ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: かきくけこ

3

・ギルド・オブ・ロンドン
 Guilds of London(Frosted Games:2016)


ギルド・オブ・ロンドン

ギルドへの影響力を高め、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ギルドタイルを並べて場をつくります。
各プレイヤーは、自分色の組合員コマ4つと褒章カード、アクションカードを受け取ります。
ゲームはラウンド制。
各ラウンドは、プレイヤーが1回ずつ手番をやり、次にタイル解決と成長フェイズ。
さらにプラテーションタイルを解決したら、タイルを追加して次ラウンドへ。
手番では、アクションカードを使い、3種類の組合員コマアクションを1つ実行するか、アクションカードを引くか。
手番終了時に上限以上のアクションカードを持っていたら、捨て札にします。
プレイ人数によって違う規定ラウンド終了後、ゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・クランス・オブ・カレドニア
 Clans of Caledonia(Karma Games:2017)


クランス・オブ・カレドニア

スコットランドを舞台に開拓して商品を生産し、契約を達成したりして得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードを組み合わせてマップをつくり、ゲームの準備をします。
各プレイヤーは、自分用ボードとコマ類を受け取ります。
初期配置をしたら、ゲームスタート。
ゲームは5ラウンドで、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
まず、前ラウンドの片付けと次ラウンドの準備をする準備フェイズ。
続いての8種類の中から1つ選んで実行するアクションフェイズは、全員がパスするまで続きます。
その後、商品や収入を得る生産フェイズがあり、最後に得点を計算する得点フェイズ。
これを5ラウンドやったのち、最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・キング・オゾ
 King Ozo(HUCH!:2017)


キング・オゾ

宣言された色の宝石を集めて、もっとも長い連紐をつくるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

風呂敷のように折りたたむと、収納出来るプレイマットを広げます。
スタートプレイヤーは、14本の紐を持ちます。
宝石をプレイマットに落としつつ、落ちきる前に1色を宣言します。
全プレイヤーは一斉に、宣言された色の宝石を取りますが、この時必ず水晶側を取ること。
1本の紐しか取ることが出来ず、触ってしまったら必ずその紐を取ります。
正しい紐を取れた人は、取った紐を獲得します。
それまでに取った紐があるなら、そこへつなげて1本の連紐にします。
次の人がスタートプレイヤーになってゲームを続け、残り紐が5本になったらゲーム終了。
もっとも長い連紐をつくった人が勝者になります。

続きを読む

3

・クワイトビル
 Quietville(Kanga Games:2016)


クワイトビル

怪獣や災害に壊されないようにしつつ、都市を繁栄させて得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には災害カードと建物カードが、それぞれ5枚ずつ並んでいます。
各プレイヤーは、お金カード1枚と平穏な日々カード1枚を持ちます。
手番がきたら、都市カード購入するか、もしくは災害カードから1枚を選んで取ります。
購入した建物は、自分の前に表向きで置きます。
災害カードを取った場合、指示に従って災害を適用しますが、お金カードを1枚もらえます。
お金カードは2枚までしか持てません。
誰かの手番終了時に、列のカードがなくなっていたら、対応するカード山から5枚めくって並べます。
もし、カード山の一番上に投票カードがあったら得点計算発生。
4つの得点方法のうち1つを選んで得点を計算し、シートに記入します。
4回目の投票終了後、ゲーム終了。
得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

2

・キギ
 Kigi(Smart Play Games:2014)


キギ

出来るだけ同じ枝をつなげて注文を達成し、得点を獲得するゲームです。
いたるさんと2人でプレイ。

各プレイヤーは、木の幹を1枚ずつ持ちます。
樹木カードと注文カードをよく混ぜ、裏向きの山をつくったら、表向きに3枚並べて展示列をつくります。
手番がきたら、展示列からカードを1枚取ります。
樹木カードなら任意のプレイヤーの木につなげ、注文カードなら自分の注文カード置き場に置きます。
次に得点を計算し、必要なら枝折れを行います。
最後に展示列が3枚になるよう補充したら手番終了です。
これを繰り返していき、展示列にある最後の1枚が取られ、そのプレイヤーの手番が終了したらゲーム終了です。
それまでに獲得した得点に注文カードの得点を加え、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・クロンダイク・ラッシュ
 Klondike Rush(Red Raven Games:2017)


クロンダイク・ラッシュ

鉱山会社に投資して注文を達成し、お金を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには雪山が描かれていて、各マスには獲物トークンが置かれ、線でつながっています。
各プレイヤーは、注文カード、最初の資金、収益カードを受け取ります。
スタート位置に街トークンを置き、4種類の鉱山コマを1個ずつ置いたらゲームスタート。
ゲームはターン制で、手番ごとにターンが進行していきます。
ターン開始時、手番プレイヤーは雪男フィギュアを自分の前に置きます。
そして、鉱山会社の山札の一番上を引いて競りをします。
値付けは1回で、より高くなるように値段を付け、最も高い値段を付けた人がカードを獲得。
その後、手番プレイヤーは、所有している鉱山コマを配置することが出来ます。
次の人に雪男フィギュアを渡し、新しいターンを始めます。
これを続けて、最後の鉱山会社カードが購入されたターン終了後、全員が1ターンずつやりゲーム終了。
収益カードを使っていない人は収益が発生し、ボーナス収入を計算。
もっとも所持金の多い人が、ゲームの勝者になります。

続きを読む

3

・ギーア
 Gier(Amigo:2017)


ギーア

同じ数字のカードを6枚集めるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

1から7までのカードが7色あります。
ゲームの目的は、同じ数字のカードを6枚集めることです。
数字カードをよく混ぜ、プレイ順で違う枚数のカードと泥棒カードを1枚ずつ配ります。
手番がきたら、手札から1枚だけ出し、自分の収集物に加えます。
次に他プレイヤー1人を選んでカードを盗みます。
さらにカードを盗むことも可能で、自発的にやめて自分の収集物に加えるか、すでに盗んだカードと同じものを取ってしまったら失敗でカードを持ち主の手札に戻します。
最後に手札の補充で、手札が1枚だけになっていたら、山札から7枚加えます。
カードを盗まれて1枚だけになっていた場合も補充します。
または、自分の収集物から1種類すべてを捨てることで、手札が8枚になるまで補充出来ます。
これを繰り返し、手番終了時に同じ数字のカードを6枚収集していれば、その人の勝利でゲームも終了します。

続きを読む

このページのトップヘ