ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: ボードゲームプレイ記

3

・覇王龍城
 Dragon Castle(Horrible Games:2017)


覇王龍城

中央ボードをテーブル中央に置き、牌を並べます。
龍カードと精霊カードをそれぞれよく混ぜて1枚ずつ引き、中央ボードの隣に置きます。
各プレイヤーは自分用のボードと社を1個受け取ります。
スタートプレイヤーからはじめ、手番がきたらアクションを実行します。
まず中央ボードから有効牌を1個取ります。
次に、取った牌と完全に同じシンボルの牌を取るか、社をストックから取るか、取った牌を捨てて1点を得るか。
同じ種類の牌が4個以上揃ったら、すべて裏向きにして応じた得点を獲得します。
この時、社を持っていれば建てることが出来ます。
任意のタイミングで、龍や精霊カードを1回起動することが出来ます。
これを繰り返し、いずれかのプレイヤーの手番で一番低い階層しか選択肢がなくなったら、龍の召喚アクションが加わります。
指定のトークンがすべて取られたら、スタートプレイヤーの右隣の人まで手番をやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・フィールド・オブ・グリーン
 Fields of Green(Artipia Games:2016)


フィールドオブグリーン

カードを並べて自分の農場を充実させていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードを種類別に分け、よくシャッフルして裏向きの山にしておきます。
各プレイヤーは、最初のカードとお金を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、1つのラウンドでは3つのフェイズを実行していきます。
まずは維持フェイズで、政府からの支給物資を受け取り、各カード山からカードを引きます。
次にアクションフェイズで、手札から1枚選んで自分の前に裏向きで出し、残りを隣りの人へ。
全員がカードを選んだら一斉に公開し、5つのアクションから1つを実行します。
これを6回やったら収穫フェイズへ。
この時、コストが支払えない・払いたくない場合は、カードを荒廃地にします。
そして、次のラウンドへ。
これを4ラウンドやったらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・モンスターマイスター
 Monster Meister(Zoch:2018)


モンスターマイスター

自分のモンスターを取り除いていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のモンスターカードセットを受け取り、裏向きでよく混ぜて自分の前に並べます。
迷子カードと指令カードをそれぞれよく混ぜ、裏向きの山にしておきます。
ゲームは、全員同時にプレイしていきます。
指令カードの一番上をめくり、指定枚数の自分のモンスターカードをめくります。
早さは関係ありません。
全員が終えたら獲得したポイントを計算し、もっともポイントが高かった人は、めくったモンスターカードから1枚を選び、迷子カードの下に入れます。
もっともポイントが低かった人は、迷子カードを1枚受け取り、自分の前に並べます。
モンスターカードをすべて裏向きに戻したら、次の指令カードをめくってゲームを続けます。
これを繰り返し、10枚の指令カードを終えたらゲーム終了。
自分のモンスターカードをもっとも減らせた人が勝者になります。

続きを読む

3

・ロックザボック
 Rock the Bock(Zoch:2018)


ロックザボック

出来るだけ多くの動物をフェスに参加させるカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

動物カードをよく混ぜて各プレイヤーに配り、配られたカードの中から不要だと思うカードを捨てて残りを手札とします。
そして定員カードをめくり、今回招待されている動物と数を確認します。
ゲームは3つのステップで、動物たちをフェスに参加させます。
まずは最初のステップで、手札から1枚選んで裏向きに出し、一斉に公開。
次のステップでは、さらに2枚のカードを裏向きに出し、一斉に公開します。
この時、動物カードだけではなく、特殊カードを出すことも可能です。
最後のステップではカードの決算をし、誰が入口へ進んだのかをチェックし、入口へ進めなかった動物カードは避けます。
すべてのプレイヤーの手札が3枚以上であれば、新しい定員カードをめくって次のラウンドへ。
誰かの手札が3枚未満なら、獲得した動物カードの得点を計算してメモします。
再び手札を配るところからゲームをはじめます。
得点を3回記録したらゲーム終了で、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・カーン・オブ・カーンズ
 Khan of Khans(Chaosium:2017)


カーン・オブ・カーンズ

部族長となり、乳牛を集めていくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に周辺地図を置き、地域カードを地域ごとに分けて裏向きでよく混ぜ、周辺地図の絵柄が対応する場所に山にして置きます。
各プレイヤーは、ランダムで選んだカーンシートとプレイ人数に応じた囲いタイルを受け取ります。
手番がきたら、地域への遠征・乳牛の囲い込み・祝福の適用・能力の使用の4種類から1つを選んで実行するだけ。
そして次の人の手番になります。
これを繰り返し、全地域の山札が尽きプレイされたらゲーム終了。
乳牛を頭数を数え、もっとも大きい人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハッピーサーモン
 Happy Salmon(North Star Games:2016)


ハッピーサーモン

同時アクションで自分のカードをいち早くなくすゲームです。
6人でプレイ。

各プレイヤーは、自分色を選びカード12枚を受け取ります。
カードは裏向きにしてよく混ぜて山にし、手に持ちます。
合図と同時にカード山を表向きに持ち替え、一番上のカードに書いてあるアクションを言いながら、同じアクションが出ている人を見つけ、そのアクションを一緒にやります。
その後、すぐにカードを捨てて、次のカードに書いてあるアクションを言って、相手を見つけます。
これを繰り返し、誰かが自分のカードすべてを捨てたら「終了」と叫び、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ストーンエイジジュニア カードゲーム
 Stone Age Junior: Das Kartenspiel(Hans im Gluck:2017)


ストーンエイジジュニアカードゲーム

3つの品物を集めて小屋をつくっていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは小屋カードを1枚ずつ受け取り、表向きで自分の前に置きます。
品物カードをよく混ぜて、裏向きで9枚をテーブル中央に並べ、残りは表向きの山にして置きます。
マンモスを任意の場所に置いたら準備完了。
手番がきたら、まずマンモスを1〜4歩移動させます。
そして移動先のカードをめくり、自分が持っている小屋カードに描かれているものと同じなら、受け取って自分の小屋の横に置きます。
最後に、小屋カードに描かれている品物が揃っていたら小屋が完成し、新しい小屋を受け取ります。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが小屋カードを3枚完成させたら、その人の勝利でゲーム終了になります。

続きを読む

このページのトップヘ