ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: あいうえお

3

・アーグラ
 Agra(Quined Games:2017)


アーグラ

インドの都市アーグラを舞台に、各ギルドや名士への影響力を強めたり、大帝へ献上品を送りつつお金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなゲームボードが1枚。
ここにはアーグラの街・主要人物・ヤムナー川沿いが描かれています。
組み立て式の帝国ボードは、3つのギルドと大帝、献上品が描かれています。
各プレイヤーは自分の色を決め、自分用ボードとコマ類を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではプレイヤーは手番を1回行います。
手番は3つのフェイズからなり、さらに補助アクションを実行することが出来ます。
任意の瞑想フェイズ、労働者コマを置いて実行するアクションフェイズ、大帝への献上やギルドの注文を履行する注文フェイズの順です。
これを繰り返し、誰かが終了条件を満たしたラウンドを最後までやった後、全員が1手番ずつやってゲーム終了。
最終得点計算をやり、もっともお金を持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・アズール
 Azul(Plan B Games:2017)


アズール

タイルを集めて、自分のボードに並べていくゲームです。
おのさん・翔さん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央にディスプレイを円上に並べます。
各プレイヤーは、自分用ボードと得点マーカーを受け取ります。
プレイ人数に合わせた数のタイルを袋から引き、ディスプレイに配置します。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3フェイズ。
まずは順にタイルを獲得し、次に獲得したタイルを自分ボードに配置して得点計算。
最後に次ラウンドの準備をして、次ラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが自分ボードの横1列にタイルを5枚配置したら、そのラウンドでゲーム終了。
最後にボーナス得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・衛星
 Moons(Quick Simple Fun Games:2017)


衛星

4種類の衛星トークンを集めていく、トリックテイクのカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーに、ゲーム終了にボーナス点となるアステロイドカードを2枚ずつ配り、残りはテーブル中央に裏向きの山にして置きます。
衛星カードと小惑星カードをよく混ぜ、裏向きのまま各プレイヤーに配り切ります。
各プレイヤーは、配れたカードから3枚を選んで自分の前に表向きで並べ場札とし、残りは手札にします。
スタートプレイヤーが手札から1枚出して台札とし、他のプレイヤーは順番に、同じ衛星のカードを出します。
まず、台札と違うカードを出し、数字が一番小さかった人は、出したカードと同じトークンを獲得します。
次にもっとも数字の大きいカードを出した人が、すべての出されたカードを獲得し、さらに自分の台札のいずれかと一致するトークンを1枚獲得。
そして、次のスタートプレイヤーになります。
全員の手札が尽きたらラウンド終了。
もっともカードを獲得した人は、任意のトークンを獲得し、1枚もカードを獲得出来なかった人もトークンを1つ受け取ります。
これを繰り返し、全員が1回ずつスタートプレイヤーをやるか、惑星トークンがなくなったらゲーム終了。
各自、得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・ウボンゴ 日本語版
 Ubongo(Kosmos:2003)


ウボンゴ

決められたピースを枠内にはめこみ、宝石を獲得していくゲームです。
鬚さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のピースセットを受け取ります。
共用のボードには、宝石2種類を1個ずつはめこみ、毎ラウンド1位と2位の人が獲得します。
難易度の違う両面仕様のボードは、どちらの面を使うか決めておきます。
各プレイヤーに1枚ずつ配り、スタートプレイヤーはダイスを振り、その後砂時計をひっくり返します。
ダイス目に対応してピースを選んでとり、ボードの枠内におさまるように配置します。
出来上がったら「ウボンゴ!」と叫び、残りの人たちは砂時計が落ちきるまでに完成させます。
完成させた順番に、指定の宝石を獲得。
これを9ラウンド行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・思うにブタは2歩進む
 Ich glaub, mein Schwein pfeift(HABA:2016)


思うにブタは2歩進む

予想を当てたりはずさせたりしながら、リンゴを獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードには、2ヵ所のエサ箱と泥のレース場が描かれています。
プレイヤーは自分のブタを決め、どちらかのエサ箱の隣りのマスに置きます。
手番がきたら、駆け足カードを持って、その中から1枚を選び裏向きで置きます。
次に、自分の左側の人に、このカードの数字を予想してもらいます。
予想が当たった場合は、予想した人のブタがカードに書かれている数字分進みます。
そして次の人の手番に。
予想がはずれた場合は、その数だけ自分のブタが進み、カードをめくって本当の数字を公開します。
手番を続けたい場合にはブタの鳴きまねをし、残ったカードで手番を続けます。
ブタがエサ箱のマスに止まるか通過すれば、リンゴチップを獲得出来ます。
これを繰り返し、誰かがリンゴチップを4枚集めたら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

4

・ヴァスト
 Vast: The Crystal Caverns(Leder Games:2016)


ヴァスト

ドラゴンが眠る洞窟を舞台に、それぞれの勝利条件を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

それぞれ担当するキャラクターを決め、ボードやカード類を受け取ったら、自分の前にセットします。
基本的なルールは、手番がきたら自分のアクションをやるだけ。
出来ることはすべて、自分用ボードに書かれているので、ゲーム開始前によく読んでおくのが大切です。
ゲームの終了条件は、クリスタルタイルが5つ取り除かれた時。
洞窟プレイヤーがいれば洞窟の勝利で、いない場合は全員敗北です。
その間に、プレイヤーはそれぞれの勝利条件を目指します。

続きを読む

3

・多いか、少ないか
 Mehr oder Weniger(Adlung:2008)


多いか、少ないか

テーブル上にある形と色を数えて、正解を見つけるカードゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

テーブル中央には、3つの数字が書いてあるカードが並びます。
目標とモチーフが描かれれているカードを裏向きでシャッフルし、各山札が均等の枚数になるように配り、4つの山札をつくります。
ゲームは全員同時に行います。
スタートの合図と共に、4つの山札の一番上のカードを表に向けます。
様々な色で様々なマークが描かれているのがモチーフで、形か色が2つ描かれているのが目標です。
プレイヤーは、目標カードの描かれているモチーフが全体で何個あるのか、心の中で数えます。
わかったら、テーブル中央の数字カードに手をのばし、カードを取ります。
全員がカードを取るか、もうその数字カードがない場合、ラウンド終了。
正解判定を行い、正解していた人は得点としてカードを1枚受け取ります。
これを繰り返し、山札のカードがなくなったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ