ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: かきくけこ

4

・クトゥルフ・レルムズ
 Cthulhu Realms(Tasty Minstrel Games:2015)


クトゥルフ・レルムズ

探索者となり、正気度を保ち続けるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

クトゥルフがテーマのデッキ構築型ゲームです。
各プレイヤーは、初期カードセットを受け取り、裏向きでシャッフルして自分の山札をつくります。
プレイヤーシートを受け取って自分の前に置き、自分の正気度を表示します。
場には5枚の共通カードが並び、自分の手番中にコストを払うことで獲得することが出来ます。
手番がきたら、手札を望むだけプレイし、ただちに能力を発動して効果を適用します。
使ったカード及び手札に残ったカードは、すべて自分の捨て札として重ねておきます。
プレイした場所カードは、そのまま自分の前に残します。
最後に自分の山札から5枚引いたら、次の人の手番に。
カードを引く必要があるのに山札が枯渇した場合は、自分の捨て札をシャッフルして山札をつくります。
これを繰り返し、正気度が0になったら脱落。
脱落せずに残っているプレイヤーが1人になったら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・キングドミノ
 Kingdomino(Blue Orange:2016)


キングドミノ

タイルを並べて、より名声点の高い自分の王国をつくるゲームです。
4人でプレイ。

各プレイヤーはスタートタイルと自分の城、国王コマを受け取ります。
ゲーム開始時に、使われている国王コマ数と同じ枚数のタイルを、数字が小さい順に並べて表向きにします。
プレイ順を決め、順に任意のタイルに自分の国王コマを置きます。
その後、再びタイルを並べてセットすることで、場には2列のタイル列が並ぶことに。
準備が出来たら、一番上のタイルに国王コマをのせている人から、順に手番を実行していきます。
ゲームの目的は、タイルを5×5の大きさに並べて、自分の王国をつくって名声点を獲得すること。
名声点は地所ごとに計算して合計しますが、王冠の数とつながっている同じ種類のマス数を乗算するので、王冠がない土地は名声点がもらえません。
手番では、自分の国王コマがのっているタイルを取り、自分の領地に追加します。
次に、新しい列にあるタイルを選んで、自分の国王コマを置きます。
全員の手番が終わったら新しいタイル列をつくり、新たなターンをはじめます。
これを繰り返し、最後のタイル列を順に取って配置したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも名声点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・クイキシオミニ
 Quixo mini(Gigamic:1995)


クイキシオ

自分のマークを縦横斜めのいずれかに並べる五目並べです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは、2人もしくは4人用のゲームです。
キューブを無印の面が上になるように並べます。
手番では、外周にある無印のキューブを1個取って自分の印を上にし、スライドするように入れ直します。
もしくは、自分の印が上にあるキューブを入れ直すことも可能です。
これを繰り返し、縦横斜めの直線上に自分の印のキューブを並べた人が勝者です。

続きを読む

3

・クウィックス:デュエル
 Qwixx: Das Duell(Nurnberger-Spielkarten:2016)


クィックスデュエル

ダイスの出目で列を埋め、得点を獲得する2人用ゲームです。
トド吉とプレイ。

基本的なルールはクウィックス
ただしこの2人用では、シートに×をつけて書き込むのではなく、1枚のボードを共用としてマーカーを置いていきます。
手番がきたらダイスを6個振り、アクション2つを実行します。
まず白のダイス2個分の合計値を好きな色の列の該当する数字に置きます。
次に白1個と任意のカラーダイス1個の合計値をその色の列の該当する数字に置きます。
アクションを片方、もしくは両方実行出来ない場合は、1アクションにつき1つずつ失敗にコマを置きます。
いずれの場合も、各列は左から右に向かい、自分のコマのうち最も右に置いてあるコマよりも右に置きます。
相手のコマが置いてあるマスには置けませんが、最も右に置かれているコマは置き換えることが可能。
最も右が自分のコマだった場合、上に重ねて置くことでスタックにすることが出来ます。
各列の一番右のマスは、その列に自分のコマが5個以上置かれている場合に置けます。
これを繰り返し、どちらかが最後のコマを置いた・失敗に4個コマが置かれた・2色の列がロックされたのうち、いずれかに該当したら直ちにゲーム終了。
得点計算をし、得点の高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・カッコウの巣作り
 Zum Kuckuck!(HABA:2016)


カッコウの巣作り

木の串を組み合わせて、カッコウの巣をつくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

缶入りのこのゲーム、缶筒の下部分を土台として使います。
枝木をまとめて筒に入れて、まんべんなく広げたらゲーム開始です。
手番がきたら、まず枝木を1本抜きます。
この時、両端が同じ色なら巣受けの上に水平に渡し、自分の卵を1個置きます。
チャンスは3回までで、枝木を3本引いても両端の色が同じものを引けなかったら、枝木を巣受けに渡して手番終了です。
枝木を崩したら、崩れた枝木を巣の上に戻して手番終了。
卵を落としてしまったら、引き取って自分の手元に置きます。
これを繰り返し、卵をすべて巣の上に置き、次に手番が回ってきた時に卵が残っていないなら、カッコウを巣の上に置いて勝利。
この時も枝木や卵を落としてしまうとまだゲームは続きます。
カッコウを落としたら、次の手番まで待つことになります。

続きを読む

3

・コスタリカ
 Costa Rica(Lookout Games:2016)


コスタリカ

コスタリカの森を探索し、たくさんの生き物を見つけるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には六角形に配置されたタイル。
裏側には、生き物が1匹もしくは2匹描かれています。
ゲームの目的は、この生き物たちを集めて得点を獲得すること。
ゲーム開始時、各プレイヤーの探検家コマを6ヵ所に配置し、これが探検家グループとなります。
手番がきたら、探検隊長として、選んだ1ヵ所の探検家コマすべてを動かします。
まず隣接しているタイルを1枚めくり、自分の探検家コマを移動させます。
次に、めくったタイルと自分の探検家コマを持ち帰るか、他のプレイヤーに権利を渡すか選びます。
誰もタイルを取得しなかったら、次のタイルをめくり探索を続けます。
タイルを獲得する人は、自分の探検家コマと一緒に、それまでにめくったタイルすべてを持ち帰ります。
そして次の人の手番に。
これを繰り返し、すべての探検家コマがいなくなるか、すべてのタイルがなくなったらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・コードネーム:ピクチャーズ
 Codenames: Pictures(CGE:2016)


コードネーム

20枚の中からヒントを頼りに、自チームのエージェントを見つけるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

コードネームが、言葉ではなくイラストになりました。
場に並ぶカードも20枚になり、描かれたイラストを元にスパイマスターが自チームの諜報員にヒントを出し、エージェントを探してもらいます。
基本的なルールは、通常のコードネームと同じなので詳細は割愛。
2人プレイなので、お互い同じチーム。
自分たちのターンが終わると、仮想の敵チームのターンになり、自動的に敵チームのエージェントカードが置かれていきます。
敵チームのエージェントカードがすべて置かれる前に、自チームのエージェントを見つけられた枚数でレベルが決まります。

続きを読む

このページのトップヘ