ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: らりるれろわ

3

・リスキーアドベンチャー
 Risky Adventure(Queen Games:2016)


リスキーアドベンチャー

未開の地を探索し、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場にはキャンプ・遺跡・探検ボードが並びます。
各プレイヤーは自分の色を決めて、冒険者3つと初期装備を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、全員が手番を1回ずつやると1ラウンドが終わります。
手番では、3つのフェイズを順番に実行します。
まず、自分の冒険者3つを獲得したい場所に置きます。
次にダイス4個を振り、出た目で装備や出土品を獲得出来るか確認します。
獲得出来たら、自分の手元に置きます。
最後に獲得して空いた場所に、新しい装備・出土品などを補充し、自分の冒険者を回収したら手番終了。
これを繰り返し、終了条件を満たしたラウンド終了後、ゲームも終了します。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ワッツアップ
 What's Up(Strawberry Studio:2016)


ワッツアップ

小鳥カードを集めて並べ、自分のコレクションをつくるカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には小鳥カードをよく混ぜて、重ならないように広げます。
推奨は横に6列、縦に5列。
手番がきたら、場に並ぶカードを1枚選んで裏返します。
この時、自分のコレクションに加えられるなら、カードを取ってコレクションに加えます。
加えられないなら、カードはそのまま場に残します。
コレクションは各色ごとに段をつくり、描かれている小鳥の数が1羽から順番に並べます。
誰かが規定数の段をつくったら、そのプレイヤーが勝者になります。
誰も規定数のコレクションをつくることが出来なかった場合、場の残りカードが3枚もしくは連続8手番の間に誰もカードをコレクションに加えられないならゲーム終了。
この場合、コレクション内にいる小鳥が最も多い人が勝者になります。

続きを読む

3

・リフルート
 Riff Route(LOGiS:2016)


リフルート

自分の小魚をサンゴ礁目指して進めていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードのスタート位置に並ぶ小魚たちと、反対側にゴールとなるサンゴ礁。
サンゴ礁には、小魚を食べるモンスターフィッシュ。
ゲームの目的は、自分の小魚をサンゴ礁に到達させるか、他プレイヤーの小魚を全滅させて生き残る
かのどちらか。
手番がきたらダイスを2個振り、出た目に応じて魚を動かします。
魚たちはいずれも前進あるのみで、後ろへ戻ることも斜め移動することも来ません。
モンスターフィッシュは上下と前へ動し、小魚がいるマスに入ると小魚を食べてしまい、食べられた小魚はゲームから除外します。
小魚は、自分の色なら上下前方へ動かせますが、他の人の小魚は前へしか動かせません。
これを繰り返していくだけ。
誰かがサンゴ礁に到達するか、1人だけ生き残った状況になったら、そのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

続きを読む

4

・ラビットラリー
 Ruben Rallye(HABA:2016)


ラビットラリー

ゴールを目指して自分のウサギを進めていくゲームです。
3人でプレイ。

ゴールには黄金の人参。
自分のウサギをゴールまで進めて、人参を獲得するのが目的です。
手番がきたら、まずダイスを振ります。
出た目と同じ色の橋がどのくらいか、目測で測って石を置きます。
そして実際に橋をのせてみて、ちゃんと橋がかかればウサギが進みます。
もし橋が落ちてしまったら、ウサギは現在の場所から動けません。
これを繰り返していくだけ。
自称6歳以下のゲーム会」にて、障害物入りで遊んだのがとても楽しかったので紹介します。
この時使ったのは、「ワニに乗る?」のコンポーネント。
これを全員で好きなように配置します。
すべて障害物となるので、ウサギは避けながら進まなければいけなくなります。

続きを読む

3

・ロレンツォ・イル・マニーフィコ
 Lorenzo il Magnifico( Cranio Creations:2016)


ロレンツォ・イル・マニーフィコ

塔にコマを配置して、建物や人物のカードを手に入れ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

基本的なルールは同じ
上級では、ボーナスタイルの効果がそれぞれ違うものになるのと、特定の条件を満たすと発動出来るリーダーカードが加わります。
プレイ順を決めたら、逆順でボーナスタイルを選ぶところから。
次にリーダーカードですが、配られた4枚から1枚選んで取り、残りを右隣りに回すというドラフトで、4枚を手札にしたらゲーム開始。
このリーダーカードは、条件が揃っていれば手札から出すことで効果が使えるようになります。
中には永続効果を持つリーダーもあり、ラウンド内で1回以上効果を発揮する場合も。
さらに、プレイせずに捨て札にすることで、1枚につき1点をもらえます。

続きを読む

4

・ロレンツォ・イル・マニーフィコ
 Lorenzo il Magnifico( Cranio Creations:2016)


ロレンツォ・イル・マニーフィコ

塔にコマを配置して、建物や人物のカードを手に入れ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のボードとコマを受け取ります。
コマは4種類で、3色のダイスに連動しているものと、無色のもの。
場には大きなボードが置かれ、出来るアクション、各プレイヤーの得点等を記録していきます。
ゲームは6ラウンドで、各ラウンドは4つのフェイズを行います。
塔にカードを並べたり準備するフェイズ、コマを置いてアクションを実行していくフェイズ、信仰点をチェックするフェイズ、残ったカードを除去しプレイ順を決めるフェイズの4フェイズ。
信仰点は偶数のラウンドしかチェックしませんが、信仰点が足りないとペナルティを受けます。
これを繰り返し、6ラウンド終了後にゲーム終了。
最終得点計算を行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・列車の島
 Isle of Trains(Dice Hate Me Games:2014)


列車の島

列車をつくって貨物を配送し、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には地図になっている契約カードを並べ、地図をつくります。
各プレイヤーは、レベル1の機関車を自分の前に持ち、最初の手札を5枚持ちます。
手番がきたら、アクションを2つを実行します。
出来るアクションは、山札から1枚カードを引く・列車もしくは建物を建造する・列車に貨物を積む・貨物を配送して契約を達成もしくは捨ててカードを引くの4種類。
建造のコストは手札から支払い、貨物は自分の列車のみではなく他の人の列車にも積み込めます。
契約を達成したら、場から契約カードを取って自分の前に置きます。
契約カードの裏面には追加契約があり、完了させるまでは他の契約カードの完了宣言が出来ません。
最後に手札の上限までカードを捨てたら手番終了。
これを繰り返し、誰かの手番終了時に引けるカードがなくなった、もしくは規定数の配送契約が行われたらゲーム終了。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ