ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: あいうえお

3

・ウソツキシャーマン
 Waka Tanka(Sweet Games:2016)


ウソツキシャーマン

動物を召喚し、呪文を習得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場の中央には大きなトーテムポール、その周りには動物タイルを並びます。
動物カードをシャッフルし、配り切りで各プレイヤーにカードを配ります。
手番がきたら、3つのアクションから1つを実行します。
手札をプレイは、グレートシャーマンを動かした動物タイルに裏向きで1枚置き、タイルの動物と同じカードを置いたことを宣言します。
ウソツキ宣言は、直前のプレイヤーが手札をプレイしていたら、宣言することが出来ます。
その動物に置かれているカードをすべて公開して確認。
宣言が成功したらトークンを1個受け取り、直前のプレイヤーは公開されたカードすべてを手札に加えます。
宣言が失敗したら、公開したカードをすべて自分の手札に加えます。
呪文を唱えるは、動物を選んでカードをすべて公開し、2枚以上の一致するカードがあったら成功。
動物カードが1枚以下だったら失敗で、公開したカードをすべて手札に加えます。
これを繰り返し、誰かの手札がなくなって次のプレイヤーの手番が終わるか、誰かが4個目のトークンを獲得したらゲーム終了。
勝者は手札をなくした人、もしくはトークンを4個集めた人です。

続きを読む

4

・いろどりシティ
 Multi City(LOGIS:2016)


いろどりシティ

手持ちのコマを早く置ききるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーはどの色を使うのか決め、街コマ6個を受け取ります。
それぞれ色が、樹木や住民などの街のパーツになっています。
敷地カードをシャッフルして、裏向きの山札にしたらゲームスタート。
手番がきたら、敷地カードを配置するか、敷地カードの上に自分の街コマを置くかのどちらかを実行します。
敷地カードは、すでに配置してある敷地に辺が接するように置かなければなりません。
街コマを置く場合、街コマの両端にあたるマスが街コマと同じ色のマスじゃなければいけません。
ただし、工事中のマスに重なるようには置けません。
これを繰り返し、誰かが街コマ6個すべてを置ききったら、その人の勝利でゲーム終了。
もしくは、敷地カードの山から最後の1枚が置かれたら、各プレイヤーが1個ずつコマを置き、手元に残った街コマがもっとも少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・海の野郎ども
 Brethren of the Coast(uplay.it:2016)


海の野郎ども

船隊を率いる船長として、スペイン帆船や植民地を狙いお宝を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場の中央には、ゲーム終了時に宝箱の数で取り合うポートロイヤル。
周りを囲むように、スペイン帆船と植民地が描かれたスペインボードが並びます。
各プレイヤーに4枚ずつカードを配り、残りは山札として置きます。
手番がきたら、手持ちの船を1隻スペインボードに置き、次に手札から1枚を今回の手番で船を置かなかったスペインボードに表向きでプレイします。
この時、ポートロイヤルに1ダブロン支払うことで、裏向きでプレイ出来ます。
最後に、カード山から1枚引いて手札に加えたら手番終了。
スペインボードに6枚目のカードが置かれたらお宝分配をします。
船コマの帆を比べ、多い人から順番に通常のダブロンもしくは宝箱のカードを受け取っていきます。
分配が終わったらスペインボードを裏返し植民地にします。
プレイヤー全員がカードと船をプレイし終えたらゲーム終了。
スペイン帆船が残っていればお宝の分配をし、次に植民地、最後に宝箱を一番多く持っている人がポートロイヤルを受け取ったら、手持ちのダブロンを合計して最も多い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アナクロニー
 Anachrony(Mindclash Games:2017)


Anachrony

再び破滅が訪れる地球を舞台に、未来からの投資を受けつつ過去の歪みを修正し、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、個人ボードやタイル類を受け取ります。
次に使用するリーダーを決めて、リーダーカードとボードを受け取ります。
中央には共通のボードとタイムラインを並べます。
ゲームは最大7時代で終わります。
時代はタイムラインで表示され、未来からの投資を過去に戻って返済していきます。
ゲームはまず、ボード上の補充を行うところから始まります。
次にライムライン上をチェックし、状況で建設地にマイナス点になるタイルを置いたりします。
そして、アクションを何回実行するのか決めるため、自分のボードにスーツタイルを配置します。
この後、未来から投資を受けるのか決めて処理し、メインとなるアクションラウンド。
最後にワーカーの回収、終了チェック等クリーンアップをやり1時代終了で、次の時代へ進みます。
これを繰り返し、7時代が終わるもしくは首都アクションが使用不可になったらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・エレメンツ
 Elements(Pegasus Spiele:2016)


エレメンツ

手札の値をコントロールし、勝負することで勝利点を獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

使うカードは16枚で、1から6のカード。
シャッフルしてお互い6枚ずつ持ったら、残りは使いません。
手番では、5種類のうち1つを選んで実行していきます。
手札を場に出す、場に出ているカードを1枚取って自分の前に並べる、6を捨てる、勝負をかける、敗北宣言をするのどれか。
このゲームでは、自分の手札の合計値が相手より高く、それでいて場に公開されているカードの合計値より高くしてはいけません。
勝負をかけるを選んだら、まず自分の手札を公開し、上限枠以下か確認します。
次に相手も手札を公開し、上限枠をこえていたら手番の人に勝利点が入ります。
もしお互いに上限枠内だったら、合計値の高いほうに勝利点が入ります。
敗北宣言をすると、相手に勝利点が入ります。
再びカードをシャッフルするところから繰り返し、ラウンド終了時にどちらかが6点以上だったらゲーム終了です。

続きを読む

4

・アドレナリン
 Adrenaline(Czech Games Edition:2016)


アドレナリン

未来の闘技場を舞台に、他のプレイヤーを攻撃して得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードは舞台となる闘技場。
色分けされた部屋はさらにスペースで分かれていて、各部屋はドアで繋がっています。
各プレイヤーは自分の内容物を受け取ってセットし、スタートプレイヤーから順に最初の出現位置を決めます。
手番がきたら、移動・移動してアイテムを取る・攻撃の3種類のアクションから2つを実行するだけ。
攻撃されてダメージが蓄積していくと、アイテム取る前の移動が増えたり、攻撃する前に移動出来たりと内容が変わります。
手番終了時に弾薬を持っていれば、武器をリロードすることが出来ます。
ダメージが蓄積されて死亡したら、攻撃したプレイヤーたちは得点を獲得し、死亡したプレイヤーは再出現します。
これを繰り返し、終了条件を満たしたらゲーム終了。
獲得した得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・エデニア
 Edenia(BLAM !:2016)


エデニア

自分のヒツジを移動させ、惑星エデニアを目指しつつ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

宇宙の外枠をつくり、スタート惑星のアリディスとゴール惑星のエデニアをセット。
各プレイヤーは、自分色の宇宙を駆けるヒツジを決めてスタートに配置。
ゲームの目的は、銀河で最も早く!銀河で最もスマート!銀河で最も戦略的!の3つのどれかを目指します。
手番がきたら、自分のヒツジを1匹選び動かすか、パスしてクローバートークンを受け取るかのどちらかを実行するだけ。
ヒツジが道の上にいる場合、そのまま進行方向へ進むか、後ろに進むかのどちらか。
進んだ先がタイルの端なら、タイルを引き進みますが、1手番でタイルを引けるのは1枚のみ。
ドワーフの惑星に到着したら、クローバートークンを払うことでアイテムを入手することが出来ます。
入植可能な惑星に到着したら、自分の旗を立てることが出来て、ゲーム終了時に7点になります。
ブラックホールに入ったらダイスを振り、出目の数だけヒツジを移動させます。
瞬間移動装置に入れば同じ色の装置へ移動しますが、一度使うと故障し、修理するまで使えません。
ゲームは、誰かがヒツジ3匹をエデニアに置いて勝利・誰かが42点到達して勝利・エデニアのクローバートークンがなくなったので得点計算をするのどれかが達成されたら、すぐに終了します。

続きを読む

このページのトップヘ