ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: らりるれろわ

4

・ラビットラリー
 Ruben Rallye(HABA:2016)


ラビットラリー

ゴールを目指して自分のウサギを進めていくゲームです。
3人でプレイ。

ゴールには黄金の人参。
自分のウサギをゴールまで進めて、人参を獲得するのが目的です。
手番がきたら、まずダイスを振ります。
出た目と同じ色の橋がどのくらいか、目測で測って石を置きます。
そして実際に橋をのせてみて、ちゃんと橋がかかればウサギが進みます。
もし橋が落ちてしまったら、ウサギは現在の場所から動けません。
これを繰り返していくだけ。
自称6歳以下のゲーム会」にて、障害物入りで遊んだのがとても楽しかったので紹介します。
この時使ったのは、「ワニに乗る?」のコンポーネント。
これを全員で好きなように配置します。
すべて障害物となるので、ウサギは避けながら進まなければいけなくなります。

続きを読む

3

・ロレンツォ・イル・マニーフィコ
 Lorenzo il Magnifico( Cranio Creations:2016)


ロレンツォ・イル・マニーフィコ

塔にコマを配置して、建物や人物のカードを手に入れ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

基本的なルールは同じ
上級では、ボーナスタイルの効果がそれぞれ違うものになるのと、特定の条件を満たすと発動出来るリーダーカードが加わります。
プレイ順を決めたら、逆順でボーナスタイルを選ぶところから。
次にリーダーカードですが、配られた4枚から1枚選んで取り、残りを右隣りに回すというドラフトで、4枚を手札にしたらゲーム開始。
このリーダーカードは、条件が揃っていれば手札から出すことで効果が使えるようになります。
中には永続効果を持つリーダーもあり、ラウンド内で1回以上効果を発揮する場合も。
さらに、プレイせずに捨て札にすることで、1枚につき1点をもらえます。

続きを読む

4

・ロレンツォ・イル・マニーフィコ
 Lorenzo il Magnifico( Cranio Creations:2016)


ロレンツォ・イル・マニーフィコ

塔にコマを配置して、建物や人物のカードを手に入れ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のボードとコマを受け取ります。
コマは4種類で、3色のダイスに連動しているものと、無色のもの。
場には大きなボードが置かれ、出来るアクション、各プレイヤーの得点等を記録していきます。
ゲームは6ラウンドで、各ラウンドは4つのフェイズを行います。
塔にカードを並べたり準備するフェイズ、コマを置いてアクションを実行していくフェイズ、信仰点をチェックするフェイズ、残ったカードを除去しプレイ順を決めるフェイズの4フェイズ。
信仰点は偶数のラウンドしかチェックしませんが、信仰点が足りないとペナルティを受けます。
これを繰り返し、6ラウンド終了後にゲーム終了。
最終得点計算を行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・列車の島
 Isle of Trains(Dice Hate Me Games:2014)


列車の島

列車をつくって貨物を配送し、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には地図になっている契約カードを並べ、地図をつくります。
各プレイヤーは、レベル1の機関車を自分の前に持ち、最初の手札を5枚持ちます。
手番がきたら、アクションを2つを実行します。
出来るアクションは、山札から1枚カードを引く・列車もしくは建物を建造する・列車に貨物を積む・貨物を配送して契約を達成もしくは捨ててカードを引くの4種類。
建造のコストは手札から支払い、貨物は自分の列車のみではなく他の人の列車にも積み込めます。
契約を達成したら、場から契約カードを取って自分の前に置きます。
契約カードの裏面には追加契約があり、完了させるまでは他の契約カードの完了宣言が出来ません。
最後に手札の上限までカードを捨てたら手番終了。
これを繰り返し、誰かの手番終了時に引けるカードがなくなった、もしくは規定数の配送契約が行われたらゲーム終了。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・歴史悠久
 The Flow of History(Moaideas Game Design:2016)


歴史悠久

各文明のカードを手に入れ、自国を発展させて得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームに出てくるのは6種類の文明カード。
政体をはじめ、知識や部族など色でわかるようになっています。
ゲームは時代気らはじまり、最後の時代垢鬚海┐凸ね茲謀達すると終了します。
その中で、いかに自国を発展させて得点を獲得しているかが勝敗の鍵を握っています。
場には常に5枚のカードが並ぶようにし、市場とします。
手番がきたら、5種類のアクションから1つを選んで実行するだけ。
誰も着手していないカードを選択し、自分のマーカーと任意の資源トークンを置く「着手」。
着手したカードを手元に持ってくる「完遂」。
「引取」は、他の人が着手しているカードを指定し、のせられている資源と同じ数を相手に渡して手元に持ってきます。
「発動」では、手番時に発動するカード効果を発動し、「収穫」では自国の収穫アイコンと同数の資源を場に出し、半分を獲得。
いずれの場合も、カードを取得した時に発動する効果は、即座に発動します。
手番の最後に、市場を補充し、時代遅れのカードを除去し、終了条件を確認したら次の人の手番に。
これを繰り返し、未来カードが市場もしくは誰かの国に配置されたら、その手番終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ロータス
 Lotus(Renegade Game Studios:2016)


ロータス

カードを並べて花をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームで咲かせるのは5種類の花。
それぞれの花は、必要とするカード枚数が違います。
各プレイヤーは、自分の色を決めて守護虫とカードを受け取ります。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、3つのアクションから2つを実行しましす。
出来るアクションは、手札からカードをプレイする・カードを交換する・守護虫を移動するです。
カードのアクションは、1枚もしくは2枚のカードをプレイします。
花を完成させた人はカードを得点として受け取り、花を支配している人は勝利点もしくはパワートークンを受け取ります。
最後に手札が4枚になるように、自分のカード山もしくはワイルドフラワーから引きます。
これを繰り返し、いずれかのプレイヤーの山札から最後のカードが引かれたら終了フラグ。
全員最後に1手番ずつやり、ゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ワインと毒とゴブレット
 Raise Your Goblets(Horrible Games:2016)


ワインと毒とゴブレット

貴族の一員となり、標的の貴族に毒を飲ませて得点を獲得するゲームです。
12人でプレイ。

多人数の正体隠匿ゲームなのでプレイ機会がないと思っていましたが、ぶうねん会で12人プレイのチャンスがありました。
12人プレイでは、貴族と毒見役の2人1組で遊びます。
ゲームは前菜からはじまり、メインを通して最後に乾杯です。
その時に貴族が生き残れていれば得点を得られ、さらに貴族が毒を飲めば得点を得られる場合もあります。
ゲーム開始時、貴族と毒見役で組をつくります。
貴族には貴族カードが配られ、自分がどの家なのかカードをオープンにします。
毒見役は配られたカードをクローズにします。
なぜなら、毒見役の中には1人だけ、貴族が毒を飲めばいいと思っている裏切り者がいるのです。
自分のコースターリングをセットしたゴブレットを置いたら、前菜からゲーム開始です。
各家には標的となる家が描かれたカードが配られます。
そしてコースのメインは、貴族と毒見役は2人で1人としてアクションを実行していきます。
誰かが乾杯の音頭をとるまで、手番を繰り返していきます。
出来ることは、任意のゴブレットにトークンを加える・ゴブレットを覗く・ゴブレットを回す・ゴブレットを入れ替える・パス・乾杯のどれか。
この中から2回まで実行出来ますが、12人プレイでは1回のみ。
ただし、乾杯は貴族しか出来ず、ゴブレットを覗けるのは毒見役のみ。
誰かが乾杯を選択したら、最後に1回ずつアクションを実行したらコース終了。
得点を計算したら役職を替えて、再び前菜からはじめます。
そして、3回目のコースが終わったらゲーム終了。
各自得点を計算し、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ