ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: 国産・同人ゲーム

2

・サンダーバード・レスキューゲーム(タカラトミー:2015)

サンダーバード・レスキューゲーム

国際救助隊の一員となり、宿敵フッドの破壊計画を阻止する協力ゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードには、プレイヤーが移動していくマスが描かれています。
宿敵フッドは、フッドのコースを移動し、6ヶ所で大災害を発生させようとします。
プレイヤーは全員国際救助隊の一員ということで、サンダーバードおなじみのメカを操作して現場に急行。
大災害の発生を未然に防いでいきます。
手番がきたら、まずフッドが1歩移動。
そしてルーレットを回し、止まったマスの数字にメカのスピードを足した数、一定方向に移動します。
0の場合は、フッドが移動します。
マスにはイベントがあるものもあり、任意で止まって解決することが出来ます。
スタート地であるトレーシー島に戻れば、空いているメカへの乗り換えが可能。
大災害は、一度オープンになった後、フッドが再び同じ場所を訪れることで発生するので、その前にプレイヤーが解決することで解除。
フッドが3枚の大災害を成功させてカードを取るか、プレイヤーが6枚すべての大災害を防いでカードを取るか。
前者ならプレイヤーたちの敗北で、後者ならプレイヤーたちの勝利。

続きを読む

3

・レシピ:ワールド編
 Recipi(ホッパーエンタテインメント:2015)


ワールドレシピ

レシピのワールド編で、つくる料理が変わります。
トド吉と2人でプレイ。

まずは自分のキッチンカウンターをつくります。
ここに6枚の具材カードを並べるのが目的。
今回作る料理カードを1枚もらって、自分だけこっそり見て材料チェック。
そして、最初の手札に使うものがあれば、そのまま裏向きでキッチンに置けます。
以降、手番がきたら、まず手札から使わないカードを1枚捨てます。
そして、材料カードの山札からカードを1枚引いて補充。
必要な具材だったら、裏向きで自分のキッチンに配置します。
他のプレイヤーが捨てた材料が自分には必要だった場合、「レシピ!」と宣言し、取ったカードをキッチンに置いて手札から1枚捨てます。
キッチンに具材が並べば並ぶほど、手札の枚数は減っていき、自分のレシピを先に完成させた人が勝者になります。

続きを読む

3

・曼荼羅
 Mandala(New Games Order:2015)


曼荼羅

曼陀羅をモチーフに、自分のコマをつなげていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームは、第1回東京ドイツゲーム賞でNew Games Order賞を受賞したゲーム。
布のボードや箱など、とても雰囲気の良い出来になっています。
ゲーム目的はいたってシンプル。
ボード上で、自分のコマを一筆書きでつなぐこと。
毎ラウンド入ってくる得点を積み重ね、最終的に得点の一番高い人が勝者となります。
ラウンドは、まずコマ配置。
手番がきたら、自分のコマを1個配置するだけ。
全員が置いたら、マスの獲得をチェックし、カードを解決してタイルを配置します。
そして得点計算をして、次のラウンドの準備が終わればラウンド終了。
これを9ラウンドやります。

続きを読む

3

・ポケモンオセロ バトルゲーム10(メガハウス:2014)

ポケモンオセロ

オセロ、ミニオセロ、大逆転オセロ、ポケモンバトルゲーム、ポケモン当て、将棋、陣取り、チェッカー、4目並べ、はさみ将棋の10種類が楽しめるゲームです。
今回は「大逆転オセロ」をトド吉とプレイ。

手番では自分色の石をボード上に置き、はさんだ相手の色を自分色にかえていきます。
ボード上が埋まるか、お互いはさめなくなったらゲーム終了。
より多く自分の色が見えていれば勝者となります。
と、ここまでは普通のオセロと同じ。
追加となるルールは、お互い持っている3枚のわざカード。
手番中に、はさんでひっくり返すことが出来れば、カードを使うことが出来ます。
追加になっているのはそのルールだけで、最終的に自分の面が多く上を向いている方が勝ち。

続きを読む

・オカルトかるた(月刊ムー公認)

おかるとカルタ

オカルトの重要な情報をそのままカルタにしたカードゲーム。
トド吉と2人でプレイ。

カルタなので、通常ルールのカルタと同じ。
2人の場合は読み手を交互にやりますが、今回はトド吉が読み手を。
というのも、私には内容がさっぱりわからないから。
普通のカルタとしてではなく、オプションルールとして色々な遊び方が収録されています。
月刊ムーのファン同士、楽しむためのファンアイテムだと思います。

続きを読む

3

・ドラゴンクエストカードゲーム オールスターズ(Enix:1992)
 
オールスターズ

ドラクエをテーマとした、アイテム争奪するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

まず説明書に「3分でルールが理解出来て、4分後にはゲームが始められる」と書いてある通り、とても簡単。
プレイヤーは全員同じ内容のカードセットを持ちます。
アイテムカードを山札から1枚めくり、それに対してプレイヤーは持っているカードから1枚を出します。
全員出したら一斉にオープン。
アイテムに書かれている数字がプラスなら、一番大きな数字を出した人がアイテムをもらいます。
アイテムに書かれている数字がマイナスなら、一番小さな数字を出した人がアイテムをもらいます。
これを繰り返していって、17回やったらゲーム終了。
最後に、持っているアイテムの数字を合計し、一番高い人が勝者となります。
・・・ハゲタカのえじき!?
基本がハゲタカなので、加わっているカード説明だけ受けたら、早速ゲーム開始。

続きを読む

3

・ブレーメンズ
 The Bremens(大気圏内ゲームズ:2015)


ブレーメンズ

カードを出して3つのコマをゴールさせるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ネコ・イヌ・ロバの大きさが異なる3つのコマを動かして、ゴールを目指していきます。
全員同じ内容の数字カードセットとランダムで配られるスペシャルカード、そして3枚の動物カードを持ちます。
ルールはいたってシンプル。
全員数字カードもしくはスペシャルカードから1枚選び、一斉にオープン。
一番数字が大きかった人はニワトリになり、ニワトリコマを動かす役目。
残りはスタートプレイヤーから順番に、動物を動かします。
動物カードも数字カードも、使ったら自分の前に重ねていき、すべて使ったら手札に戻ります。
ニワトリコマに乗られているコマは、動くことが出来ません。
さらに、移動先に自分のコマより大きなコマがあった場合、上に乗ることが出来ます。
これを繰り返し、3つすべてのコマをゴールさせた人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ