ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: ボードゲームプレイ記

3

・くるくるマジョリン
 Saus und Brau's(Zoch:2018)


くるくるマジョリン

魔女が飛んだ道の材料が描かれている本を探し、材料を集めていくボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには道が描かれ、外周には材料の1つが描かれている本があります。
各プレイヤーは、5つの材料を置く魔女の釜を持ちます。
ゲームは、誰かが終了条件を満たすまで、順番に手番を実行していきます。
手番がきたら、魔法の杖でマジョリンのほうきをつつき、少なくても1回転させます。
止まった方向にマジョリンを飛ばし、次の穴まで移動させます。
マジョリンが移動した間に材料があったら、その材料が描かれている本を開きます。
正しかった場合、その材料を獲得し、自分の魔法の釜に置きます。
間違えた場合、その材料を他の材料のマスに移動させます。
そして手番は終了で、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが自分の魔法の釜に材料を5つ置いたら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・イマジナリウム
 Imaginarium(Bombyx:2018)


イマジナリウム

機械を修理・分解しながら、プロジェクトを完成させて得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央には、がらくた場のボード。
各プレイヤーはランダムで作業場を受け取り、衝立と初期所有物、トークンを受け取ります。
プレイヤーボードに書かれている数字で、最初のプレイ順が決まり、自分のフィギュアをプレイ順トラックに置きます。
ゲームは、3つのフェイズからなるターンを繰り返していきます。
まずは計画で、機械か黒炭素抽出機に自分のフィギュアを置きます。
次に実装で、順番に手番を行っていきます。
手番では、作業場の機械を使用・確保した機械の入手や黒炭素抽出・アクションを実行・プロジェクトが完成チェックを順に行います。
最後に自分のフィギュアをターン順トラックに置けば、手番終了。
全員が手番をやったらターン終了で、チェックとリセットを行います。
誰かが終了条件を満たしていればゲーム終了で、誰も満たしていなければ次のターンへ。
最終的にもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・コボルト
 Kobold(Queen Games:2018)


コボルト

自分のコボルトを使って、宝石やおもちゃを集めて得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

下箱をそのまま使い、プレイエリアの子ども部屋をつくります。
子ども部屋は7つのセクションに分かれていて、2セクションは懐中電灯の光で照らされています。
各セクションには、表もしくは裏を向いているトークンが置かれています。
このトークンを集めるのが目的。
手番がきたら、自分のコボルトを1個いずれかのセクションに置くか、すでに置いてあるコボルトを回収するか選びます。
回収は、置かれている自分のコボルトをすべて回収しますが、コボルトが部屋から出る時にトークンを1つ取っていきます。
そしてダイスを振り、出目の指示通りに懐中電灯の光を移動させます。
懐中電灯の光があたったコボルトは、それぞれの持ち主の元へ手ぶらで戻ります。
空いたマスには、新しいトークンを追加します。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、補充するトークンが足りない、もしくは宝石トロフィーが5つ取られたら終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ダンジョンヒーローマネージャー
 Dungeon Heroes Manager(Giochi Uniti:2016)


ダンジョンヒーローマネージャー

酒場で冒険者を雇い、ダンジョンを攻略してゴールドを獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードには、上から順に酒場、建物、ダンジョンが描かれています。
ゲームの目的は、ダンジョンの魔物を倒したりしつつ、より多くのゴールドを入手していくことです。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズに分かれています。
入札で英雄を雇用する雇用フェイズから始まり、街の建物を選んで実行する街フェイズ。
続いて、実際にダンジョンを探索する探索フェイズをやり、最後に英雄の賃金を払ったりダンジョンにモンスターを補充する支払い&補充フェイズをやったらラウンド終了。
これをプレイ人数に応じたラウンドをやったらゲーム終了。
手持ちのゴールドが一番多いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・モンスタースラップ
 Monsterslap(Ravensburger:2018)


モンスタースラップ

逃げ出したスライムモンスターを出来るだけ捕まえるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

箱の中には、どのモンスターを捕まえるか指定するルーレット。
各プレイヤーは、ねばねばハンドを持ち、同じ色のスライムモンスターを自分の前に置きます。
街のモンスターをテーブルに置き、中央にゴミ箱を置きます。
手番がきたらルーレットを回し、表示されているモンスターを一斉にねばねばハンドで叩きます。
自分のモンスターが表示された時は、ゴミ箱を叩きます。
獲得した人の得点マーカーを動かし、次の人がルーレットを回してゲームを続けます。
これを繰り返し、誰かの得点マーカーがはしごまできたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・イニシュ
 Inis(Matagot:2016)


イニシュ

自分の氏族を率いて、新たな地で上王を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードをつなげて場をつくり、各プレイヤーは自分の色を決め、氏族フィギュアを受け取ります。
スタートプレイヤーから順に、自分の氏族を1つ置き、全員が2つ置いて初期配置とします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは集会と季節の2フェイズからなります。
フェイズ1の集会では、6つのステップを順に実行します。
新しいスタートプレイヤーを決め、勝利条件を達成しているプレイヤーがいるか確認。
各領地の地勢カードを該当の首長が受け取り、ターン順方向をコイントスで決めます。
各プレイヤーに行動カードを配り、1枚残して残りを回すドラフトを行って手札を4枚持ちます。
フェイズ2の季節では、各プレイヤーが手番を実行していきます。
手番では、季節カードのプレイ・パス・簒奪トークンを獲得のいずれかを1つ実行していきます。
すべてのプレイヤーが連続してパスをしたら季節の終了で、行動カードをすべて捨てます。
そして、次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが簒奪トークンを持ちつつ勝利条件を達成していればゲーム終了。
もっとも多くの勝利条件を満たしている人が勝者になります。

続きを読む

3

・ファンタスティックパーク
 Fantastic Park(Blue Orange:2017)


ファンタスティックパーク

動物園のガイドとなり、お客さんが見たいと思っている動物を出来るだけ見えるように配置して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、プレイ人数に応じた枚数のタイルを受け取り手札にします。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順に、手札から1枚選んで場に配置していきます。
配置のルールは、すでに配置されているタイルに辺が隣接する、もしくは2つのタイルの上に重ねます。
これを全員の手札が1枚になるまで続けます。
最後の手札1枚を公開し、得点を計算します。
手札の残した動物の一番大きい集団を見つけ、その動物が1匹1点になります。
スタートプレイヤーを左隣りに回し、新しい手札を配って次のラウンドを始めます。
これを繰り返し、次ラウンドのためのタイルが足りない場合、ゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ