ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: かきくけこ

3

・子ガモのキャンディあつめ
 Quack Quack(Noris:2016)


子ガモのキャンディあつめ

出来るだけ多くのキャンディを集めるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ヘッドバンドの先端に子ガモをつけたら、自分の頭にはめます。
各プレイヤーは、自分用の池を受け取って自分の前に置いておきます。
テーブル中央に池を置き、池の穴にキャンディを置きます。
スタートと同時に、ヘッドバンドの先端につけた子ガモを使って、キャンディを集めていきます。
子ガモには磁石がついていて、キャンディに近づけると磁石でくっつきます。
素早く自分の池に子ガモを移動させ、くっついたキャンディを素早く巣に置き、再び池にあるキャンディを取りに戻ります。
池のキャンディがすべてなくなったら、子ガモにくっついているキャンディを巣に置いてゲーム終了。
もっとも多くキャンディを集めた人が勝者になります。
ヴァリエーションルールでは、自分色のキャンディを池からなくすのが目的になります。

続きを読む

4

・ごきぶりデュエル
 Kakerlaken-Duell(Drei Magier:2017)


ごきぶりデュエル

自分側にごきぶりを移動させる2人用ゲームです。
トド吉とプレイ。

縦長のボードには、中央にごきぶりのスタートライン、お互いにコマ置き場があります。
手番ではだまし屋になり、タイル置き場にタイルを裏向きで置きます。
相手は予想屋になり、置かれているタイルを1枚ずつ3枚めくっていきます。
めくったコマが緑だったら、予想屋のほうにごきぶりを1歩移動させます。
赤い×をめくったら、直ちに手番終了で、残りのタイルはめくりません。
その列以外で、まだめくられていない列のごきぶりをだまし屋のほうに1歩ずつ移動させます。
そして役割を交代し、ゲームを続けます。
これを交互に繰り返し、ごきぶりがどちらかのタイル置き場にはいったら、その人の勝利でゲーム終了。

続きを読む

4

・クイビット!
 Quibbit!(LOGIS:2016)


クイビット

カードを失くさないように、自分のカエルを進ませていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

3枚の特別なタイル間に、各プレイヤーの色の葉を並べて場をつくります。
各プレイヤーは、自分用のカードセットを持ちます。
スタートプレイヤーのカエルを先頭に置いて王冠をのせ、後ろに時計回りの順で各プレイヤーのカエルを置きます。
ゲームはラウンド制。
どのカードを使うのか秘密裏に選んで一斉に公開する計画、出した数字が小さい順にカエルを移動させていく移動、最後に使ったカードを処理したらラウンド終了。
移動先が自分の色、もしくは花のタイルだった場合、使ったカードは手元に戻ります。
これを繰り返していき、ゲームの終了条件は3つ。
生き残ったカエルが1匹になった場合、その人の勝利で終了。
同じラウンドで全員が脱落した場合、王冠をのせていた人が勝者となり終了。
先頭のカエルが最後尾のカエルを追い越してしまった場合は、ラウンド終了を待たず直ちに終了で、追い越した先頭のカエルが勝者になります。

続きを読む

3

・黒赤黄
 Schwarz Rot Gelb Extreme(Amigo:2017)


黒赤黄

自分の前にカードを並べていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

正方形のカードには、色・形・マークがそれぞれ描かれています。
これらをよく混ぜ、裏向きでテーブル中央に広げます。
得点カードを裏向きでシャッフルして山にしておきます。
ゲームは全員同時に。
中央からカードを1枚取り、自分の前に決められた条件で並べます。
並ぶ列の一番右端と比べ、何らかの要素が一致していてはいけません。
要素には色の数・形の種類数・マークの総数があり、すべてが違うカードなら、並べることが出来るのです。
置くことが出来ないカードは表向きのまま中央に戻しますが、このカードは誰でも使用可能。
誰かが7枚並べたらラウンド終了。
それぞれ得点計算をし、間違いがなかった枚数が一番多い人から得点カードを取り、次のラウンドへ。
5ラウンド終了後にゲームも終了となり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・カランバ
 Caramba(Amigo:2017)


カランバ

ダイス目を同じ色で揃え、素早くポーンを取って得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル上には、得点ボードと3色のポーン。
各プレイヤーは6つのダイスを受け取り、1つは得点計算用として得点ボードに置きます。
ゲームは全員一斉にスタート。
合図と同時に自分のダイス5個を振り、振りなおしつつ、すべてが同じ色になるようにします。
5つすべてが同じ色になったら、その色のポーンを素早く取って自分の前に置きます。
テーブル中央に置かれているものも、他のプレイヤーがすでに取ったものでも構いません。
再びダイスを振り、違う色を揃えます。
誰かがテーブル中央に置かれた、最後のポーンを取ったらラウンド終了。
ポーンを持っていれば得点を獲得し、次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが20ポイントのマスに到達もしくは通過したら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

・きょうあくなまもの
 Terrible Monster(Sweet Lemon:2015)


きょうあくなまもの

モンスターを使って、相手にダメージを与えていく対戦カードゲームです。
トド吉とプレイ。

最初に配られるカードは5枚。
お互いにライフトークンと無効化トークン、リファレンスシートを持ったらゲーム開始。
手番がきたら、山札からカードを1枚引きます。
その後、カードを2枚までプレイしたら、手札を5枚になるように捨てて手番終了。
相手がカードを出した時、無効化トークンを使うことでカードを無効にすることが出来ます。
無効化されたのを、さらに無効化トークン2枚で無効化封じすることも出来ます。
これを繰り返し、どちらかのライフトークンがなくなったゲーム終了です。

続きを読む

3

・クラベルトラベル
 Krabbel-Trabbel(Amigo:2017)


クラベルトラベル

自分の周りを飛び回るぞろぞろ虫を退治していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のモンスターを決めてカードを受け取ります。
カードの上に、ぞろぞろ虫のチップを置きます。
手番がきたら、アクションカード山の一番上を1枚めくり、描かれているアクションを実行します。
ルールはこれだけ。
各アクションは、成功すればぞろぞろ虫を捨てたり、他の人に追いつけたりすることが出来ます。
これを繰り返し、アクション終了後に自分のモンスターの上にぞろぞろ虫が1つもなかったら、その人の勝利でゲーム終了です。
2005年にラベンスバーガーから出ていた「にきびモンスター」のリメイク。

続きを読む

このページのトップヘ