・深海のYrr
 Der Schwarm(Kosmos:2008)


深海のYrr

コスモスの文学シリーズ。
本は読んだことがないのですが、検索したらYrrを「イール」と読むことが発覚。
ゲームをプレイしたら、元の話を読んでみたくなりました。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

想像より広いボードにタイルを敷きつめます。
このタイルは道になっていて、自分のキャンプ間をつないで行くのを目指します。
手番はまずカードの競りからはじまり、ヴァイキング方式で欲しいカードをとるか、得点を払ってカードを買うか悩みます。
出来るアクションはすべてカード次第なので、結構悩みどころです。
特にカードで他のプレイヤーを攻撃できる手段もあるのです。
津波、イルカ、カニです。
深海のYrrそれぞれ動きに制限はありますが、他の人の船やキャンプを襲って点数を削ると、その分自分の得点に入ってきます。
このコマがかわいいです。
でも可愛さに騙されると結構手痛いダメージをもらったりします。
動ける範囲(歩数)も決まっているので、ぎりぎりで止まった場合、次のラウンドで自分でカードを取りにいくか、オールマイティで先に動かすか、あえてダメージを受けるかも悩ましいところです。
タイルを配置し道を繋ぐにはやはりカードが必要です。
アクションはすべてカードで買って選ぶことになります。
道を繋ぐためには、自分のキャンプに配置した人数分しかタイルを配置できません。

トド吉とおのさんがものすごい勢いで中央を通過するのを見ながら
こっそり3点繋ぎが出来るように道を作り、トークンを配置していました。
4ヶ所のキャンプを繋ぐことはとても大切なのです。(入る得点が大きすぎる)
でも、あきらかに見えるように繋いでいると邪魔されます。
タイルの上書きが出来るので、わざと交差点タイルで道をつくり、上書きされない方法をとるおのさん。
私はがんばってタイルを引いてもなぜか直線やくの字ばかりで、上書きされやすい道しか作れませんでした。
出来ることがシンプルな分、カードを競る時が一番悩ましいです。
そして、使うタイミングも他の人より先にアクションをおこすか、出方を見てからにするか、いずれにせよ悩ましい状況は変わりませんでした。
でもコスモスの文学シリーズの中では、かなり気に入りました。
原作を知らなくてもゲームとして良くできていると思います。