクス・マクシムス
 Chariot Race(Pegasus Spiele:2016)


キルクス・マクシムス

自分の戦車を走らせ、コースを2周してゴールさせるレースゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

小ぶりなボードはレース場。
各自、自分の戦車をスタート地点に置き、対応する戦車ボードを持ちます。
自分の戦車の初期速度・ダメージ・幸運にクリップを取り付けます。
ゲームは1ラウンド中、各戦車が1回ずつのターンを行います。
ターンでは、任意で修理、そしてスピード調整をします。
次にダイスを振り、幸運の女神の助けを受けたら、戦車を動かします。
最後にダイス目によっては攻撃することが出来ます。
これをすべての戦車が実行したら、ラウンド終了で次のラウンドへ。
プレイ順は、ラウンド終了時の戦車の位置で決まります。
ラウンド終了時、いずれかの戦車が2周目のゴールラインを越えていたらゲーム終了。
2周目を完了させた戦車の中で、もっとも先頭にいる戦車が勝者です。

続きを読む

3

・客家円楼
 Round House(EmperorS4 Games:2016)


客家円楼

家族の長となって働かせ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードのほとんどを占めるのは、「円楼」という住居をモチーフにしたイラストが描かれています。
そこに部屋を置くことで、ゲームボードが完成します。
ゲームは、この円楼の部屋を移動して、様々なアクションを実行していきます。
手番がきたら、5つのステップを実行していきます。
達人カードを使う、家族長の移動、部屋のアクション実行、栄誉特典の獲得、注文の完成の順です。
このうち、家族長の移動は必須で、他は任意です。
家族長が1周して祠を通過する場合は、必ずそこで止まります。
そして、参拝の行動2種類から1種類を実行します。
これを繰り返し、ラウンドマーカーが終了に到達したら、他のプレイヤーが1手番ずつやってゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・グリュックス
 Glux(Queen Games:2016)


グリュックス

ボード上に自分のチップを配置していき、部屋での得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

広いボードにはマス目が描かれていて、各プレイヤーは4隅のどこかに自分のスタートマーカーを置きます。
ゲームの目的は、明るいマスで描かれた部屋で、自分がもっとも大きい数字になること。
ゲーム終了時に部屋ごとの得点計算があり、置かれたチップの数字をプレイヤーごとに計算し、もっとも大きい人と2位の人に得点がはいるからです。
各プレイヤーは、自分の袋に明かりチップをすべて入れ、中を見ずに1枚引いたら他のプレイヤーに見えないように持ちます。
手番がきたら、まず明かりチップを置きます。
チップを置ける場所は、すでに置いてある自分のチップに書かれている数字分、直線に進んだ場所です。
複数チップが置かれている場合は、いずれかのチップを選んでスタート場所を決めます。
直線上に他のチップが置かれている場合、そこでラインが切られているのでチップを置くことが出来ません。
目標マスにチップが1つだけ置かれている場合は、上に乗せることで上書き出来ます。
置くチップはどちらの面を上にするのか、自由に決めることが出来ます。
チップを置いたら、袋から新しいチップを1枚引いて手番終了です。
これを繰り返し、誰も袋からチップを引けなくなるか、ルールに従って置けなくなったらゲーム終了。
部屋ごとに得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

2

・玄武門の変
 The Xuanwu Gate Incident(Swan Panasia:2016)


玄武門の変

自分が勝者になるため、カード交換をしてクーデターを成功させるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

投票カード2枚と配られたキャラクターカード1枚を持ちます。
ゲームは位置取りとクーデターの2段階。
まずは位置取り。
中央に置かれたカードのうち1枚を秘密裏に確認し、自分のカードと交換するか、他のカードと交換するか、パスするかを選びます。
ただし、1ラウンドで出来るカード交換は1回のみ。
もし自分のカードが他のプレイヤーによって交換されていたら、自分の手番で自分のカードを交換することは出来ません。
そして全員が手番を終えたら、クーデターか否かの決定です。
各プレイヤーは、クーデターか待ち伏せのどちらかを選んで、裏向きで投票します。
この時、投票前に他のプレイヤーに働きかけることは可能ですが、キャラクターカードの情報を流してしまうと即脱落。
そして投票の結果を開示し、クーデターが成功すればゲーム終了。
場に置かれたキャラクターをオープンにし、そこに描かれているマークを確認し、対応する人が勝者になります。
クーデターにならなかった場合、次のラウンドへ進みますが、脱落している人は参加出来ません。

続きを読む

3

・コロッセオ
 Die Baumeister des Colosseum(Schmidt Spiele:2016)


コロッセオ

共同でコロッセオを建築し、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームボードの横には、コロッセオ建築予定場所として外箱を置きます。
各プレイヤーはスタートボードを持ち、自分の前に置きます。
ゲームはスタートプレイヤーから時計回りで、終了条件を満たすまで続きます。
手番がきたら、執政官を1マス進め、さらに任意で進めることが出来ます。
止まった場所で、1アクション実行するだけ。
アクションには、必要な資材を支払ってコロッセオを建築する、倉庫を拡張する、地形を拡張して資材を生産するの3種類があります。
これを繰り返し、コロッセオが完成したらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・神奈川沖浪裏
 Kanagawa(IELLO:2016)


神奈川沖浪裏

プレイヤーは北斎の弟子となり、自分の工房を改良し、版画をつくって得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には学校ボードを置き、各種免状タイルをボードの隣りに置きます。
各プレイヤーは初期タイルと絵筆コマを2個持ちます。
ゲームは数ラウンドからなり、各ラウンドは3フェイズ。
まずは、スタートプレイヤーが学校ボード上にカードを並べる「師範の教えを倣う」。
次にさらにカードが追加されるのを待つ「知識を深める」か、並んだカードを取得する「学んだことを実践する」。
最後は、まだ残っているプレイヤーがいる場合、さらにカードを追加する「新たな授業」。
各プレイヤーは、取った授業カードを版画もしくは工房の改良に追加します。
全プレイヤーが授業を受けたらラウンド終了。
これを繰り返し、授業カードの山が尽きるか、誰かが自分の版画に11枚以上のカードを置いたら、ラウンド終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・キルトキャッスル
 Kilt Castle(Zoch:2016)


キルトキャッスル

ボード上に塔を増築していき、お金を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

小ぶりなボードにはマス目が描かれていて、その外周に最初のカードを並べます。
手番がきたら、まずカード1枚を選んで移動させます。
カードは時計回りに移動させ、反対方向に移動させることは出来ません。
すでに4枚置かれている列に移動させることは出来ず、6列目をつくることも出来ません。
選んだカードによって1人もしくは2人が、移動先の列から任意のマスに自分の塔を置きます。
空き地ならそのままコマを置き、すでに誰かのコマが置かれていたら、すぐ下のコマの持ち主に、段数分のお金を支払って塔を増築します。
2人のプレイヤーが同じ手番内で同じマスにコマを置いた場合、2人目のプレイヤーはすぐに屋根を置きます。
屋根が置かれた塔は増築することが出来なくなり、全プレイヤーのものになります。
また、カードの移動によって、収入決算が発生する場合があります。
収入は、自分のコマが一番上になっている塔の隣接しているエリアを見て、もっとも価値の高いエリアから発生します。
これを繰り返し、誰かが最後のコマを置いたら、最終報酬の分配を行います。
もっとも多くお金を持っている人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ