ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > かきくけこ

3

・かなざわレシピ(ホッパーエンタテイメント:2018)

かなざわレシピ

自分に与えられたメニューを完成させるため、材料を集めていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時、手札として6枚の材料カードとレシピを1枚持っています。
自分がつくらなければいけないレシピには、必要とする材料が6つ描かれてて、最初に必要な材料があれば、裏向きでカード置き場に置くことが出来ます。
ルールはいたって簡単で、手札から1枚捨てて、山札から1枚補充するだけ。
補充した時に必要な材料だったら、自分のカード置き場に裏向きで置いて確保。
さらに他の人が捨てた材料が欲しい材料だったら、「レシピ!」と宣言してもらうことが可能。
ここでプレイ順が宣言した人になり、手札から1枚捨てたら次の人・・・と進んでいきます。
ゲームが進み、あと1枚で完成する時には「ごはんですよ」と宣言し、見事出来上がったら「できあがり!」と宣言します。
一番最初に出来上がった人が勝者となります。

続きを読む

3

・ゲシェンク
 Geschenkt(Amigo:2004)


ゲシェンク

出来るだけマイナス点にならないようにするゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーに、チップを配ります。
チップは他のプレイヤーに見られないよう、隠して持ちます。
数字が書かれたカードを裏向きでよく混ぜ、24枚を山にしてテーブル中央に置きます。
ゲームは、カード山の一番上のカードをめくるところからはじまります。
手番がきたら、そのカードを受け取るか、受け取らずにチップを置くか。
カードを受け取ったら自分の前に表向きで置きますが、この時、置いてあるチップも一緒に引き取ります。
誰かがカードを引き取ったら、カード山から新しいカードを表向きにして続けます。
これを繰り返し、最後のカードを誰かが引き取ったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも失点の少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・カービィのスイーツパーティー(エンスカイ:2017)

カービィのスイーツパーティー

材料を揃えて、スイーツを完成させるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には材料が並ぶメインボードがあり、各プレイヤーは材料とスイーツカードをのせるクッキングボードを受け取ります。
ゲーム開始時には、各プレイヤーは配られたスイーツカード3枚から2枚を選んで、クッキングボードにのせます。
手番がきたら、好きな材料を3個取ります。
次に材料を使います。
この時、自分のスイーツに使っても、他プレイヤーのスイーツに使っても構いません。
もちろん、自分のクッキングボードに残したり、万能のしずくと交換することも可能。
この段階でスイーツが完成したら、材料をポーチに戻し、新しいスイーツカードを山札から取ります。
メインボードに材料を補充したら、ポーチを次の人に渡して手番終了。
これを繰り返し、スイーツカードの山札が尽き、クッキングボードのスイーツをすべて完成させた人がでたら、ゲーム終了へ。
順番にゲストを獲得して得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

2

・カルタヘナ 帰還
 Cartagena 2: Das Piratennest(Winning Moves:2006)


カルタヘナ

海賊となって、自分のグループ全員を海賊の街へ導くゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には島を2つ置き、各プレイヤーは自分色を選んでコマを持ちます。
カードをよく混ぜ、各プレイヤーに7枚ずつ配り、残りは山にしておきます。
手番がきたら、3つのアクションから選び、1〜3回実行します。
出来るアクションは、カードをプレイして自分の海賊を前進させる・他の海賊を移動させてカードを獲得する・ボートを移動させるの3つ。
これを繰り返し、自分のすべての海賊を街に到達させたプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・光合成
 Photosynthesis(Blue Orange:2017)


光合成

森で木を育て、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは森で、外周は太陽が移動していきます。
ボードには、木を育てるスペースが描かれています。
森の深部へ行くにつれ、色が濃くなっていて、それぞれ伐採した時に獲得出来るトークンが違います。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドには光合成フェイズとライフサイクルフェイズがあります。
光合成フェイズでは、太陽を動かしてライトポイント(LP)を獲得します。
ライフサイクルフェイズでは、各プレイヤーが手番を1回行います。
手番で出来るアクションは、購入・種まき・生長・伐採の4種類で、LPを消費して実行します。
全員が手番を終えたらラウンド終了で、スタートプレイヤートークンを次の人に渡して次ラウンドへ。
これを繰り返し、太陽がボードを3周したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・カフェファタール
 Cafe Fatal(Zoch:2017)


カフェ・ファタール

ダイスを振ってテーブルを選び、ケーキやピザのピースを集めるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、自分色のダイスを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは準備・アクション・分配の順で実行していきます。
準備では、テーブルボードにピースを置きます。
アクションでは、順番にダイスを振って、テーブルに置いていきます。
手番がきたら、まだテーブルに置いていないダイスすべてを振って出目を1つ選び、同じ出目のダイスすべてをテーブルに配置します。
全員のダイスがすべて配置されたら、ピースの分配。
テーブル毎にダイスの数を比べ、一番多く置いた人がピースを受け取ります。
そして、スタートプレイヤーを移動して次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが40点に到達するか、袋に入っているピースが足りなくなったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

2

・京杭大運河
 Da Yunhe: Der Grosse Kaiserkanal(Muller-Matzig Spiele Verlag:2016)


京杭大運河

運河を建設し、名誉点を集めるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

北京から杭州に向かって流れる大運河に、ネットワークをつくっていきます。
大きなボードは中央に大運河が流れ、スタート地は北京です。
各プレイヤーは、自分色のボードとタイルを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5フェイズからなります。
まずはアクションカードを選択、次に持っているアクションカードを使ってアクションを実行します。
全員がアクションを終えたら、内閣大学士が移動し、名声点を上下させます。
暴動の発生条件を満たしていたら、ここで暴動が発生し、最後にクリーンナップをして次のラウンドへ。
これを繰り返し、内閣大博士が4回移動したらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ