ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: あいうえお

3

・エデニア
 Edenia(BLAM !:2016)


エデニア

自分のヒツジを移動させ、惑星エデニアを目指しつつ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

宇宙の外枠をつくり、スタート惑星のアリディスとゴール惑星のエデニアをセット。
各プレイヤーは、自分色の宇宙を駆けるヒツジを決めてスタートに配置。
ゲームの目的は、銀河で最も早く!銀河で最もスマート!銀河で最も戦略的!の3つのどれかを目指します。
手番がきたら、自分のヒツジを1匹選び動かすか、パスしてクローバートークンを受け取るかのどちらかを実行するだけ。
ヒツジが道の上にいる場合、そのまま進行方向へ進むか、後ろに進むかのどちらか。
進んだ先がタイルの端なら、タイルを引き進みますが、1手番でタイルを引けるのは1枚のみ。
ドワーフの惑星に到着したら、クローバートークンを払うことでアイテムを入手することが出来ます。
入植可能な惑星に到着したら、自分の旗を立てることが出来て、ゲーム終了時に7点になります。
ブラックホールに入ったらダイスを振り、出目の数だけヒツジを移動させます。
瞬間移動装置に入れば同じ色の装置へ移動しますが、一度使うと故障し、修理するまで使えません。
ゲームは、誰かがヒツジ3匹をエデニアに置いて勝利・誰かが42点到達して勝利・エデニアのクローバートークンがなくなったので得点計算をするのどれかが達成されたら、すぐに終了します。

続きを読む

4

・ヴィア・ネビュラ
 Via Nebula(Space Cowboys:2016)


ヴィア・ネビュラ

資源を活用して建物を建設したり、契約を達成して得点を獲得するゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは、ネビュラの谷と契約書カード置き場で両面仕様。
今回は何となく経験者ボードで。
各プレイヤーは、自分用のボード、自分色の建物コマと個人契約書カード、そして労働者コマと草原タイルを受け取ります。
手番がきたら、6つのアクションから選んで2つ実行します。
出来るアクションは、職人の配置・建設地の配置・霧マスの探索・自分の契約地に資源1つを運ぶ・建物の建設、その他に2つ分消費する化石の森の探検があります。
同じアクションを実行することも可能です。
2つアクションを実行したら、次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが建物を5つ建設したら、他のプレイヤーたちが手番を1回ずつやりゲーム終了。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・オケアノス
 Oceanos(IELLO:2016)


オケアノス

潜水艇で深海に潜り、動物の捕獲や財宝の獲得で得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

キャラクターを選び、自分の前に潜水艇を置きます。
ゲームが進むと、潜水艇の横に深海が出来てくるので、その分スペースを開けておきます。
探検カードをラウンドごとに分け、シャッフルして裏向きの山にしておきます。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドは5ターンです。
調査隊隊長が各プレイヤーにカードを配ります。
配られた中から1枚を選び、自分の前に裏向きで置きます。
残ったカードは調査隊隊長へ戻します。
残したカードを一斉にオープン、自分の前に配置します。
調査隊隊長は、他のプレイヤーに渡されたカードから1枚選び、自分の前に配置し、残りは捨て札にします。
次の人が調査隊隊長になって同じことを繰り返し、5ターンが終わったらラウンド終了。
各自ラウンドの終了処理をし、得点をメモします。
これを3ラウンド繰り返し、最後に最終得点計算をしたらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ウルムの黄金時代
 Ulm(HUCH! & friends:2016)


ウルムの黄金時代

中世のウルムを舞台に、各区画での活動を通じて、得点を獲得していくゲームです。
秋山さん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには8つの区画とドナウ川が描かれています。
ゲームは10ラウンド、各ラウンドでプレイヤーが出来るのは1手番です。
スタートプレイヤーは、塔タイルを大聖堂上に置きます。
その後、スタートプレイヤーから順に、手番を実行していきます。
手番がきたら、袋からアクションタイルを1枚引いて、そのタイルを大聖堂エリアのマス内に押し込みます。
次に、タイルを押し込んだ列もしくは段の3つのアクションを任意の順番で実行します。
ゲーム中にカードを獲得していたら、ラウンド毎に1枚プレイすることが出来ます。
次のプレイヤーに袋を渡せば、次の人の手番になり、全員が1手番やったらラウンド終了で次のラウンドへ。
10ラウンド目が終了したら、最終得点計算。
各種得点を加算し、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・犬の散歩
 Walk the Dogs(SimplyFun:2005)


犬の散歩

犬を並べて得点を獲得するゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

場にはたくさんの犬たちが、1列に並んでいます。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、山札から1枚カードを引き、次に手札から1枚使って場から犬を獲得するだけ。
ゲーム開始時、各プレイヤーには2枚ずつ手札としてカードが配られているので、手番では3枚から使いたいカードを選ぶことに。
もし山札から引いた時にアクションカードの場合は即適用し、再び山札から1枚引きます。
次にカードのプレイ。
カードには列の先頭もしくは最後尾、1匹から3匹などの犬を獲得する条件が描かれています。
これに従って列から犬を取り、自分の前に列をつくっていくだけ。
誰かが同じ犬を5匹続けて並べるか、場の犬がなくなったらゲーム終了。
各プレイヤーは、自分の前に出来ている犬の列で得点計算をします。
同じ犬が続けて並んでいる数で、得点が変わり、すべてを合計してもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・オバケの城
 Geisterburg(Queen Games:2016)


オバケの城

大人のオバケに仲間入りするため、目的をクリアしていく協力ゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

箱を使ってセットするのはオバケの城。
城内には壁があり、隠れるように宝とオバケを置きます。
ゲームはいたって簡単。
手番プレイヤーは目隠しをして、磁石がついた棒を持ちます。
他プレイヤーは、目的の宝まで手番プレイヤーを誘導し、さらにスタートマスまで宝を持ち帰るよう誘導します。
途中でオバケがくっついてしまっても、とりあえずスタートマスまで戻ります。
まず宝を城内の置かれていた場所へ戻します。
そして、スタートマスに置かれているオバケタイルを裏返し、その上にオバケをのせておきます。
今回は基本なので、16分以内に目的タイル7枚を達成するのが目的。
目的を達成したら、次の人に手番が移ります。
制限時間内に課題をすべてクリア出来れば成功。
それ以外は失敗となり、全員敗北です。

続きを読む

3

・オーガ:218高地
 Ogre: Objective 218(Steve Jackson Games:2016)


オーガ

自分の部隊カードを配置し、相手の司令部を占領することを目指すカードゲームです。
トド吉とプレイ。

お互い自分用のカードからミサイルとダメージ状態のオーガカードを抜き、残りを裏向きでシャッフルして自分用のデッキをつくります。
お互いの中央には、進入出来ないクレーターを挟んでお互いの司令部があります。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、自分のデッキからカードを2枚引いて、2枚プレイするだけ。
その後、攻撃判定を行ったら手番終了。
これをどちらかが相手の司令部を占領するか、お互いデッキをすべて使ったらゲーム終了です。
デッキをすべて使った場合、戦場に置いているカード枚数の多いほうが勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ